おすすめ

北海道ワインラヴァー2020もくじ

もくじ

このブログの目次です。このページは常に先頭表示になっていますので、最新記事は次の投稿からです。青色下線の文字はリンクついています。クリックで飛べますのでぜひ。

著者紹介

自己紹介のページ

北海道のワイン

①農楽蔵
 2019年までの総集編

②ドメーヌ・タカヒコ

③栗澤ワインズ(KONDOヴィンヤード)
 2018年までの総集編
 エチケットなど資料

④栗澤ワインズ(ナカザワ・ヴィンヤード)
 2019年までのまとめ

⑤10Rワイナリー

⑥山崎ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑦タキザワ・ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑧ドメーヌ・アツシ・スズキ
 2018年までのまとめ

⑨宮本ヴィンヤード
 2018年までのまとめ

⑩モンガク谷

⑪イレンカ

⑫ドメーヌ・モン
 2018年までのまとめ

⑬多田農園

⑭ ふらのワイン

⑮羊蹄ワインセラー

⑯八剣山ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑰藤野ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑱三氣の辺

⑲藤澤農園

⑳松原農園

㉑宝水ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉒北海道ワイン

㉓バンナ・ブラン

㉔キトウシ
2019年までのまとめ

㉕月浦ワイン
 2019年までのまとめ

㉖オサ・ワイナリー

㉗千歳ワイナリー(北海道中央葡萄酒)
2018年までのまとめ

㉘マオイ自由の丘ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉙奥尻ワイナリー
2019年までのまとめ

㉚サッポロワイン

㉛キャメルファーム

㉜ベリーベリーファーム&ワイナリー

㉝十勝ワイン(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)
 2019年までのまとめ

㉞富岡ワイナリー

㉟リタファーム&ワイナリー

㊱ばんけい峠のワイナリー

㊲余市ワイン

㊳平川ワイナリー

39ワイナリー仁木

40はこだてわいん

41オチ・ガビ

・現在ワインのリリースがないヴィンヤード

①美流渡

②旧マオイ・ワイナリー
 ここまでの総集編
  *現在は「マオイ自由の丘ワイナリー」

③旧・歌志内太陽ファーム
 ここまでの総集編
  *現在は「上歌ヴィンヤード」

日本のワイン
近畿地方まとめ

世界のワイン
 世界のワインまとめ

ワインの知識

ワインの香り

ブドウ栽培の知識

苗木づくりについて
ワイン用ブドウ栽培

栽培記録

2019年苗木作りの記録

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

奥尻ピノ・グリ2013(奥尻・白)

少し良いことがあったので、乾杯ワイン。

奥尻のピノ・グリ。
ヴィンテージは2013。
若いころのコイツはトゲトゲしてたけど、
7年を経て、さてどうか。

合わせたのはわが畑のズッキーニ。

鉄のフライパンは場所によって焼き加減が変わるし、
メンテは大変だしで、使う方にとっては苦労が多い。

しかし、ソテーのような単純な料理では、
圧倒的な味わいの差が出る(ように思う)。

ズッキーニは両面軽く焼き目が付くくらい。
オリーブオイルと塩こしょうで充分ワインの相方になる。

30分前に取ったばかりだからか、
コイツは甘くジューシーで最高にうまい。

そして奥尻のピノ・グリも熟成が効いて、
香りも素晴らしいし、味わいも深みが出ている。
酸のトゲはなくなり、一体感が出て、
まさに今が飲み頃だということが伝わってくる。

永遠にいけるペアリング。
野菜とワインのマリアージュは興味深い。

北海道のワインに合う野菜を作っていきたい。
そう強く思う夜でした。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~雑草との戦い~

早いもので、今週ももう週末。

活動時間64.5時間(先週+19.0時間)
活動率161.3%(100%=週40時間)

先週は水、木と息子の看病でほとんど動けなかったので、
日曜は代わりに農作業してました。
その結果として先週が活動時間下がり、今週が増えてる感じ。

曇りが多く、気温も低いので、
活動時間は長いものの、体はそんなに疲れませんでした。

さすが北海道、
今週は一番暑い日で一日の最高気温25度。
一番涼しい日の最高気温なんて17.8度ですからね。
本州出身者にとってみれば、
クーラーかけてる中で仕事してるみたいなもんだ。
(それにしたって設定温度低すぎ笑)

今週は定例の用水・農道周りの草刈と、
これまた僕のルーティンである圃場のロータリーかけ(除草)、
そしてハウス内の管理作業(脇芽とりなど)がメインでした。

収穫できるものも増えてきて、
キュウリとピーマンは自家消費の限界超えるくらい、
ズッキーニ・ミニトマト・大葉・バジルが自家消費分くらい。

露地では早い品種のカボチャの花が咲きだしたのと、
バレイショも定植遅かったけど花が咲きそろいました。
ネギやらサツマイモはやばい感じだったけど、
この2日間の雨をもらって少し立て直したか。

ブドウの苗木はシカにかじられたものも出ましたが、
なんとか新しい葉を出してきてくれて、
ハラハラしながら見守っている感じ。

草がキレイになったら写真もアップしたい。

来週も草との闘いは続く。
がんばって畑にするぞ!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

サンタ・アンジェリカ2019(チリ・白)

今年はいつになく雨の少ない北海道。
それでもここ2日は少し雨が降りました。

トラクター乗ってて、
小雨の中「あと少しだけ!」と粘り続け、
結局、予定通りの箇所はかけ終わりましたが、
キャビンないから服はビショビショ。

引き際が難しい笑

よく頑張ったということで、
夏にピッタリのソーヴィニヨン・ブラン。

爽やか系の白です。
軽く、するすると行けるワイン。

疲れているが、やりきった達成感と共に。
やっぱ夏はSBが良いな。

幸せな気持ち。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

観察日記~バジルと大葉~

2棟目のハウスはブドウ苗木のほかに、
家庭菜園的にいろいろ植えてあります。

その多くはもらった苗ですが、
自分で種から育てた大葉とバジルがあり、
それらはいよいよ収穫が可能になってきました。

暑さに負けず(いや暑い方が元気良いか…)、
すくすく育ってきています。

大きなものから摘み取って、家に帰ってハンバーグ作り。
そのソースとして、大葉の和風ソースと、
バジルソースを作成。

いや~、香草があるだけで一気に豊かな気持ちになる。
家族にも好評でなにより。

いつものごとく夜から授業があるので飲めなかったが、
白と合わせたくなる雰囲気でした!

大葉は何と合わせるべきか。
なんてエア・マリアージュするのも楽しい時間。

いいな、こういうの。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

アラシア(イタリア・白)

うちの地域には用水周りの草刈の検査日があり、
期日までに共有部分は班単位のメンバー全員で、
地先(自分の土地と用水・排水の面する部分)は各人で、
刈り払い機でキレイにしておかなければならない。

いつもながら期日近くなってから慌ててやるパターン。
それにしてもこの時期の草の伸びるペースは驚愕。
たった1か月で結構伸びてきてるもんな~。
農道とか後回しにしがちなので、締め切りは助かる。
がんばってやりきるぞ!

さて、今日のワイン。

泡をグイグイ飲むほど暑くはなし、
さりとて赤を飲むほど寒くもない。
過ごしやすい北海道の夏には白がよく似合う。

今日のはピエモンテの白。
さらっとしていて爽やか。
こういうややエロティックな白桃の味わいは結構好きだな。

遅れてわずかな苦み。
清涼感を求める夏の夜にピッタリな感じ。

割と主張強めなので、
冷蔵庫でキンキンに冷やしてもいけます。
ウマイ。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

コンヴィヴィアーレ2018(イアリア・赤)

息子はすっかり元気になり、朝から飛び回っておりました。
僕も何とかのどの痛さも収まり、
このまま全快となるといいんですが。

息子の看病で休んだ分、日曜も農作業。
今日も用水の共同草刈に参加した後、
ひたすら草取りを。

あとは実生で種から育てているナイヤガラの子供。

全16株を鉢上げしました。
チビのブドウたちもなかなかにかわいらしい。
息子もブドウも元気に育ってほしい。

さて、今日のワイン。

ひさびさのモンテプルチアーノ。

大阪時代は濃厚民族だったのでよく飲んだが、
最近すっかり繊細なワインに傾倒しているので久しぶり。

飲んだ瞬間から伝わってくる重厚感。
まさにプラムのジャムのようだ。

分かりやすく訴えかけてくるのが魅力。

でも夏にはちょっと暑苦しいか。
北海道の夏の夜は小寒いくらいなので、ありっちゃあり。

それにしても日照が少ない。
ハウスのピーマンも元気ない…。
なかなかスカっと晴れないな…。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ワイン読本~教養としてのワイン~

今日もまたワインの本を。

図書館の新着図書にあった。
どうやら、ビジネスでワインを使う人が、
同じ市内にいてリクエストしているようだ笑

ありがたく、その恩恵にあずかる。

前回に引き続き、ビジネスの観点での1冊。

いずれの本も、国際的なビジネスの場での共通語として、
ワインが語れると相手とのコミュニケーションが取りやすい、
というのが主要な論点。

どちらも「ラベルの読み方」に多くの紙面が割かれるのは面白い。
味わいは不確定だが、ラベルからの情報は確定的で、
ここを基礎に会話すると間違いない、ということなのだろう。

これに加えて、小ネタや最新の話題なんかも多く書かれる。
普通のワイン入門書と違うのはそのあたりか。

こちらの本は、より具体的なワインが多く出てくる。

その中でも産地としてのアメリカについて詳しく書かれている。
やはり日本のビジネスパーソンはアメリカ人を相手にすることが、
必然的に多くなってくるからだろうな。

特に新情報は得られなかったが、
なかなか楽しめる1冊でした。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ワイン読本~ビジネスの武器としての「ワイン」入門~

久々に本を読んでいる。
忙しいとついつい日々の作業に追われるので、
意識的にインプットの時間を取っている。
(アウトプットはブログなどがあるので)

速読で必要なところだけ読めば、
時間のある夜なら1冊読める。

そのようにして読んだ本。

自分で選んで買うことはないな~と思えるタイトルだが、
図書館にあったので借りてきて読む。
(とりあえず「ワイン」と付く本は読むようにしている)

基本ラインは初歩的なワイン知識のまとめ(品種とか)だが、
常にビジネスでの会話を楽しむ、盛り上げるという観点なので、
そういった見方はなかなか斬新で興味深かった。

特に「ワインのあら探しをしない」と2回書かれていた。
ビジネスや社交の場では確かにそうだ。
生産者同士や愛好家のワイン会ならまた別。

議論も巻き起こっている論点だけど、
やはりTPOによって結論は違うと感じる。

もちろん学ぶべき教科書として使うもよし、
新たな視点を手に入れるために読むもよし。

興味深い一冊でした。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~息子の熱で活動量減~

今週は息子が高熱出して1日半ほど活動できず。
うちはメインの稼ぎ頭が奥さんで、
僕はバイトのみなので(認定の新規就農でないので出荷なし)、
必然的に家事と育児のメインはこちら。
なので、こういう事態が起きると、現実的に活動量が減る。

ま、定植が一通り終わっていたことと、
雨の期間だったこともあって、まだ大丈夫だった。
ぎりぎりサラリーマン時代くらいは今週も働いた、
という総括にしておこう。

活動時間45.5時間(先週-13.5時間)
活動率113.8%(先週-33.7%/週40時間=100%)

今週は引き続き雑草がやばいところに除草剤散布。
あとは野菜類の定植とブドウの仮植が終わったので、
苗場の片づけと一部台木品種の鉢上げ。

これはハウス内の根域制限栽培をやるため。
苗場の後も有効利用していきたいし。

あと実生で育てている庭のナイヤガラの子供たち。
128穴のセルトレイで16穴だけ萌芽したので、
それをポットに鉢上げ。

あとはニンジンを少し蒔いたのと、
リーキの定植の続きも。

畑がにぎやかになってきた。
息子の回復に合わせて、こちらもエンジンかけていくぞ!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

6月まとめ~ハウス整備と定植完了~

早いもので6月も終了です。
6月の活動振り返りをしておきます。

4月は鉄骨ハウス、二重ハウスの整備/接ぎ木・挿し木
5月は定植スタート/機械類の動作確認
6月は定植完了/30mハウスのビニールかけ

という感じですね。

特に大きなものは30mハウスにビニールかけて、
中を耕起して潅水チューブ入れてマルチ張りました。

そのハウス内と露地も合わせて、
野菜類とブドウの定植は全て終了。

雨の間にハウス内をやるつもりが、
全然雨が降らないままハウス内の準備が終わりました笑

あとは圃場の雑草がすごいことになってきたので、
除草剤をまきながら、トラクターでも起こして、
なんとか野原みたいにならないようにしていきたい。

収穫も始まってきたものの、
出荷先は相変わらず未定なのでほぼ自家消費。
このあたりもなんとかしたいところ。

7月はハウス内の作物にも手をかけたいな。
ミニトマトなんかもこまめに脇芽取らないと。

さらに営農計画の作成と公的機関との打ち合わせもある。
うまく時間を使って効率的にやっていかないとな。

●6月データ●
月次活動合計:262.5時間(前月比-21.5時間)
月次活動率:149.1%(前月比-17.9%/週40時間=100%)
日照合計:131.5時間(前月-47.8時間)
     平均4.38時間/日(前月-1.41時間)
最低気温平均:12.6度(前月+6.1度)
最高気温平均:20.9度(前月+4.0度)
降水量:24.0mm(前月-11.5mm)

雨の無さがやばい。
最後の4日で16mm降ってるから、
そこまでの干ばつ具合を推して知るべし。
定植のめどが立ったので、活動時間も少し減らしめ。

いや~、でもこれくらいがちょうどです。
活動率150%くらいを目安にやっていこう。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!