おすすめ

北海道ワインラヴァー2022もくじ

もくじ

このブログの目次です。青色下線の文字はリンクついています。クリックで飛べますのでぜひ。

著者紹介

自己紹介のページ

北海道のワイン

①農楽蔵
 2019年までの総集編

②ドメーヌ・タカヒコ

③栗澤ワインズ(KONDOヴィンヤード)
 2020年までの総集編
 エチケットなど資料

④栗澤ワインズ(ナカザワ・ヴィンヤード)
 2020年までのまとめ

⑤10Rワイナリー

⑥山崎ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑦タキザワ・ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑧ドメーヌ・アツシ・スズキ
 2018年までのまとめ

⑨宮本ヴィンヤード
 2020年までのまとめ

⑩モンガク谷
 2020年までのまとめ

⑪イレンカ

⑫ドメーヌ・モン
 2020年までのまとめ

⑬多田農園

⑭ ふらのワイン

⑮羊蹄ワインセラー

⑯八剣山ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑰藤野ワイナリー
 2020年までのまとめ

⑱三氣の辺

⑲藤澤農園

⑳松原農園

㉑宝水ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉒北海道ワイン

㉓あいざわ農園
 2020年までのまとめ

㉔キトウシ
 2019年までのまとめ

㉕月浦ワイン
 2019年までのまとめ

㉖オサ・ワイナリー

㉗千歳ワイナリー(北海道中央葡萄酒)
 2018年までのまとめ

㉘マオイ自由の丘ワイナリー
 2020年までのまとめ

㉙奥尻ワイナリー
2019年までのまとめ

㉚サッポロワイン

㉛キャメルファーム

㉜ベリーベリーファーム&ワイナリー

㉝十勝ワイン(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)
 2019年までのまとめ

㉞富岡ワイナリー

㉟リタファーム&ワイナリー

㊱ばんけい峠のワイナリー

㊲余市ワイン

㊳平川ワイナリー

39ワイナリー仁木

40はこだてわいん

41オチ・ガビ

・現在ワインのリリースがないヴィンヤード

①美流渡

②旧マオイ・ワイナリー
 ここまでの総集編
  *現在は「マオイ自由の丘ワイナリー」

③旧・歌志内太陽ファーム
 ここまでの総集編
  *現在は「上歌ヴィンヤード」

日本のワイン
近畿地方まとめ

世界のワイン
 世界のワインまとめ

ワインの知識

ワインの香り

ブドウ栽培の知識

苗木づくりについて
ワイン用ブドウ栽培

栽培記録

2019年苗木作りの記録

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

北島ヴィンヤード ロゼ2019(北海道・ロゼ)

これも北海道ワインの試飲会での1本。

IMG_3095

ツヴァイゲルトとピノ・ノワールで作られたロゼ。
パワーと繊細さのバランスがとても良い。
熟成も良い感じで飲み頃を迎えていると感じる。

個人的には赤で作り切っても良かったのではないかと思うが、
ロゼならではの魅力もしっかりある。
アイデアの勝利という感じの個性あるロゼ。

ヴュー・ムーラン(フランス・泡)

さて、今日のワイン。

IMG_2874

なかなかキレのあるスパークリングワイン。
少し苦みも感じるので、グレープフルーツ感。
はっきりした味わいだし、泡もしばらく持つので、
夏に良く冷やして屋外で楽しむにもよさそう。

軽快なワインです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

おたるゲヴュルツトラミネール2019(北海道・白)

これも北海道ワインさんの試飲会の1本。

IMG_3077

ここまでそんなに印象がなかったが、
ゲヴュルツトラミネールを使った白が、
今回の試飲会では軒並み美味しかった。

感覚ではケルナーのドライなヤツがウマイと感じていたが、
ゲヴュルツは特徴香がしっかり出ているものが多く、
甘口もドライもどちらも非常に魅力的だったな。

中でも一番衝撃を受けたのがコイツ。
香りがしっかり出ているし、甘さも程よい。
デザートワインにしたい1本です。

ジョージ15世(フランス・泡)

さて、今日のワイン。

IMG_2984

酸もあるが、果物由来の甘さが心地よい。
泡もしっかりあって、グイグイ行きたくなる1本。

価格帯も手ごろなので、ついついリピートしてしまう1本。

親しみやすく、手放せなくなるスパークリングワインです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

トラディショナルメソッド北海道鶴沼収穫(北海道・泡)

これまた札幌での北海道ワインさんの試飲会にて。

IMG_3089

高級路線のスパークリングが本当にレベル高い。
ロゼも非常においしかったが、これはまたさらに別格感がある。

ピノ・ブランとシャルドネで89%。残りがツヴァイ。
このツヴァイの力が生きているのか、線が細い感じはしない。
爽やかさがありつつも、パワーを感じる。

骨格がはっきりした良質の泡。
食事とも合わせやすそう。
これは最高峰のスパークリングだ。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

コント・ド・シャンベリ(スペイン・泡)

余市、八剣山、新ひだかと軽トラで動き回りすぎて、
首や背中がゴリゴリに凝ってしまった。
温泉につかってほぐさないといけないわ~笑

さて、今日のワイン。

IMG_2757

スペインの安旨なスパークリング。
安いところなら1000円でおつり来ます。

それでいて爽快感があって、十分に楽しめる。
こういう低価格帯で質が良いものは、
ワインファンを増やすうえで必須だよな。

ワイン業界への貢献度高い1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

トラディショナル・メソッド北海道ロゼ(北海道・ロゼ泡)

札幌で開催の「北海道ワイン」さんの試飲会に参加。
新アイテムを含め28種を試飲できたのは有意義だった。
話も聞けたし、非常に楽しかったな。

まずは泡から。

IMG_3090

まずは泡から。

IMG_3090

シャンパーニュの技術者から学んだという話通り、
本当にシャンパーニュを思わせる上質の泡。
可愛らしい見た目とは裏腹に、しっかりとした泡。

瓶内二次発酵で品種はツヴァイゲルトとトロリンガーが主体。
色合いもピンクで美しく、グラスが映えるな。

北海道のスパークリングの質の上昇は目を見張るものがある。
素晴らしいロゼ泡でした。

オララ(スペイン・泡)

「古本ばくりっこ」でまたしても本が増えた。
とはいえ、書斎の壁面の本棚以上には増やさない方針なので、
(こどもの本は除く)
本を精査して移動させるものや、売ってしまうものを検討する。

そうするともう一度読んでみたくなって、
整理はなかなか進まないんだよな~笑

冬の間に一気読みしたいが、
今年は去年よりさらに早く接ぎ木作業に入るつもりだし、
なかなか難しいところだな。

て、今日のワイン。

IMG_2675

スペインの「ベルデホ」という品種を使った泡。

ライムのようなしっかり酸に香り、強めの泡。
冷蔵庫でキンキンに冷やしてしまっても、
味も香りもしっかり伝わっていきそう。

部屋の温度をしっかり上げて、冷え冷えを楽しみたい1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

イレンカ2020(イレンカ・赤)

ワイン会のワイン。
この会は持ち寄りだったので、これを持参しました。

IMG_2908

10Rワイナリーすぐそばのイレンカです。

もう少し熟成させてみるのもいいかと思ったが、
ついつい皆に飲んでもらいたくなる1本。

ブラインドなのでキャラフェに入ってくるんですが、
その瞬間からそれと分かる雰囲気。

ピノ・ノワール単一で、
高貴な香りで北海道のピノらしい特徴があるから、
これを間違えることはまずない。

ドメーヌ タカヒコだと感じた人もいるくらい、
北海道の最高のピノのうちの一つだと思っています。

最高ですね。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

リキュール3種(余市リキュールファクトリー)

余市リキュールファクトリーさんの作品。
打ち合わせが進んで、ぜひとも一緒にいろいろ作りたいな、
と感じている生産者さんです。

IMG_2669

まずはナイアガラを使ったブドウのリキュール。

リキュールというと、アルコール度数が高いイメージがありますが、
これらは大体5%くらいなので、弱い人でも楽しめそう。

ワインはドライ(辛口、残糖感控えめ)な造りが昨今の流行り。
そういう意味でこういうしっかり甘口リキュールは、
お酒へのデビューとしてはふさわしいのではないかと思う。

あとは圃場の収穫祭にて、
うちでも作りたいと考えているブルーベリーとミニトマト。

IMG_2773

同じくアルコール度は5%くらい。
これもそれぞれの味わいをしっかり残していてウマイ。

ただ、飲み会の最後に飲むとアルコールは感じられない笑
お土産やお歳暮などにも使えるおしゃれなエチケット。

なかなか楽しいアイテムたちです。
将来、穂木のコレクションで植えてるワイン用品種たちを、
リキュールにしてみるというのも面白いな、
とか考えてもいます。

わくわくすることは良いことですね笑