おすすめ

北海道ワインラヴァー2020もくじ

もくじ

このブログの目次です。このページは常に先頭表示になっていますので、最新記事は次の投稿からです。青色下線の文字はリンクついています。クリックで飛べますのでぜひ。

著者紹介

自己紹介のページ

北海道のワイン

①農楽蔵
 2019年までの総集編

②ドメーヌ・タカヒコ

③栗澤ワインズ(KONDOヴィンヤード)
 2018年までの総集編
 エチケットなど資料

④栗澤ワインズ(ナカザワ・ヴィンヤード)
 2019年までのまとめ

⑤10Rワイナリー

⑥山崎ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑦タキザワ・ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑧ドメーヌ・アツシ・スズキ
 2018年までのまとめ

⑨宮本ヴィンヤード
 2018年までのまとめ

⑩モンガク谷

⑪イレンカ

⑫ドメーヌ・モン
 2018年までのまとめ

⑬多田農園

⑭ ふらのワイン

⑮羊蹄ワインセラー

⑯八剣山ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑰藤野ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑱三氣の辺

⑲藤澤農園

⑳松原農園

㉑宝水ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉒北海道ワイン

㉓バンナ・ブラン

㉔キトウシ
2019年までのまとめ

㉕月浦ワイン
 2019年までのまとめ

㉖オサ・ワイナリー

㉗千歳ワイナリー(北海道中央葡萄酒)
2018年までのまとめ

㉘マオイ自由の丘ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉙奥尻ワイナリー
2019年までのまとめ

㉚サッポロワイン

㉛キャメルファーム

㉜ベリーベリーファーム&ワイナリー

㉝十勝ワイン(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)
 2019年までのまとめ

㉞富岡ワイナリー

㉟リタファーム&ワイナリー

㊱ばんけい峠のワイナリー

㊲余市ワイン

㊳平川ワイナリー

39ワイナリー仁木

40はこだてわいん

41オチ・ガビ

・現在ワインのリリースがないヴィンヤード

①美流渡

②旧マオイ・ワイナリー
 ここまでの総集編
  *現在は「マオイ自由の丘ワイナリー」

③旧・歌志内太陽ファーム
 ここまでの総集編
  *現在は「上歌ヴィンヤード」

日本のワイン
近畿地方まとめ

世界のワイン
 世界のワインまとめ

ワインの知識

ワインの香り

ブドウ栽培の知識

苗木づくりについて
ワイン用ブドウ栽培

栽培記録

2019年苗木作りの記録

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

イマジネーション(イタリア・泡)

キジトラ続編。
昨日やってきたネコが今日も引き続き来訪。

昨日はまだ警戒している感じがありましたが、
今日は勝手に入ってきて鉄骨内を歩き回って、
気づいたらいない…と思ったら、
なんと棚の上のロックウールの箱の上から見下ろしてました!

その後も立てかけてあるベニヤの板で爪を研ぐし、
「ネズミ除けにいいかも」とか考えてましたが、
案外ブドウをひっくり返される方が先かもしれない…苦笑

ともあれ、2度目の訪問なので、
とりあえず名前を付けて呼ぶことにしました。

ワイン好きとしては猫には「ピノ」、
犬には「シャンベルタン」と付けたくなる、
とだれかが言ってましたが…。

しかし、見た目的にピノ・ノワールではないよ。。。
(僕のイメージではピノ・ノワールは黒猫で、
 滑らかでツヤのあるシルクのような毛並み、
 しなやかな動きなんだよな)

ま、近いけどちょっと違う。
ピノ・グリくらいの距離感だろうということで、
とりあえず「グリ」と呼ぶことにしておきました。

動いている「グリ」を見たい方は、
Facebook「北海道ブドウ苗木園」の方の動画でどうぞ。

さて、今日のワイン。

道民の心のオアシス、セイコマートにて。
なんとびっくり、500円でおつりが返ってくる笑

フリッツァンテ(微発泡)というが、
ばっちりシュワシュワしてくれる。

疲れた体を癒してくれるわ~。

最近は有り金を全て農機具やら資材やらに使うので、
ワインはあまり飲めていない。

ワインでの記事の更新は減るかもな~。
そんな時にも心を潤してくれるセイコマート。

マジで助かるわ~笑

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ラトゥエ・アイレン(スペイン・白)

うちの圃場周りでは、ちょこちょこ猫をみかける。

今のところ目撃したのは、
キジトラ2匹、黒猫1匹の計3匹。

防風林の中を抜ける道や、
用水路の脇を歩いているのを見かける。

で、今回はひょっこりとキジトラのうちの1匹が訪問。

警戒はするが、特に逃げたりはしない図太さがある。

鉄骨ハウス内にも入ってきてびっくり。
近づくとササッと逃げるけど。

当面の作業仲間になりそうです笑

風が入ってきて寒いので、
鉄骨のドアを閉めようとしたら出ていってしまいました。
(そりゃそうか)

次も来たら名前くらいは付けることにするか。
気まぐれかもしれないしな。

さて今日のワイン。

奥さんの実家で飲ませてもらった、
スペインの有機で造られた白ワイン。

スペインというと白もパワフルなものをイメージするが、
コイツは清涼感あふれるさっぱりした1本。

トゲはないがシャープさがある。
スイスイ行けて、気づいたら1本なくなるタイプ。

ネコのように、気づいたらいなくなっている。
そんな感じ笑

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

苗木の掘り取りに行ってきました!

日曜は余市まで行って、苗の掘り取りを。
1シーズン預かっていただいたものを、
いよいよ自分の園地に移すためです。

掘り取ったのは、今年で3年目を迎える台木と、
そして去年の台木品種の挿し木したもの、
去年の接ぎ木苗の3パターン。

朝から農作業のバイトがあり、
夕方からは塾のバイトがあったので、
限られた時間での強行作戦でした。

せっせと2時間で掘り取らせてもらって、
トンボ帰りしてきました。

なので、余市の写真は1枚もなく…。

そして帰ってから、3年目台木の剪定をして、
ギリギリ使えるかもしれない太さの枝は、
挿し木をして実験。

資材は手抜きで発泡スチロールと市販の園芸用土。

圃場の2重ハウスを整理していたら、
使い古しの発泡スチロールがたくさんでてきたので、
今年は際どい枝に関してはこの方法で、
2重ハウスの中で育苗してみようかな~と考え中。

地温を上げるシステムは何もないが、
果たしてうまくいくのか??

これがうまくいってくれれば楽なんだけどね。
さてどうなるか。

資材もいろいろ実験。

去年はトップジンのペースト使いましたが、
今年はカルスメイトも使ってみて、
違いがあるかどうかを実験。

いろいろ試してみるぞ~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

樽デラ2016(リタ・白)

まさか積もるとは。

いや別に、北海道ではこの時期にこれくらい雪が降ることくらい、
別に珍しいことでもなんでもないんですよ。

ただ今年は暖かかったもんだから。
いや~、油断した。

雪降った時用の上着、どこにしまったっけか?苦笑

さて今日のワイン。
今日はリタファームの白。

樽を効かせたデラウェア。

デラウェアといえば生食用のブドウ、
というイメージが強いし、
ワインとしてはイマイチ…というのがこれまでの定説。

しかし最近はその常識を覆すような、
めちゃめちゃうまいデラウェアも出てきている。

ひとつめのパターンは、
奈良の木谷さんや、山形の酒井さんのスパークリング。
爽やかで優しく、抜群にうまい。

そしてもうひとつのパターンがコレ。
樽を効かせたり、オレンジ的な手法をとるもの。

後者の代表はまさにコイツ。

深く、やや苦みの効いた重めの味わい。
複雑さと奥行きがあって、飲みごたえがある。

ちょっとくらい油の強い料理とも合わせられそう。

このワイナリーのフラッグシップと呼んでもいい。
それくらい力のあるワインです!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

おたる キャンベルアーリ1987(北海道・ロゼ)

今日は朝6時スタートで、夜10時まで駆け抜けた。
春が早かったせいで、自分の畑の整備と、
農作業バイトと春期講習がバッティングして、
1人ブラック企業となってしまった苦笑

そんな中、鉄骨ハウスの整備をしていて、
50円玉を見つけた笑

なんかちょっとうれしい笑

鉄骨ハウスの出来具合に関しては、
facebook「北海道ブドウ苗木園」にて、
動画も公開しているので、ぜひそちらも見てくださいませ。

さて、今日のワイン。

北海道ワインの「おたる」シリーズ。
今回はバックヴィンテージで1987年のもの。

この短いコルクで33年の時を眠ってきたのかと思うと、
いろいろ思うところがあるな。

このロゼは甘口だからか、
あるいは他の理由があるのか、
熟成するとものすごくウマイ。

甘さは下品に前に出てくるものではなく、
そっと寄り添ってくれるような控えめさがある。

酸はバランスを崩さず、
ストラクチャーを維持することのみに傾倒している。

バランスが取れていて、
混然一体となった雰囲気がとても好きだ。

これは素晴らしき北海道の古酒だ。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

2019年までのまとめ~ふらのワイン~

はじめに

今回は富良野にある「ふらのワイン」。

富良野には何度か旅行にも行っているし、思い出深い。
そんな旅行で飲んだワインも含めてまとめてます。

白ワイン

バレルふらの2012

バレルふらの2012

他のショップでも「ふらのワイン」の試飲が。
勧められるままに、バレル・ふらのを。
以前にも(赤を)試飲したことあり。

今回はミュラー・トゥルガウでできてる白。
まぁ、普通の印象でした。
今回はオチガビの後という不幸もあるかな。
平板だし、飲む時のシチュエーションが見えてこない。
ワインを飲み慣れていない人には勧められる感じ。
ライトでクセがないです。

ふらのワイン

次は2015年9月に行った、旭川の旅にて。
美瑛の「アダージオ」という宿は最高だったな。

サーヴの時に、エチケットの円の部分をこすると
ラベンダーの香りがすることを教えてもらいました。
面白いアイデア。

一品目はニンジンのスープ。
真ん中はダイコンの中心をくり抜いて、ミンチを詰めたものの上に、
洒落たカットで海老が。

ふらのワインは試飲で飲んでイマイチな印象があったが、
今日の雰囲気、そして料理とマッチ。
料理がワインを引き立てている。

2皿目はホタテ。
わずかに炙ってあって、甘みが引き立つ。
お皿の小石も工夫ですね。
やや軽い白に合ってる。

内陸の富良野のワインなのに、海産と合うとは不思議。
ゆったりした食事。
久々にたくさん会話も楽しめて、良い夜です。

2度目はバックヴィンテージを試飲。

そんな意味でワイン会の1本を紹介。
コイツも我が師匠が持参してくれた、歴史の1本。
ヴィンテージ表記は無いが、おそらく1996か97の1本。
空ボトルになってからの撮影ですが、
色は白ワインというより、もうオレンジです。

ぶっちゃけで申し訳ないが、ふらのワインはあまり好きでない。
いわゆる昔の日本のワインという感じで、
軽くて甘くて、インパクトに欠ける。

でも、こいつは違う。
熟成の重みというか、深みがあって、旨みが違う。
こればかりは、どのような技術でも与えられない、
時間の魔法による魅力だ。
20年の歳月がないと与えられない香り、味。

裏エチケットからも、なんとなく歴史を感じる。
人間がつくったものは、時と共に古臭くなるな(笑)

年を取ることを嫌がる人って(本当に)多いが、
ワインやチーズを楽しんでいると、
熟成というのは何物にも代えがたい価値だと実感する。

若いワインは分かりやすく、親しみやすい。
初心者のうちは、若くて飲みやすいワインに魅かれる。
けど、飲みなれてくると、どうしても物足りなくなる。
恋もそうだけど、酔うことは楽しいんだけど、
それだけが目的でワインを飲むわけじゃない。

誰かと飲むときに、そこにある時を深めてくれる魅力。
それは時を経たものにしか出せないんだと思うな。

年を取り、変化していくということは、とても魅力的なこと。
これは分かる人にしか分からないんだろうけど、
僕はそれを楽しんでいきたいな~。

赤ワイン

シャトーふらの

最初は2015年の3月。
「道産ワインの夕べ」というイベントでの試飲でした。

今回の試飲会No.1はコイツでした。

シャトー・ふらの。嫌味のない甘やかな雰囲気。バニラ香。
飲みやすいが、軽さはないので汎用性がある。
造り手を感じる良いワイン。
華やかさがある感じなので、パーティー料理に合わせるといいかも。

フレンチっぽいものから、ピザなどまでカバーしてくれそう。
価格がそれほど安くないので、普段飲みには使いにくいが、
ここぞというときに日本ワインから選ぶなら、
多くの人に喜ばれそうな雰囲気ですね。

一度、飲んでみたいと思っていたので、試飲できてよかった。

ふらのワイン

セイベルですが、非常にうまい。
サーヴも適温で、ふくよかな雰囲気。

十勝牛との相性がバツグン。

締めのご飯は台湾風。
甘辛く煮たそぼろ風の丼。
漬物も小憎らしい。
富良野の赤は、こういう料理が合う。
料理とワインがマリアージュすると、本当に幸せな気分。

やっぱ、料理あってのワインだわ。


バレルふらの

バレルふらの2012

この直前に「シャトー・ふらの」を飲んだせいで、
「やや小ぶりなシャトー・ふらの」という印象になってしまった…。
水やパンで味覚がリセットできない僕にとっては、
連続試飲は避けるべきだったかも。。。

「シャトー・ふらの」のようなパンチはなく、ゆるーい感じ。
肩の力を抜いて、ふわっと飲むなら、むしろこっちかも。
日常的な料理に合わせて飲んでみたい。

バゲットとかに合わせるのはどうだろう。
次はコイツだけで飲んで判断してみたいですね。

2度目の試飲の感想。

バレル・ふらのの赤。
ツヴァイゲルトレーべ。
やや、単調な印象。
ツヴァイ特有のクセがない。

個人的には、あのクセが好きなので残念。
もっと個性的であってもよいのに。

羆の晩酌

羆の晩酌2010

このエチケットに騙される人も多い。
エチケットの絵柄的には完全にお土産ワイン。
(ですよね?)

けれども、中身は一味違う。
侮ってはいけないワイン。

「ふらの2号」という山ブドウ系の品種を使用。
かつて新千歳空港で試飲して、
ぶったまげた記憶があります。
(オチ・ガビと並べて試飲して、圧勝でした)

以前に試飲したときよりも樽が効いて、
そしてチョコのような甘やかなコク。
タンニンよいアクセントになっている。

一口目の印象が良いのは、ツヴァイの魅力か。
ん~、やはりコイツは良いな。

羆の晩酌2013

最後に試飲したのがコレ。
これはとても良い。
山ブドウとツヴァイらしいが、酸をうまく抑えていて、バランスが取れている。
人気商品とのことだが、それもうなずける。
コレなら料理に合わせて楽しめる。
値段も手頃だし、コスパ良好な1本ですね!

ロゼワイン

ソレイユ・ロゼ

これもワイン会で飲んだワインだが、
写真は撮り忘れ…。

マスカットの香りが非常に強く、甘い感じ。

デザートワイン的に、食後に飲むのが良さげ。
用途が限定されそうだけど…ハマると力を発揮する、
そんなワインですね!

ぶどうジュース

生協で見つけたので、買ってみました!
700円くらいするので、ブドウジュースとしても高価ですが、
ワインにしてみるとどうなるかが気になったので。
いつものごとく、アウベルクラフトのレシピに従って。
(酒税法に引っかからないレシピが載っています)

で、半月経って、今回試飲してみました。
結果としては、期待通りには行かず、イマイチ…。
香りと中身が一致しないというか…
香料が入っているからですかね?

んー、酸味はウェルチより立つ印象だし、
味わい的には同じような感じだから…
コスパ的に280円のウェルチに軍配が上がりそう。

ジュースから作るなら、今のところウェルチと、
あとは「ポンジュース」のリンゴから作るシードルが、
自分の中では一番という印象ですね。

やってみて初めて分かることも多い。
ジュースを見つけるたびにやってみよう!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~ブルーベリー剪定、鉄骨整備~

今週も引き続き、鉄骨ハウス内の整備を。

半面が終わったくらいですね。
いろいろな物を頂いたり、安く譲ってもらって、
少しずつ装備が整ってきた感じです。

穂木の準備も万全で、いつでも挿し木できるぞ、
という体制なのですが、整備が追い付かず…。
早めに進めて、接ぎ木は余裕をもってやりたいところ。

思った以上にスタートには苦労が多い。
課題は無限だが、時間は有限。
しっかり段取りを組んでいかないとな。


また、先輩農家にブルーベリーの剪定も教わった。
古木が多く、古い枝が残っているので、
今年はまずそれらを整理するところから。

どの枝を選んで残すか、といった本格的な剪定は、
今年の秋以降になりそうですね。
これまた150本以上はあるので、進めていかないと。

あとは堆肥をどうするか、という問題とか、
軽トラの車検とか問題もいろいろ。
免許の更新の手紙まで届いて、
ド頭からてんやわんやな展開です苦笑

ひとつひとつ片づけていきます!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ドルンフェルダー2016(山崎・赤)

北海道三笠市のヤマザキ・ワイナリーの作品。
ブドウ品種はドルンフェルダー。
ドイツ系品種です。

北海道のドルンフェルダーは、
月浦ワインのアイテムしか飲んでなくて、
どちらかというと野性味のある品種かと思っていた。

このヤマザキ・ワイナリーのドルンは、
もっと優しく、受け入れてくれる感じがする。

ただし、本場ドイツのものに比べると、
やや酸が高い印象を受ける。

その分、骨格はしっかりしていて、
ダラけた感じがしないのが好印象。

野生のカラントのような香りが魅力。

あまり見ないが(生産本数少ないのかな?)、
魅力的なワインです。

見つけたら買っておくべき。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

3月活動振り返り

はじめに

さて、いよいよ自営業者になっていくということで、
自分の感覚ベースで行くと、緩くなりそうな予感。
そこで、自分なりに月ごとの振り返りをしていくことにします。

基本とする数字は、
活動時間(労働時間という響きはイヤなので)と、
活動率(サラリーマン時代基準)で見ていきます。

全体総括

・農業
 自園…活動時間28.0時間
 自園以外…活動時間23.0時間

・非農業
 活動時間…107.8時間

合計…158.8時間、活動率90.2%。

「活動時間」とは、仕事をした時間数。
移動時間と休憩時間は除いたもの。
「活動率」とは、
「1日8時間、週休2日、祝日は勤務」という、
僕のサラリーマン時代を100%として出した比率。
かつてなら3月は22日間勤務なので、基準は176時間。

これを超えると残業となるわけですね。

僕の感覚では120%くらいがちょうどな感じでしょうか。

動かなさすぎ、働きすぎに気を付けて、
あとは質の向上を目指していきたい。

今月はコロナの関係で仕事が減り、
北海道の春が早くて農作業比率が高まった印象。

4月からは「SNS関係」の作業についても集計したい。
これまでは趣味だったけど、これからは半分仕事だしな。

あとは作業内訳を振り返り。

農作業関係

自園に関して

今月の活動は鉄骨ハウス内の作業がほとんど。

息子も連れて、遊ぶこともできました笑

①入り口農道、鉄骨ハウス周り除雪。
②鉄骨ハウス床、防草シート貼り替え。
③穂木準備。
④2重ハウス内の整理。
などなど。

自園以外に関して

①機械メンテナンス(オイル交換、グリスアップ)
②バレイショ浴光催芽

まとめ

北海道の3月はまだまだ冬。
準備するにもやれることは限られている…
と思いきや、今年は春が早い。

3月末で畑を起こし始めている人も出てきて、
例年よりも2週間ほど早い展開。

4圧はいよいよ挿し木・接ぎ木がはじまる。
がんばるぞ!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

五一ワイン ロイヤル(長野・赤)

奥さんが春休みに入ったので、
息子ともども、圃場の案内。

ぐるっと一回りして、
虫と戯れて、おにぎり食べて帰ってきました。

奥さんの感想は「大変そう」というものでしたが、
(そして多くの人にそう言われますが)
僕としては作り上げていく楽しさがあっていいな、
と思っています。

素敵な圃場にしていきたいですね。

さて、今日のワイン。

長野は林農園の赤。

ヴィンテージの記載はありませんでした。

飲んでびっくり、しっかりとメルロー感がある。
肉厚で豊潤で、それでいて訴えかけてくる力強さ。
まさにボルドー右岸のような説得力。
確かなおいしさ。

でも、それでも日本らしさも持っている、
というところが憎い。

切れ味のある酸をわずかに感じるし、
他人に気づかせないような繊細さがある。

うーん、これはすごくうまいぞ。
ちょっとびっくりするような1本でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!