おすすめ

北海道ワインラヴァー2020もくじ

もくじ

このブログの目次です。このページは常に先頭表示になっていますので、最新記事は次の投稿からです。青色下線の文字はリンクついています。クリックで飛べますのでぜひ。

著者紹介

自己紹介のページ

北海道のワイン

①農楽蔵
 2019年までの総集編

②ドメーヌ・タカヒコ

③栗澤ワインズ(KONDOヴィンヤード)
 2018年までの総集編
 エチケットなど資料

④栗澤ワインズ(ナカザワ・ヴィンヤード)
 2019年までのまとめ

⑤10Rワイナリー

⑥山崎ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑦タキザワ・ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑧ドメーヌ・アツシ・スズキ
 2018年までのまとめ

⑨宮本ヴィンヤード
 2018年までのまとめ

⑩モンガク谷

⑪イレンカ

⑫ドメーヌ・モン
 2018年までのまとめ

⑬多田農園

⑭ ふらのワイン

⑮羊蹄ワインセラー

⑯八剣山ワイナリー
 2019年までのまとめ

⑰藤野ワイナリー
 2018年までのまとめ

⑱三氣の辺

⑲藤澤農園

⑳松原農園

㉑宝水ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉒北海道ワイン

㉓バンナ・ブラン

㉔キトウシ
2019年までのまとめ

㉕月浦ワイン
 2019年までのまとめ

㉖オサ・ワイナリー

㉗千歳ワイナリー(北海道中央葡萄酒)
2018年までのまとめ

㉘マオイ自由の丘ワイナリー
 2019年までのまとめ

㉙奥尻ワイナリー
2019年までのまとめ

㉚サッポロワイン

㉛キャメルファーム

㉜ベリーベリーファーム&ワイナリー

㉝十勝ワイン(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)
 2019年までのまとめ

㉞富岡ワイナリー

㉟リタファーム&ワイナリー

㊱ばんけい峠のワイナリー

㊲余市ワイン

㊳平川ワイナリー

39ワイナリー仁木

40はこだてわいん

41オチ・ガビ

・現在ワインのリリースがないヴィンヤード

①美流渡

②旧マオイ・ワイナリー
 ここまでの総集編
  *現在は「マオイ自由の丘ワイナリー」

③旧・歌志内太陽ファーム
 ここまでの総集編
  *現在は「上歌ヴィンヤード」

日本のワイン
近畿地方まとめ

世界のワイン
 世界のワインまとめ

ワインの知識

ワインの香り

ブドウ栽培の知識

苗木づくりについて
ワイン用ブドウ栽培

栽培記録

2019年苗木作りの記録

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

セイベル13053 ロゼ 2014(奥尻・ロゼ)

とにかくハネ品のイモはたくさんあるので、
マッシュポテトやポテトサラダを大量に作って、
どんどん冷凍していく方向で。

ポテサラは晩酌の友としても最高だしな。
キュウリを小さめのサイコロに切って入れると、
食感もアクセントがあって美味しい。

イモって中毒性があるわ。
とまらない…笑

そんなポテサラと共に。

奥尻島のロゼ。

抜栓直後はセイベル特有の強めのラブラスカ香。
しっかり冷やせばよかったな、と思ったが、
少し時間を置けば落ち着く(もしくは嗅覚疲労する)。

酸も少し強すぎかと思ったけど、
ポテサラと合わせると嫌味な感じはしない。
いや、結構マッチングしているといえる。

やばいな~。
自分が作ったイモと相性が良いと、
それだけでワインの評価も高くなってしまう笑

2014というヴィンテージも良い。
合成コルクだが、落ち着いてきている印象を受ける。
飲み頃です。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ワインの知識~葡萄の枝を横に伸ばすのなんで?~

今日も旧ブログからの引っ越し記事。

コメントにて質問をもらった、
「葡萄に横一列に枝を伸ばさせるのはなんで?」について。

ワイン用の葡萄畑を見たことが無い方もいらっしゃると思うので、
写真もつけておきました。
こんな感じで、ワイン用の葡萄は1列に横に並んでいます。
(生食用の葡萄は、上に伸びて棚に這わせて、下に実を付けてます。
 日本で葡萄と言ったら、この棚仕立ての方がポピュラーかも。)

で、枝もこんな感じで横向きに、1列に並んで1本だけ伸びています。
(そのメインの枝から、何本も枝が上に伸びて実を付けてるわけですね)
で、「これは、なんで?」とのことです。

こういう、シンプルな(シンプルに見える)質問ほど、
正確に答えるのは苦労する。
(子供たちからの質問もしかり。
 本質を突いた質問は、シンプルな顔をしているから。)

①葡萄の樹を1列に並べるのはなぜか。
 ワインの本場、フランスにおいても、最初から1列ではなかったようです。
 以下、「アンリ・ジャイエのブドウ畑」より引用。

———————————————————————————————
ブルゴーニュのブドウ畑に馬が導入されたのは、
それほど昔のことではない。

馬を使えるようになったのは、フィロキセラ被害の後で、
それ以前はブドウは密に植えられ、
道具を抱えたヴィニュロン(引用者注:ブドウを育てる農民)ひとりしか、
畑の中を通れなかった。

軍の地図を見ると、ブドウ畑は馬で通れない場所として記されている。
だから馬が入ったのは、ブドウが列をなして植えられるようになってから、
つまり1890年以降、今ではなじみの品種が植え直されてからだ。

———————————————————————————————-

上記の記述を根拠にすると、
フランスにおいても、
葡萄が1列に植えられるようになって、まだ約130年ほど。
ワインの歴史は数千年なので、本当に最近の流行だと言える。

しかも、その理由は、上記の記述から推測すると、
フィロキセラという虫の害で、ヨーロッパ中の葡萄を植え直すことになり、
それなら「馬(とか機械とか)が入れるように、1列にしよう」という、
人間側の都合で1列になったと読める。
(少なくとも日照とか風通しとかの理由には触れられていない。
 それまで数千年は、密植栽培だったわけだし。)

②葡萄の枝を横向き1列に仕立てるのはなぜか?
 では次に、1列になったブドウの樹の枝を、
 横向き1本にするのはなぜなのか。

 今、世界で最もポピュラーなのが、「シングル(単式)・ギュイヨ」方式。

こんな感じに剪定して(散髪して)、
枝をどちらか横一方に1本だけ伸ばすわけです。

葡萄は自然状態だと、上に向かって一直線に伸びます。
それをわざわざ、横に曲げてしまうのはなぜか。

これまた、「アンリ・ジャイエのブドウ畑」より引用。

——————————————————————————————–

昔から、湾曲した果樹の枝は、
樹勢を抑え、結実を増やすことが知られていた。
枝を横に倒すことで、樹液が流れにくくなるからだ。

単式ギュイヨ方式では、短梢を長梢の下に残す。
(長梢を切ってしまうので)翌年はそれが一番上になる。
こうして樹の背丈が高くならず、果実の質が良くなる。

——————————————————————————————–

つまり、横に曲げることで、植物に環境ストレスをかけるということ。
強い乾燥などもそうだけど、環境ストレスがかかると、
植物はより適応するために次世代を残そうとする。

自分の枝を伸ばして栄養を獲得することよりも、
実を多く付けて、たくさんの種を生み出すことに力を注ぐわけだ。

もちろん、だからといって、
必ず横一列に伸ばさなければならないわけではない。

「新・ワインの科学」という本には、
そのほかの様々な仕立て方が紹介されている。
以下、引用。

———————————————————————————————

ブドウの仕立て方と樹冠管理については、
あらゆる状況に当てはまる万能の解決策はない。
その土地の条件に合わせて変えていく必要がある。

基本原理は同じでも、
土壌の肥沃度、気候、水供給、ブドウ品種、作業者の技術と人手の有無、
といった条件を考慮に入れて、最適な管理手法を選ぶことが大切だ。

(中略)

樹冠管理の目的は、葉と実に最適な量の日光を当てるとともに、
病気のリスクを減らし、収量に対して品質をできるだけ高めることにある。

樹冠の密度を減らすと、ふたつの面で病気を防ぐのに役立つ。
ひとつは、薬剤がまんべんなくかかること。
もうひとつは、空気の循環がよくなり、
乾燥に要する時間が少なくて済むことだ。

樹冠管理のためのさまざまな方策は、
ブドウをバランスの取れた状態にするために行われるものである。

———————————————————————————————-

この本で紹介されている仕立て方で、横一列にならないものは…

・ゴブレ方式…支柱を1本ブドウの横に立て、巻き付かせていく。
・半棚仕立て…柱でツルを吊るすように仕立てる。
・リラ式…V字型になるように樹冠を分割する。

などがある。

まとめると…
日光を多く当て、風通しを良くすることが横一列の主たる目的。
加えて、薬剤の散布や機械の導入など、
人間にとっても都合が良いことも目的と言えそうです。

しかし、コメントの質問の中で、
「日当たりや収穫を考えてのことなんですか?」と書いていらっしゃるので、
「そうです」の一言が答えだった気もするな…笑

ま、僕はたくさん調べて勉強になりました。
質問を受けると、受けた方が成長する気がするな~(笑)

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

デュック・ド・シュランス(フランス・泡)

今日は起きて天気予報見たら、まさかの暴風警報発令。
昨夜まで予兆もなかったのに、突然。
あわてて畑いってハウスの暴風対策。

巻き上げの風上側をビニペットで止めて、
ドアも念のために固定しておきました。

自分でビニール張ったハウスは信用ならないからな…。
結局、風速9mくらいまでは行ったようです。
ハウスは無事でした。
あードキドキした。。。

さて、今日のワイン。

いや~、これまた酸も泡も元気いっぱいなスパークリングだわ。
いろいろ気疲れした日には良い感じ。

明日から世間は連休。
直売所にも人が入る時期。

がんばるぞ!!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~暑さ真っ盛り。虫も出てきた~

活動時間63.5時間(先週-6.5時間)
活動158.8%(100%=週40時間)

活動時間は先週比で大きく下がりましたが、
先週がバレイショがらみで爆発した(雨前に掘りまくった)だけで、
まぁこれくらいが適正かと思ってます。

今週は予報通り雨がちでバレイショ掘るのに向いていない、
ということで、通常くらいの活動量です。

一方で、ハウスの中では虫も登場。

台木品種の1年目苗木。
ハウス内の鉢植えで管理しているやつのうち、
2株が丸はげにされました…。

もう1株の葉を食っているところを現行犯で捕殺。
スズメガの老齢幼虫(ぶっとくて、ツノ出てるやつ)でした。
写真も撮りましたが、アップは自重します笑

いわゆる「イモ虫」というのは、
サツマイモに付くスズメガの幼虫から由来しているらしいので、
「THE イモ虫」です。
手でつぶす気持ちになれないほどの大きさです。

やれやれ。
これからはもう少し小さいうちに見つけよう。

大葉やバジルといった葉っぱ類にも虫食い痕が増えたし、
ピーマン、ナス類は思い切りアブラムシです。
今年は農薬を使わない方向性なので、
捕殺と水かけなどで対応してますが、
いやいや、やられる一方ですね。

今年の様子をしっかり観察して、
来年以降、薬剤どうするか考えようと思います。

あとは種から育てているブドウたち。

なかなか大きくなってきました。

なんとかハウスの端っこを空けて、仮植するかどうか検討中。
小さいやつはもう今年は鉢植えですね~。

しっかり観察していきます~。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ヴィーニャ・セシリア(スペイン・泡)

今日は北海道も雨後に30度近くまで上がり、
シャツからズボンからすべて汗だくになる感じ。

そんな中、バレイショ(ジャガイモ)との戦いは続く。
もうひとふんばりです。

暑い中がんばったので、少し早く上がって、
今日の晩御飯は冷や汁。
北海道はアジが手に入りにくいので(スーパーには無い)、
代わりに鮭を使って。

で、キンキンに冷やしたスパークリング。

泡でもあまり冷やしすぎない方が魅力が発揮できるものもあるが、
コイツはもうしっかり冷やした方が良いタイプ。
冷蔵庫から出してすぐに飲むくらいでOK。

冷えて入ればレモンの味わいと、裏にある甘さが魅力的。
(温度上がると、甘さがややダルイ感じになる)

湿度があって暑い。
蚊との闘いも発生して、不快指数は高めの夜。

スッキリ爽やかな気分にさせてくれる1本です。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ワインの勉強~ブドウとは何か?~

「新しいワインの科学」より、「ブドウとは何か?」という部分を。
「科学」というと、イメージするのは、
「○○原産で…」「~千年前から」「気候耐性は…」って感じを想像して、
中学生の頃を思い出して眠くなる、というものですが、
この本はアプローチの仕方そのものが違うんですよね。

まず、「野生の葡萄とは、どういう植物か」から始まります。

————————————————————————————
ブドウは本来、森林地に生えるつる植物だ。
木に巻き付いてよじ登っていく。
つるが樹葉の天蓋を突き抜けて日光を浴びると、
花を咲かせ、実をつける。
ブドウの実は鳥に食べられ、
鳥の糞によって種子がまき散らされる。

ブドウはこのようにして育つので、
広い範囲に根を張らないと、
自分がまきついている木と競って
水や養分を手に入れることはできない。
———————————————————————————-
だからこそ、天候や土壌の条件が良い時ほど、
ブドウは実よりも、つるを伸ばし、葉を茂らせることに力を使う。

なるほど。やせた土地がブドウにとって良いのも納得できる。
また、剪定作業というのが重要になるのも、ここからですね。
さらに、話は進み、ブドウとして、という以前に、
「植物」としての課題を6分類していく。

植物はすべからく、以下の難課題を抱えている。

①十分な量の水を探し、その水分を失わないようにしながら、
 同時にガス交換を行う。
②草食動物や病原体から身を守る。
③十分な光を探して、光合成する。
④種子をまき散らす。
⑤季節や環境の変化に適応する。
⑥ほかの植物との競合に負けないこと。

これらに加えて、葡萄には森林地のつる植物しての制約がある。
こういう制約を受けながら、進化し、適応してきたわけだ。

●ブドウの樹の仕組み。
①根
 根には二つの役割がある。
 「固定すること」と「取りこむこと」。
 基本的に植物は多くのものを自分で造れるので、
 取りこみ必要があるものは限られている。
 ブドウの場合も、「水」と「無機イオン」くらい。
 栄養分が無い場合は地中深くまで根を伸ばす。
 3m以上に達することもあり、これが地上部の組織を支える。

②新梢と芽
 地上部で重要な器官は新梢。
 単純な組織で、とにかく速く伸びていくことを目的にしている。
 この新梢に、一定の間隔を置いて芽ができる。
 芽は複雑な器官で、花・葉・巻きひげのいずれかになりえる。
 芽は休眠期に活動を止めつつ、2シーズンかけて成長を続ける。

③花
 葡萄の開花には2シーズンかかり、
 開花が誘発されるのは夏だが、実際に開花するのは、
 翌シーズンの春になる。
 花が形成されて受粉するのは、天候が暖かく、
 安定している時期が望ましい。
 *栽培葡萄は雌雄同花で自家受粉する。

④実
 実の形成には3段階ある。
 第1段階:実の構造ができ、酸が蓄積される。
 第2段階:ヴェレゾン(色づき始め)になる。
 第3段階:糖とフェノール類が蓄積、酸は減少する。

 実は鳥のために作られるので、
 種子の準備ができるまでは酸味が強く、
 準備が整うと甘くなる。自然の摂理ですね。

植物としての葡萄。非常に勉強になります。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ギャルソンヌ2014(愛知・白)

バジルがたくさんるので、バジルソース作り。
バジルとナッツ(くるみ)とオリーブオイル。
塩とニンニクで味付け。

パスタソースにしてみましたが…
うーん、くるみは要らないかも。
あるいは量が多すぎたか?
もうちょっと試行錯誤したい感じの味でした。

合わせたのはアズッカ・エ・アズッコの白。

ヴィンテージは2014。

料理に寄り添いにいくのではなく、
しっかりと主張をしてくれる白です。

味わいは柔らかく、それでいて骨格はしっかりしている。
同じ日本でも温暖な気候であることをイメージさせる。

奥さんも「つい飲んでしまう」と高評価。
これはうまいわ。

次があるなら、ジェノベーゼはぜひ成功させたいな。
素晴らしい日本の白のうちの1本です。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ヴィン・イェット(スペイン・泡)

日曜は家族でイモほり体験。
2歳半の息子が飽きるまで、雨前のバレイショ掘りです。

大きいイモを掘り出して楽しそうで何より。
奥さんも地味に楽しんでいたようです笑

あて、イモに合わせて。

ワインはスペインのカバ。

料理は「ヤンソンさんの誘惑」と…

「ジャーマンポテト」のイモづくし。

うん、このマカベオ主体のカバとイモの相性もなかなか良い。

どちらかといえば繊細な雰囲気の料理と合いそうな泡だが、
多少強めの系と合わせても相性は良い感じ。

淡白な雰囲気の新じゃがと合ってました。

幸せな気分。。。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

7月まとめ~収穫・出荷スタート~

7月は収穫が本格化する月。
忙しくなってきました。

特にバレイショを手掘りしているので、
それがなかなかに大変。

あとは管理作業も増えてきました。
キュウリやミニトマトがびっくりするくらい伸びるので、
剪定、誘引作業に思いのほか時間が取られる。

露地では雑草の管理のため、
除草剤の散布とロータリーかけを一周しました。
毎月1回はこれらの活動が必要になる。
来年以降もそれを計算に入れて動かないと。

あとは用水路の管理や消防団の研修など、
農業以外の活動もある。
自分の農作業は段取り良く進めておかないと、
突発的な作業が入って慌てることになる。
これも来年に活かしていく。

日中は30度近くまだ上がる日も増えてきたので、
早朝4時頃から活動して、
午後2時前後は休憩、昼寝するようにして体調管理を。

塾の方も夏期講習で忙しい時期が来る。
体調には気を付けつつ、全力でがんばっていきます。

●7月データ●
月次活動合計:283時間(前月比+20.5時間)
月次活動率:153.8%(前月比+4.7%/週40時間=100%)
日照合計:153.7時間(前月+22.2時間)
     平均4.96時間/日(前月+0.58時間)
最低気温平均:16.9度(前月+4.3度)
最高気温平均:24.0度(前月+3.1度)
降水量:49.5mm(前月+25.5mm)

出荷実績(7/19~/出荷日合計10日)
ズッキーニ…16パック( 6%)
ミニトマト…18パック( 8%)
キュウリ…33パック(13%)
ピーマン…13パック( 6%)
大葉…74パック(14%)
バジル…8パック(2%)
バレイショ…36パック(51%)
*( )内は全体の売り上げに占める割合。

天候面では日照量が回復、果菜類の成長もスピードアップ。
一方で降水量は相変わらず少なく、干ばつ状態。
(水はけの悪いウチの圃場にとっては良いことですが)

出荷面ではバレイショの価格高騰に助けられている感じ。
まだまだ数を出していけるようにならないとな。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ポル・アッカー(ロワール・泡)

今日も取れたてのイモを使って料理。
今回はコロッケを。

コロッケは総菜と手作りで、違う料理かと思う。
イモ感と肉感が段違いになるんだよな。
買った方がお得な料理だが、
イモが無料で、こんなに美味いと話は別。

コロッケは総菜と手作りで、違う料理かと思う。
イモ感と肉感が段違いになるんだよな。
買った方がお得な料理だが、
イモが無料で、こんなに美味いと話は別。

また作ろう。

さて、そんな手づくりコロッケに合わせて。

ワインセットのうちの1本。
ロワールのクレマン(泡)です。
品種はシュナン・ブラン。

シュナン・ブランといえば、
無個性・透明感というイメージがあったが、
いやいや、これは旨みを感じるし、
シャンパーニュのようなパン酵母のニュアンスも(わずかに)ある。


これで安いんだから、たまらないよな。
茹でて揚げてで汗をかいた体に、
こりゃたまらん栄養補給です。

揚げ物とも合うな~。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!