バタシオーロ・アスティ(イタリア・泡)

古くてやばいワインも好きですよー笑
とかいっていると、本当にやばいワインが集まってくるようだ。

2006年のボージョレとかと共にコイツ。

年代は分からないけれど、だいたい2005年前後とのこと。

いや~、まさか熟成させたアスティを飲むことになるとは。

抜栓、サーヴの段階からインパクトがある。
泡の気配は感じず、濃い紅茶色にびっくり。

そして暑い日に軽い泡を期待して飲んだのに、
なんとも重厚で深く、とろりと甘い。
あれ?ブランデーかな?という感じ。
まさかのアルコール度数14%だし。

まるでテンション高く部屋に入ったら、
部屋の中の皆さんは重苦しい雰囲気だった、
というような感じだったな笑

気を取り直して次の日、
正座して飲ませていただきました。

ばっちり古酒です。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。