おすすめ

北海道ワインラヴァー2020もくじ

もくじ

このブログの目次です。このページは常に先頭表示になっていますので、最新記事は次の投稿からです。青色下線の文字はリンクついています。クリックで飛べますのでぜひ。

著者紹介

自己紹介のページ

北海道のワイン

①農楽蔵
 2019年までの総集編

②ドメーヌ・タカヒコ

③栗澤ワインズ(KONDOヴィンヤード)
 2018年までの総集編
 エチケットなど資料

④栗澤ワインズ(ナカザワ・ヴィンヤード)
 2019年までのまとめ

⑤10Rワイナリー

⑥山崎ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑦タキザワ・ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑧ドメーヌ・アツシ・スズキ
 2018年までのまとめ

⑨宮本ヴィンヤード
 2018年までのまとめ

⑩モンガク谷

⑪イレンカ

⑫ドメーヌ・モン
 2018年までのまとめ

⑬多田農園

⑭ ふらのワイン

⑮羊蹄ワインセラー

⑯八剣山ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑰藤野ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑱三氣の辺

⑲藤澤農園

⑳松原農園

㉑宝水ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉒北海道ワイン

㉓バンナ・ブラン

㉔キトウシ
2019年までのまとめ

㉕月浦ワイン
 2019年までのまとめ

㉖オサ・ワイナリー

㉗千歳ワイナリー(北海道中央葡萄酒)
2018年までのまとめ

㉘マオイ自由の丘ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉙奥尻ワイナリー
2019年までのまとめ

㉚サッポロワイン

㉛キャメルファーム

㉜ベリーベリーファーム&ワイナリー

㉝十勝ワイン(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)
 2019年までのまとめ

㉞富岡ワイナリー

㉟リタファーム&ワイナリー

㊱ばんけい峠のワイナリー

㊲余市ワイン

㊳平川ワイナリー

39ワイナリー仁木

40はこだてわいん

41オチ・ガビ

・現在ワインのリリースがないヴィンヤード

①美流渡

②旧マオイ・ワイナリー
 ここまでの総集編
  *現在は「マオイ自由の丘ワイナリー」

③旧・歌志内太陽ファーム
 ここまでの総集編
  *現在は「上歌ヴィンヤード」

日本のワイン
近畿地方まとめ

世界のワイン
 世界のワインまとめ

ワインの知識

ワインの香り

ブドウ栽培の知識

苗木づくりについて
ワイン用ブドウ栽培

栽培記録

2019年苗木作りの記録

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

北海道ケルナー2015(北海道・白)

「新規で始めるなら、いろいろ物いりでしょ?」
という声を頂いて、中古の電子レンジもらえることになりました。

ありがたい。
これで弁当も冷や飯でなくて、温かくして食べれるな。
昼食の満足度、大事だわ。
身体の芯まで冷えていると、温かいごはんが沁みる笑

さて、今日のワイン。

ワイン会の1本。

飲み慣れている北海道ワインの安旨「北海道ケルナー」。
これも2015年のやつ。

「今日のワインの中で一番安くて…オマケですよ笑」
ということで出てきたものの、
味わいは他のワインに決して引けを取らない。

ケルナー的な色彩だけでなく、
親としてのリースリング的な石油っぽい感じもある。
これで1000円台前半で、スーパーでも買える気さくさ。

これはマスト・バイでしょ。
何度もこのブログに書いているけれど、
「ハウスワインにして、常に傍に置いておきたい1本」です!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

菊鹿シャルドネ(熊本・白)

ここまで放置されてきたブルーベリーの剪定。
思ったよりも大変で、古い枝などはノコギリでないと落とせない。

なんとか来年も大きな実をつけてもらうために、
寒い中でも剪定を進めていかないと。
150本ってそんなに多くないと思うけど、
来年以降のことを考えながら剪定していると、
どれだけ時間があっても足りない感じ。

根雪になるまでに間に合うのか??

さて、今日のワイン。

最近、このワインと出会って、
割と高めのリピート率を誇るようになってるアイテム。

熊本の菊鹿シャルドネ。
いわゆるマルチヴィンテージ。

気軽に手に入る感じのワインではないが、
北海道のレアなワインに比べれば、
しっかりサーチしていれば購入できる印象がある。

ふくよかさと、暖かい地方としては強めの酸。
香りも高く、説得力のあるワイン。

お酒弱いのでおかわりすることの珍しい、
うちの奥さんも好評価で2杯目へ。

おそらく見つけたらまた買ってしまうであろう、
素晴らしい魅力の1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

はつゆき2015(ニキヒルズ・白)

今年の露地の挿し木畑、ケルナーはさんざんだった。
来年はハウスで初期成育を軌道に乗せた方がよいかも。
それに対してゲヴェルツはすくすく育つな。
同じドイツ系でもこの違い。
少しずつ学んでいこう。

さて、今日のワイン。

これまたワイン会のワイン。

ケルナー縛りで少し行こうということで、
ほろ苦いケルナーの思い出とともに。
ニキヒルズの「はつゆき」2015年です。

ケルナーらしい香り、上品に仕上がっている。
ただ、味わいはやや貧相になってしまっている。

コルクの状態もあまり良くなかったとのことで、
ベストのコンディションではなかったようだ。

それでも造りのレベルの高さの片鱗を感じられる。
次はベストコンディションで出会いたいものだ。

これもまたワイン、というやつですね。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

マヤ2015(藤野・泡)

近くの大先輩、大御所が来て雑談してくれる。
こちらは割と切羽詰まっているので、
申し訳ないけど手は動かしながら拝聴する。

農協に頼らず地道にお客さんを付けて、
今では実質2ha(大豆の広大な畑もあるけど儲からないらしい)で、
家族3人余裕をもって食べていけてる、という話。

そこまで50年がんばってきた話には気合が入る。
それでいて、
「何のためにがんばった?そりゃ冬のんびり過ごすためさ」
というユーモアがあるところもさすが笑

なぜ農業をやるのか?という問いに答えるのは難しい、
と思っていたけど、そうか、そんな肩の力抜けた感じでも良いのか笑

ぜひその境地まで行きたい。

さて、今日のワイン。

ワイン会で飲んだワイン。
乾杯の泡です。
藤野ワイナリーの「MAYA」。

2015年縛りの会だったので、スパークリングも2015です。

熟成の雰囲気が出てきていて、かなり良い雰囲気。
酸が強いけど、円くなりつつある気配がとても良い。

普通、スパークリングは気持ちを上げてくれるものだが、
こいつは高ぶる気持ちを少し諫めてくれるような感じ。

落ち着いて、地に足付けて。
そういう乾杯の泡っているのも面白いな~。

良いワインでした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ブルゴーニュ・ルージュ2017(ミュニュレ・赤)

今日は連休最終日ということで、
少し早いが我が家で息子の3歳の誕生日会。

奥さんの実家の皆さんも招いて軽くパーティー。

手作りソーセージパンにサラダ、ビーフシチュー。
息子の好物の果物とゼリーのケーキも大喜びでした。

合わせたのはACブルゴーニュ。

モンジャール・ミュニュレの2017。

本格派のピノで、
冷凍してあったミニトマトをたくさん使った
今回の手作りビーフシチューにも良く合っていた。

香りも豊かで、深く、それでいて面白みもある。
紳士のような赤ですね。

ぜひ息子もこんな感じに育ってほしいな~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

シードル2016(富山・シードル)

なんだかガンガン予定ややることが増え、
ぜんぜん冬のオフシーズンという気がしない11月末…。
たまには休みをとりつつ、ジワジワ仕事を進めます。

さて、今日もシードル。

富山の「セイズ・ファーム」。
ついつい英語の発音に引っ張られて、
「セッズ・ファーム」と読みそうになる。
読ませ方が違うので注意。

昨日に引き続き、これまたレベルの高いシードル。

こちらは王道、ドライでクリーンな味わい。
透き通っていて、手が切れそうなほどシャープ(比喩ですよ)。

孤高の存在という感じがする。
冷ややかで強そうな印象だが、
たまに見せる甘い微笑みが人間らしさを与えている。
そんな男性のようなシードル。

こういうシードルを立て続けに飲むと、
いったいシードルとは何なのだろうと考えてしまう。

ただのワインの派生というには存在感が出てきている。
かといって、ひとつのジャンルを形成するには、やや弱いか。

造り手もワインほど確固たるイメージがないからか、
自由にのびのびと造っているような印象を受ける。

ここからシードルがどう伸びていくのか。
ワインと袂を分かつのか、それとも手を携えて同じ道をゆくのか。

目が離せない。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

モンC2017(モン・シードル)

今日は冷たい雨。

こういう日に外作業というのもなんですが、
シーズン終了間際、終わらせきるためには仕方がない。

いっそ雪の方がまだ作業しやすい気もする。
冷たい雨は濡れて余計冷える気がするんだよな…。

さて、今日のワイン…じゃなかったシードル。

余市のドメーヌ モンのシードル。
だから「モン シー」という名前になっている。

裏エチケットにある通り、やや濁りを帯びている。
それが複雑さを増しているように思う。

すっきりドライなシードルの味わいの裏に、
複雑でやや苦みを帯びたテイストがある。

伸びやかな高音と、響くような重低音。
それら和音のような味わいだ。

シードルも、ここまでレベルの高いものを飲むと、
いろいろ考えさせられるな。

アルコール度数が低いのもまた飲みよい。

素敵なアイテムです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

おすすめワイン(海外・泡編)

おすすめワインの泡シリーズ。

・ゼクト

ae23f04d

ミッテルラインのゼクトです。
『どんぐり』で3352円。ヴィンテージは2007。

飲んですぐに「おお」と声を上げてしまう1本。
スパークリングからしばらく離れてしまっていた今年の終わりに、
かなり相性のいい1本と出会ってしまいました。
今日はメンバー2人がいない中、超忙しい日でしたが、
疲れを吹っ飛ばしてくれる1本でした。

甘さと香りが最高。
ドイツの白って感じの印象もあり、熟成香というかコクもあり、
さわやかさがたまらない1本。

ラッツエンベルガー醸造所は、
ミッテルライン地方のブドウ栽培の中心地である、
バッハラッハ村にあって、リースリングを得意とする生産者。
畑は10haにも満たないほど小さいものの、
徹底的に収量を規制し、ミネラル分に富んだワインを作ります。

世界の有名レストランやホテルがオンリストしており、
市場にあまり出回らないんだとか。
シャンパーニュを超える4年もの熟成期間が生んだ細かな泡、
リースリング特有の爽やかな香りが最高です。

こだわりを感じる1本。

・ザルデット

ec0531f5

ザルデットのエクストラ・ドライNV。
タカムラで1550円。

昨日の「レンコンと鶏肉のオイスター炒め」と、
「レンコンチップ」はほとんど残ってないので、
「豚の角煮」&下茹で汁を使った「炊き込みご飯」
を食べるつもりで準備。

なこさんがたこ焼きやらチキンやらをお土産に
買ってきてくれたので、プチパーティーに。

春めいてきたこともあって、
泡を飲みたくなる日が増えてきました。
なんか毎年、夏よりもむしろ、
春先にスパークリングにハマっている気がします。

そして久ぶりのザルデットでした。
こいつは「神の雫」の巻で、
ワトキンスがデートのために用意した1本。
泡が本当にキレイで、勝負用って感じ。

ふんわりした泡で、嫌味がない。
純粋でまっすぐ、止まらなくなる泡です。
シャンパン・ストッパーがあるのに、
結局、1本開けてしまいました笑

エクストラ・ドライの割には甘味が豊かです。
果実味がたっぷりあって、香りも素晴らしい。
泡も安っぽくなくて、とてもキレイ。
思わず写真を撮ってしまうほど。
ほんとキレイでほれぼれするわ~笑

・ナバロ

1860c034

今週の開放感満載ワインは、ナバロの泡。
タカムラで1330円です。
アルゼンチンの泡が珍しいうえに、
このボトルの形状も個性的で面白い。

このワインを飲むと、
ハンサムな青い目をした、アルゼンチン人を思い浮かべます。
クールで、姿勢が良くて、自信に満ち溢れた感じ。
颯爽とした強気な泡と、クールな酸味が魅力。
リピート率が高い1本です。

・マネキネコ

cec73aa5

うきうきワインの玉手箱で、2280円。
泡は繊細で、落ち着いている割に、
ミネラルがしっかりしていて、きれい。
舞妓さんのようなワインです。

人懐っこい笑顔を見せつつも、
そこには厳しい稽古を乗り越えて、
自信と厳しさを内面に持ち合わせている。
そんな印象です。

疲れもしんどさも、泡と一緒に上っていって、
パチパチと消えていくような優しい味わい。

「ラスト・シンデレラ」を見ながら、
てりやきチキンのピザや、
牛すきやきドリア、ジェノベーゼと合わせました。
チーズと合うのか、ものすごくマリアージュ。
最高の夜になりました☆

・ラングロワ

今日はのんびり休み~。
朝からクレープ作成!
具は、玉ねぎとツナのマヨあえと、チョコバナナ、
ベーコンエッグ、生クリームなどなど。

130520_1450~01

相棒はラングロワのロゼ泡です!
タカムラで1880円。カベルネ・フラン100%。
初夏に吹く、爽やかな風をイメージするワイン。
すっきり感があって、甘いものにも合うし、
ベーコンエッグのこってり感ともマッチ。
今回が2度目のリピート。

イチゴの香りが立つので、やっぱりイメージは春。
お花見の時に持っていきたいイメージですね。
(冷やして持って行けるなら、ですが)

ロワール地方でつくられる発泡酒クレマン・ド・ロワールは、
フルーティーさと心地よい飲み口で年々人気を高めています。
シュナン・ブラン種をメインに用い、
製法もシャンパーニュと同じ本格的なメトード・トラディショネル。
その手間とコストを考えると、2000円を切る値段は驚き。

ロワール地方でつくられる発泡酒クレマン・ド・ロワールは、
フルーティーさと心地よい飲み口で年々人気を高めています。
シュナン・ブラン種をメインに用い、
製法もシャンパーニュと同じ本格的なメトード・トラディショネルによるため、
その手間とコストを考えると2000円以下は驚き。

このコスパは無視できない1本です。

・アンドレ・クルエ

長かった夏も、終了です。
天気も雨が多くなって、少しは涼しくなるといいんですが。
今日は記念にシャンパーニュを開けちゃいました。

130804_1333~01

アンドレ・クルエ・ナチュールのシルバーブリュット。
ピノ・ノワール100%のブラン・ド・ノワール。
NVで、うきうきワインで4480円。
スウェーデン王室御用達とか、
パーカーポイント91点とか、
かなりの評判のようです。

今日は昨日の残りのキャベツと、
ベーコンをカリッと焼いて、合わせました。

なんともいえない芳醇なフルーツの香り。
りんごの蜜の香りが、たまらない魅力。
すっきりしているのに、甘さを感じる。
ドサージュなしとは思えない。
こちらに媚びない態度にも関わらず、
たまらなく魅力的で、爽やか。

これがシャンパーニュか、という思いがわいてきて、
これまでのシャンパーニュの先入観を打ち砕いてくれました。
これは感動的なシャンパーニュですね。

・アンガス

帰りは高槻で串カツを。
お土産にスパークリングを買って帰りました。

140103_2208~01

拾い物があれば買おう、ぐらいの気持ちでしたが、
びっくりなことにアンガスを発見。
神の雫のコラムで読んで以来、
一度飲んでみたいな~と思っていた1本なので、
そのまま購入してしまいました。

高槻の「jupitar」で1780円。
ナッツの香りとコクが印象的。
スパークリングと言うと、どうしても喉越しに注目がいきますが、
泡なしでも楽しめるものは、本当に重宝します。
しかもコイツは泡もクリーミーなので、
白と泡を二重で楽しむかのようなワイン。

正月休みの最終日、幸せな気持ちにさせてもらいました。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~除雪の準備~

活動時間59.0時間(先週+7.0時間)
活動率147.5%(週40時間=100%)

今週はハウスの中のミニトマトを抜いて、
潅水チューブなどを片づけた。

二重ハウスの横に出してあったミニコンも鉄骨ハウスに収納、
下に敷いてあったコンパネも片づけました。

ずっと置いてあった米ぬかも、
ブルーベリーの礼肥として撒きました。
来年も大きな実をつけてくれるとよいのだけれど。

あとは外に置いてある作業機を中に入れれば、
除雪の準備もほぼ完成というところか。
あとは天気の悪い頃合いを見て、
大きいゴミをクリーンセンターにもっていこう。

あと今週はいろいろな物をもらった。

机やいす、タナなどなど。
こういうのはゼロからスタートするうえで非常にありがたい。

ソファーは2個目。
ますます応接室的要素が増えてきたな笑

いつ根雪になってもおかしくない気温になってきた。
息子も風邪ひいてるころだし、
体調管理に気を付けながら、冬に備えます!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

キトウシ2018(東川・赤)

最後の総取りのナスとミニトマトを使って、
ナスミートグラタンを作った。

それに合わせて北海道の赤。

最近、縁が深いキトウシです。

ふるさと納税にて。

この年は他のヴィンテージよりもやや酸が高く感じる。

まだ今の状態だと飲み頃とは言えない感じか。
これまではリリース直後、抜栓すぐでも割と美味かったが、
少し造りが変わったのかもしれない。

今回はミニトマトを使ったミートソースなので、
割と共通点があって楽しめる感じだった。

単独で飲むなら抜栓のタイミングは慎重に行くべき。
あと数年は様子を見るべきかな。

今年のナスは売るより食べた方が多かったかも笑

来年、栽培を増やすかどうかは悩むところ。
家庭菜園レベルの面積でもいいような気がするな~。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!