おすすめ

北海道ワインラヴァー2021もくじ

もくじ

このブログの目次です。このページは常に先頭表示になっていますので、最新記事は次の投稿からです。青色下線の文字はリンクついています。クリックで飛べますのでぜひ。

著者紹介

自己紹介のページ

北海道のワイン

①農楽蔵
 2019年までの総集編

②ドメーヌ・タカヒコ

③栗澤ワインズ(KONDOヴィンヤード)
 2020年までの総集編
 エチケットなど資料

④栗澤ワインズ(ナカザワ・ヴィンヤード)
 2020年までのまとめ

⑤10Rワイナリー

⑥山崎ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑦タキザワ・ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑧ドメーヌ・アツシ・スズキ
 2018年までのまとめ

⑨宮本ヴィンヤード
 2020年までのまとめ

⑩モンガク谷
 2020年までのまとめ

⑪イレンカ

⑫ドメーヌ・モン
 2020年までのまとめ

⑬多田農園

⑭ ふらのワイン

⑮羊蹄ワインセラー

⑯八剣山ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑰藤野ワイナリー
 2020年までのまとめ

⑱三氣の辺

⑲藤澤農園

⑳松原農園

㉑宝水ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉒北海道ワイン

㉓あいざわ農園
 2020年までのまとめ

㉔キトウシ
 2019年までのまとめ

㉕月浦ワイン
 2019年までのまとめ

㉖オサ・ワイナリー

㉗千歳ワイナリー(北海道中央葡萄酒)
 2018年までのまとめ

㉘マオイ自由の丘ワイナリー
 2020年までのまとめ

㉙奥尻ワイナリー
2019年までのまとめ

㉚サッポロワイン

㉛キャメルファーム

㉜ベリーベリーファーム&ワイナリー

㉝十勝ワイン(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)
 2019年までのまとめ

㉞富岡ワイナリー

㉟リタファーム&ワイナリー

㊱ばんけい峠のワイナリー

㊲余市ワイン

㊳平川ワイナリー

39ワイナリー仁木

40はこだてわいん

41オチ・ガビ

・現在ワインのリリースがないヴィンヤード

①美流渡

②旧マオイ・ワイナリー
 ここまでの総集編
  *現在は「マオイ自由の丘ワイナリー」

③旧・歌志内太陽ファーム
 ここまでの総集編
  *現在は「上歌ヴィンヤード」

日本のワイン
近畿地方まとめ

世界のワイン
 世界のワインまとめ

ワインの知識

ワインの香り

ブドウ栽培の知識

苗木づくりについて
ワイン用ブドウ栽培

栽培記録

2019年苗木作りの記録

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

セツナウタ2019(登・赤)

原田商店の試飲会のおまけワイン。

試飲会第1部のお客さんが空けて置いて行ってくれたとのこと。
(なんてイケメンなことするんだ!)

かなりタニックでパワーが溢れる。
力があり余っているような熱さを感じる。

ポワラーが挿してあるとはいえ、
抜栓して数時間経ってこれなら、
これはまだまだ熟成を必要とするワインですね。

「買ってもいいけど、飲むな」というSっ気のあるワイン。
大人しく5年は持っておくしかない笑

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

フルーリー2018(ボージョレ・赤)

原田商店の試飲会ワイン。

この試飲会には基本的に北海道のワインを目当てに、
ニューリリースをチェックという気持ちで参加しているが、
海外の自然派のワインも、たまにこういうビッグワンが登場する。

なんとジャン・フォワヤールのフルーリー。

僕は自然派を追いかけているわけではないが、
この造り手は知っているし、飲んだこともある。

とにかくガメイを見直したのはコイツだった。

今回も新しめのヴィンテージだが、
存分にその力を発揮していると感じる。

香りも大輪の花という感じ。
まさにバラの雰囲気だわ。

酸とタンニンもバランスが最高によく、
するすると入っていく。

ピノ・ノワールなら迷わず5000円出す人も、
ガメイだと迷ってしまう(僕もそうだ)。
それが正しいことなのか考えさせられる1本。

間違いなく素晴らしいワイン。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~ハウス建て~

4月2週目はビニールハウス建設の週という感じでした。

野菜を育てるためのハウスとして2棟(33m、50m)。
他に越冬できる倉庫(8m)、夏場の格納庫(19m)。
合計で4棟。

8mの倉庫は解体、運搬してからの建設。
さすがに連日の解体、建設作業は疲れた…。

とりあえずすべてのハウスがトップの直管と肩までは決まり、
何とか倒れたりはしない段階までは完成。

4月3週目からはワイン用ブドウの接ぎ木が始まる。
その作業との兼ね合いを見ながらハウスも完成させていく。

ブロッコリーも播種から1週間経ち、ポツポツと萌芽。
こちらも抜かりなく温度管理していく。

あと今週は息子の入園式があったので参加。
もともとプレ幼稚園みたいな感じで2歳から1年間通っている。
幼稚園を楽しめるようになってきているので、
入園式もまずまずリラックスして参加してました。

子供の成長は早いな。
こっちも負けじと成長していかないと!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

三氣の辺 ルージュ2019(藤野・赤)

原田商店の試飲会ワイン。

北海道でいうところの「パストゥグラン」笑
ドメーヌ タカヒコ、ドメーヌ アツシスズキのパターン。

前述の2者に比べて圧倒的に手に入りやすいところも魅力。

それでいて、しっかりウマイ。
口に含んで思わず声が漏れるほど。

素晴らしいの一言だわ。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

モルゴン コート・デュ・ピィ2017(ボージョレ・赤)

原田商店の試飲会ワイン。

これまた大御所ジャン・フォワヤール登場。
今度はモルゴンです。

僕が最も好きなボージョレの造り手は
マルセル・ラピエールなんですが、
このジャン・フォワヤール氏も影響を受けているんですね。

素晴らしい造り手が多い場所だ。

このモルゴンはオーラがあり、説得力がある。

ヴィンテージの差かな?
価格的にはフルーリーの方が上だけど、
個人的な好みで言うとこちらが好きだな。

北海道のワインを多く飲んでいるせいか、
「酸」の在り方にフォーカスしてしまいがちなんですが、
こいつはその酸がチャーミングで魅力的なんですよね。

果実感の押しは確かにフルーリーに軍配が上がるが、
このちょっといたずらっぽさを感じる、
軽快なタッチの酸、これにやられんだわ笑

幸せだわ。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

タキザワロゼ2020(タキザワ・ロゼ)

原田商店の試飲会ワイン。

タキザワ・ワイナリーのロゼ。
新しいヴィンテージ。

これまでのロゼとは雰囲気が違う。
多種多様な品種を使用しているからか、
あるいはこの年はピノを入れているからか。

これまでの可愛らしいロゼという印象から、
どちらかというとエロティックな雰囲気になった。

賛否分かれそうだけど、
僕はこのドキッとする雰囲気好きだな。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

中富良野ミュラートゥルガウ2020(レゾン・白)

原田商店の試飲会ワイン。

ドメーヌ・レゾンの3本連続試飲ラスト。

ミュラー100%ということで、
さすがアロマティック品種だけあって香りが高い。

早熟系の品種ということもあってか、
3本の中では酸も緩やかで、早飲みにも向いている。

原田店主にも「3本の中でどれが好き?」と聞かれたが、
今の状態なら僕はこのミュラーが好きだな。

しかし熟成を経ればまた違ってきそう。
セラーでワインを育ててみたくなるな。

変化が楽しみ。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

中富良野ブラン2020(レゾン・白)

原田商店の試飲会ワイン。

引き続き、ドメーヌ・レゾン3本試飲の2本目。

「中富良野ブラン」はピノ・グリとゲヴェルツ、
そしてピノ・ブランがメインとなる品種。

酸がしっかりと強く、それが印象に残る。
ゲヴェルツなんかはかなりアロマティックな品種だが、
その存在はアクセント程度という感じ。

ソーヴィニヨン・ブランほどではないにせよ、
少し熟成させることで本来のポテンシャルを発揮しそう。

もう少し寝かせておくべき1本だと感じた。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

中富良野ソーヴィニヨンブラン2020(レゾン・白)

原田商店の試飲会ワイン。

富良野にあるドメーヌ・レゾンのアイテムを立て続けに。
1本目はソーヴィニヨン・ブラン。

さすが富良野の気候ゆえだろう。
かなり強めの酸。
グレープフルーツのような印象。

そしてはっきりわかるグリーンノート。

まさにソーヴィニヨン・ブランという感じ。

結構長く熟成して、酸が落ちてからが本領発揮か。
10年寝かせてみたくなる1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~温床づくり~

4月1週目は播種からスタート。

3/27播種のミニトマトは芽が出てきました。

他に中玉も200粒播種。
ブロッコリーは128穴のセルトレイで29冊。
これが1作型分ってすごいな…。
計算上、これを8回転やることになる。。

あとは挿し木をスタートさせた。
とりあえず200本ほど。
二重ハウスで管理していく。

あとは今週は来訪が多かった。

4/1にはツイッターつながりでシロさんと、
あとは我がブドウ・ブルーベリー栽培の師匠Fさん、
4/4は研修生OBのN氏も見に来てくれました。

鉄骨ハウス温床化計画は約2坪(78㎡)ベッドを6つ作るもの。
とりあえず今年は3ベッド作る予定。
今週はそのうちのひとつを完成させることができた。
トンネルかける支柱も長さぴったり。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!