おすすめ

北海道ワインラヴァー2021もくじ

もくじ

このブログの目次です。このページは常に先頭表示になっていますので、最新記事は次の投稿からです。青色下線の文字はリンクついています。クリックで飛べますのでぜひ。

著者紹介

自己紹介のページ

北海道のワイン

①農楽蔵
 2019年までの総集編

②ドメーヌ・タカヒコ

③栗澤ワインズ(KONDOヴィンヤード)
 2020年までの総集編
 エチケットなど資料

④栗澤ワインズ(ナカザワ・ヴィンヤード)
 2020年までのまとめ

⑤10Rワイナリー

⑥山崎ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑦タキザワ・ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑧ドメーヌ・アツシ・スズキ
 2018年までのまとめ

⑨宮本ヴィンヤード
 2020年までのまとめ

⑩モンガク谷
 2020年までのまとめ

⑪イレンカ

⑫ドメーヌ・モン
 2020年までのまとめ

⑬多田農園

⑭ ふらのワイン

⑮羊蹄ワインセラー

⑯八剣山ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑰藤野ワイナリー
 2020年までのまとめ

⑱三氣の辺

⑲藤澤農園

⑳松原農園

㉑宝水ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉒北海道ワイン

㉓あいざわ農園
 2020年までのまとめ

㉔キトウシ
 2019年までのまとめ

㉕月浦ワイン
 2019年までのまとめ

㉖オサ・ワイナリー

㉗千歳ワイナリー(北海道中央葡萄酒)
 2018年までのまとめ

㉘マオイ自由の丘ワイナリー
 2020年までのまとめ

㉙奥尻ワイナリー
2019年までのまとめ

㉚サッポロワイン

㉛キャメルファーム

㉜ベリーベリーファーム&ワイナリー

㉝十勝ワイン(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)
 2019年までのまとめ

㉞富岡ワイナリー

㉟リタファーム&ワイナリー

㊱ばんけい峠のワイナリー

㊲余市ワイン

㊳平川ワイナリー

39ワイナリー仁木

40はこだてわいん

41オチ・ガビ

・現在ワインのリリースがないヴィンヤード

①美流渡

②旧マオイ・ワイナリー
 ここまでの総集編
  *現在は「マオイ自由の丘ワイナリー」

③旧・歌志内太陽ファーム
 ここまでの総集編
  *現在は「上歌ヴィンヤード」

日本のワイン
近畿地方まとめ

世界のワイン
 世界のワインまとめ

ワインの知識

ワインの香り

ブドウ栽培の知識

苗木づくりについて
ワイン用ブドウ栽培

栽培記録

2019年苗木作りの記録

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~出荷に追われる日々~

今週はブルーベリーの収穫最盛期に加え、
ブロッコリーの次の作型の収穫が始まり、大忙し。

机上の空論ではブルーベリーとブロッコリーは
収穫かぶらないはずが…
だだかぶりやんけ…。

ブロッコリーは農協出荷。

こういう成績表が毎日送られてくる。

FullSizeRender

A品とB品に分けられ、その下に加工、返却分(買わない)と続く。
大きさは2Lが理想なので、そこにそろえる感じで。

ようやく、良い感じの成績表を貰えました。

前作では「キャッツアイ」や「枯れ」でたくさん返品されたしな。。

ちょっとずつ経験積んで、技術がついてきていると実感する。

ブルーベリーは直売所出荷。

オリンピック関連の4連休の売れ行きがすごかった。

朝に117パック(20kg以上分)を作って出荷して、
売れ残るかな~と思ったら、15時で完売。。

FullSizeRender

もっと出荷しろってか笑
嬉しい悲鳴です。

しかしPOSシステムをはじめ、
全てがスマホでできて便利だな~。

もっとアナログかと思ってた。

これらもしっかり活用して、
さらに加速させていきます!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

日滝原 シラー 2018(長野・赤)

ブルーベリーも好調、ブロッコリーも好調で、
ひとり祝杯に開けた1本。

IMG_8874

キャップシールをはがしていたら。

IMG_8875

まさかのディアムの30かよ。。
30年熟成させる気だったか。

頭の中の天使は、「そっとしておきましょう」と確かに囁いたのですが、
悪魔の「飲みたい時が飲み頃!」という
大声の前に、合掌して抜栓。
ほんと、すみません…。

この栽培家、角藤農園さんは、
まさに「レベチ」だわ。
ブドウのポテンシャルをひしひしと感じる。

それを小布施ワイナリーで醸造してるんだもの。
そりゃ美味いわな。

重く、パワフル。
こんな重量のある赤が日本でできるとは。。
それでいて香り豊かで、
繊細で気品のある感じもしっかり伝わる。

なんだこのバランス感覚。

唸るしかないわ。

日本でシラー育ててる、なんて言うと、
鼻で笑う人もいるだろう。

しかしこれは凄い。
可能性を感じる1本。

ちなみにこれ、30年寝かせたらどうなんのよ。
今でもバチくそウマイのに。。

末恐ろしいわ。。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

タキザワ ピノ・ノワール2015(タキザワ・赤)

原田商店のスペシャル試飲会の1本。

IMG_8688

そろそろであろうか、と興味あった赤。
うちにも開け頃を見計らっている
タキザワ・ワイナリーのアイテムもある。

それを見きわめるためにも貴重な機会。

香りもやや閉じ気味。
ファーストインパクトはタンニン。
まだ頑固さが見え隠れする。
もう少し先なのかな。

2014とか開け頃かと思っていたのに、
また何だかんだ分からなくなる。

しかし、そのワガママさがワインの魅力なんだよなぁ笑

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ブルゴーニュ2016(ピエール・オリビエ・白)

北海道をはじめとする日本のワインが好きだ。
とはいえ、あまりに偏愛すると、
自分の味覚の傾きに気づけなくなる。

というわけで、我がメトロノーム的存在の、
ACブルのブラン。
もちろん品種はシャルドネ。

IMG_8810

爽やかな柑橘の香りから始まり、
すこし膨らみとやさしさのある果物の味わいに移り、
そしてキレを感じる引き際の良さ。

うーん、オーソドックスにして完成度が高い。
これぞ、ACブルの白だと思うな。

やっぱ美味いわ。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

キュヴェ・ギョタク2019(アルザス・白)

原田商店のスペシャル試飲会の1本。

IMG_8693

これは既に飲んだことのあるアイテムだが、
アルザス続きの中で飲むと、また違う印象を受ける。

ここまでのアルザスはなかなかに個性が強いが、
コイツはアルザスらしい1本だと感じる。

品種もアルザスの高貴品種で並べて、
香りもあり、清冽さもあり、そして微笑みかけるような雰囲気。

イタリアの「ガッハッハ」という笑い方とは、
対照的に感じる。

大好きな白です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ナイアガラ・スパークリング(北海道・泡)

暑さがどうにもならない午後は、
パートさんなど関わってくれてる人たちで、
畑でバーベキュー。

IMG_8855

そこで開けようと思ったが、
結局タイミングを逃して家で抜栓。

今回はフツーのお好み焼きに合わせて。

意外に甘さが強く、泡は元気。
ただ、食事に合わせるには少し主張が強いか。

やはりキンキンに冷やして、
外でポンっと開けるべきだったかな。

それでもあっという間に1本空いてしまう泡でしたー。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

カミネーロ(チリ・泡)

畑の町内会の草刈りも終了。
情報交換や顔を売るという意味で、
農業地帯のソーシャル・ネットワーキングだわ。

さて蒸し暑い日には泡を。

IMG_8740

チリのスパークリング。
ドライなアイテムではあるが、
どことなく優しい雰囲気がある。

泡の口当たりも、
ピチピチというよりはクリーミーさがある。
味わいもソーヴィニヨン・ブランらしさというより、
どことなく甘さを感じる造りになっているように思う。

気楽な1本。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~暑さにやられる~

北海道なのに連日の30度超えで、
アイスなしでは農作業できないくらい…笑

なので、灼熱の午後はハウスのブドウされているところに視察。

IMG_8829

さすが、ハウスの中の藤稔はもうヴェレゾン期。

今年の秋は台木用のハウスも建てるつもりなので、
その番線の張り方も参考にさせてもらう。

IMG_8831

単管組んで、格子状の番線か。

これなら左右から台木の枝を伸ばして這わせても誘引楽そう。
棚栽培に近い感じでハウス台木やろうかなと検討中。

あとは下の空き空間で何か栽培できる作物あるかな、
というあたりは検討課題。

あとは出荷も本格的に始まってきました。
今年の出荷先は農協以外に2つ。

ひとつは恵庭市の道の駅「かのな」。
IMG_8795

リニューアルオープンで大きく、きれいになった。
POSシステムで在庫が一目で分かるので出荷がやりやすい。

あとは長沼町の「片桐農園」さんの直売所。
国道274号線沿いの千歳川すぐにある「アイスの家」の横。

IMG_8725

なんといっても米が美味しい。

ここに出荷し始めてから、うちの米は片桐さんのです。

こちらにも出させてもらっています。
近くにお立ち寄りの際は「いえしま農園」探してみてください~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

キュヴェ・ヴェガンヌ2019(アルザス・白)

原田商店スペシャル試飲会の1本。

IMG_8694

ピノ・ブラン100%というのはそそられる。

酸強めかと想像したが、
いやいや香り豊かでリッチな味わい。

この厚みがあってこそ、
酸の魅力を存分に引き出している印象を受ける。

アルザスの白、良いもの多過ぎでしょ。。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ピノ・ノワール2015青ラベル(山崎・赤)

原田商店のスペシャル試飲会のワイン。

IMG_8689

「日本ワイナリーアワード」にて最高賞の5つ星。
北海道からはドメーヌ タカヒコと山崎ワイナリーのみ。
それが北海道新聞でも報道されていたし、
原田商店でも探して来る人が増えたとか。

僕も知人の結婚のご挨拶の土産を相談されたとき、
相手のお父さんは日本ワイン好きと聞いたので、
このワイナリーのバックヴィンテージを勧めました。

その時も好評だったし、
安心して人に勧められる生産者。
手に入らないということもないし、
安定感も抜群です。

今回の2015年のこのピノも、
ピノらしい酸味が特長で、北海道らしい。
その土地らしさを表現している名品。

ややほっそりしていて、膨らみに欠けるが、
そこも含めて楽しんでみると良い1本。

注目のワイナリーです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!