おすすめ

北海道ワインラヴァー2021もくじ

もくじ

このブログの目次です。このページは常に先頭表示になっていますので、最新記事は次の投稿からです。青色下線の文字はリンクついています。クリックで飛べますのでぜひ。

著者紹介

自己紹介のページ

北海道のワイン

①農楽蔵
 2019年までの総集編

②ドメーヌ・タカヒコ

③栗澤ワインズ(KONDOヴィンヤード)
 2020年までの総集編
 エチケットなど資料

④栗澤ワインズ(ナカザワ・ヴィンヤード)
 2020年までのまとめ

⑤10Rワイナリー

⑥山崎ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑦タキザワ・ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑧ドメーヌ・アツシ・スズキ
 2018年までのまとめ

⑨宮本ヴィンヤード
 2020年までのまとめ

⑩モンガク谷
 2020年までのまとめ

⑪イレンカ

⑫ドメーヌ・モン
 2020年までのまとめ

⑬多田農園

⑭ ふらのワイン

⑮羊蹄ワインセラー

⑯八剣山ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑰藤野ワイナリー
 2020年までのまとめ

⑱三氣の辺

⑲藤澤農園

⑳松原農園

㉑宝水ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉒北海道ワイン

㉓あいざわ農園
 2020年までのまとめ

㉔キトウシ
 2019年までのまとめ

㉕月浦ワイン
 2019年までのまとめ

㉖オサ・ワイナリー

㉗千歳ワイナリー(北海道中央葡萄酒)
 2018年までのまとめ

㉘マオイ自由の丘ワイナリー
 2020年までのまとめ

㉙奥尻ワイナリー
2019年までのまとめ

㉚サッポロワイン

㉛キャメルファーム

㉜ベリーベリーファーム&ワイナリー

㉝十勝ワイン(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)
 2019年までのまとめ

㉞富岡ワイナリー

㉟リタファーム&ワイナリー

㊱ばんけい峠のワイナリー

㊲余市ワイン

㊳平川ワイナリー

39ワイナリー仁木

40はこだてわいん

41オチ・ガビ

・現在ワインのリリースがないヴィンヤード

①美流渡

②旧マオイ・ワイナリー
 ここまでの総集編
  *現在は「マオイ自由の丘ワイナリー」

③旧・歌志内太陽ファーム
 ここまでの総集編
  *現在は「上歌ヴィンヤード」

日本のワイン
近畿地方まとめ

世界のワイン
 世界のワインまとめ

ワインの知識

ワインの香り

ブドウ栽培の知識

苗木づくりについて
ワイン用ブドウ栽培

栽培記録

2019年苗木作りの記録

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

アッチブラン2020(アツシスズキ・白)

原田商店の試飲会ワイン。

IMG_9396

余市のドメーヌ・アツシ・スズキの白です。

ケルナー、バッカス、ミュラーと、
アロマティックなドイツ系品種で縛りなので、
非常に香り高く、飲む前から酔わされてしまう。

味わいは残糖感は少なく、どちらかと言えばシャープ。

とはいえ香りのおかげもあって冷たい印象はない。
意外に優しさもあるんだな、という感じです。

夏の終わりに良く似合う1本。
火照りが取れない身体を鎮めてくれるような、
落ち着いたテイストです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ラブ ホワイト2020(アメリカ・白)

雨が降ったので、午後から原田商店の試飲会に。
バレイショの収穫も一区切り、
ブロッコリーもほぼあと1作型なので、
やれやれと一息つきました。

今回は道外のはアメリカ・カリフォルニアがテーマ。

IMG_9403

それもブロック・セラーズのアイテムを横に試飲。

こいつはローヌを思わせるような品種の並び。
リッチで横幅があるワインをイメージして飲んだので、
一口含んでびっくり。

香りは薄めだが、酸は極めて強い。
やや収斂性を感じる。

クリームチーズなんかと合わせれば、
すこしトゲトゲしさを和らげてくれるかも。

時間をおいて変化を見てみたい1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

グルデンターラー2003(ドイツ・白)

ようやく農協出しのカボチャも片付いたし、
今シーズン最大面積の20アールのブロッコリーも収穫終了。

いよいよ収穫も山場を越えたかな?
手伝ってくれてる皆さんと収穫祭をしないとな。

さて、今日のワイン。

IMG_9387

熟成の効いたドイツの甘口白。

時間を経た甘口の白というのは官能的な雰囲気がある。
甘さも落ち着き、色合いもぐっと茶色に寄っていく。
紅茶の雰囲気もあって、
まさに「失われた時を求めて」と言う感じ。

遠く過ぎ去った甘い夏を振り返るような、
やや切ない酸が心をくすぐる。

飲みすぎないように気を付けないとな。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

農民ロッソ2011(栃木・赤)

何回も書いているかもしれないが、
日本のワインに衝撃を受けた記念碑的ワイン。

IMG_9331

ココファームのお手軽なキュヴェ。

チェーン店のイタリアンでグラスを頼んで、
奥さんとしゃべりながら一口含んでうまさにびっくり。
正直、チェーン店の「グラス(赤)」なんて、
印象にも残らないやつが出てくるだろうと思ったら、
個性的な本格垢で驚いた。

話をさえぎって銘柄を聞いて、
日本のワインと知って2度驚きでした。

安いが、すれ違った後に振り向かせるような、
ハッとさせる魅力がある。

美女なんですよ。
ほんとすごい。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

鶴沼収穫ロンド2017(北海道・赤)

久々に休みを取って幼稚園の参観と息子の眼科検診。

踊ったり走ったりするはずなのに、
まだまだ緊張しやすくて泣くわ動かないわ…笑
年少だとこんなものなのかな?

さて、今日のワイン。

IMG_9314

珍しいロンドという品種を使ったワイン。

野趣あふれる味わいだったような?と思いつつ抜栓。
抜栓直後は硬いしギシギシするので、液面下げてリコルク。

それを2日ほど置いて、再び挑戦。

うん、かなりほぐれてきている。
ほぐれると香りも出るし、酸がキレイに浮かんでくる。

記憶にあるよりも野性的な雰囲気は薄く、
どことなくエレガントな雰囲気もある。

時間とともに変化するタイプなのかもしれない。

小難しいほど、いろいろ手を焼きたくなる。
子供もワインも同じなのかもな笑

ま、ともあれゆっくり待つことが肝要です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~ミニトマトジュース完成~

ドタバタしてて、ようやく先週のまとめ。

先週はブロッコリーの収穫があって大忙し。
それと並行してミニトマトとバレイショもあるから、
なかなかに大変だった。
まさに収穫の秋という様相。

そんな中、八剣山ワイナリーに委託していた、
ミニトマトジュースがついに完成。

原料で300kgちょい。
小ロットだけどなかなか納得のいく仕上がりになりました。

FullSizeRender

遅れていたシールの方も原稿が完成して、
とりあえず100枚を外注で出して、
シールの仕上がりを確認しながら紙質など決めていく。

このラベル貼りの作業も出てくるから、
ますます忙しくなっていきそう。

体調崩さないようにしながら頑張ります!

あと、Facebookやtwitterでは紹介しましたが、
北海道新聞の北広島版で紹介してもらいました。

FullSizeRender

取材があってから時間が空いたので、
ボツになったかな?と心配してましたが、
無事に掲載されてよかった笑

今年の秋に北広島市輪厚の苗植えをスタート予定。
そこにも取材に来てくれるようなので、
今後の構想も含めて語ります~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

こころぜ2011(栃木・ロゼ)

ロゼって言うと、キレイなだけにチャラいと思われがち。

実際僕も、花見の時にもっていくもの、
くらいの軽い考えだったのですが。

こういうのを飲むと、根本から価値観変わる。

IMG_9342

そういうのの代表がココファームのロゼ。

「ぴのろぜ」なんかもより拍車がかかってるけど、
この「こころぜ」でも十分にうならせてくれる。

白でも赤でもない魅力。

下手すると「どっちでもない」だけど、
うまくやると「どっちでもある」ということになる。

これが紙一重で、ロゼを飲む瞬間は少し緊張する。

当たりのロゼを引いたときは、
次の日くらいまで嬉しい気持ち。

そうなりたい人に勧める1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

モスカート・スプマンテ(イタリア・泡)

多忙で刺激的な1日の終わりには、
ゆるっとしたワインが飲みたくなる。

IMG_8953

というわけで、セコマさんにて甘めの泡。

アルコール度数もそんなに高くないし、
難しいこと考えなくてもするっと飲める。

甘やかでいて、アクセントにオレンジピールの香りがあるあたり、
ただ物ではないな~と感じる。

最近、リアルにワイン造りへの道が見えてきて、
自分としてはワインの水先案内人のような存在を目指したい、
と思うようになった。

つまり、ワインを飲んだことない人や、苦手な人が手に取って、
「あ、美味しいかも」と思えるような手ごろな価格のワイン。

そこからハマって、北海道の最高品質のワインを求める、
そんなワイン・ラヴァーになってくれれば本望。

そして、そうなった暁には、
きっと僕の造ったワインは
「あんな甘くて気の抜けたワイン」とか酷評されるんだ笑

僕もシュバルツカッツとか、自分をワインの沼へと導いた、
甘口の白を長らくそうやって格下のものだと決めつけてきた。

でも結局、原点はそこで、
そのスタートの甘口白がなければ、今の僕は無いわけだ。

「甘口と 親父の小言は 後で効く」

ってやつですね笑

一周回って、
「まぁなんだかんだ言って、あれがスタートだったよな」
と言われるような、そんなワインを造ってみたい。

そんなことを考えながら飲む軽い泡でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

足利呱呱和飲2011(栃木・白)

ココファームのバックヴィンテージ。
ハーフボトルの2011。

IMG_9339

10年でしっかり熟成している。

酸がとてもきれいで、年をとってもかわいい感じのワイン。
にこにことした笑顔をイメージする。

熟成が良い方向に働くと、
こんなにもワインを魅力的にしてくれるのだな。

勉強になる1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

バッカス シュペートレーゼ2003(ドイツ・白)

バッカスという品種に興味があるので、
本葉ドイツのバックヴィンテージを抜栓。

IMG_9302

甘口だが年月を経ているだけあって、
極めて上品でべたついたりしない。

甘さの奥にきれいな酸があって、
それが全体を引き締めてくれている。

心地よい時間。
ゆったりとした時の流れを感じる。

熟成したからこその魅力だろう。
うっとりしてしまうな。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!