サンセール・シャヴィニョール(ロワール・白)

バレイショ(ジャガイモ)が山ほどあるので、

今日は久々にジャーマンポテト。

ブロックで売ってたベーコンがウマイ。

合わせたのは頂きものの白ワイン。

ロワールのソーヴィニヨン・ブランですね。

開けて一口目からビックリうまい。

気楽に冷蔵庫で冷やしていたのに(ちょっと冷やしすぎなのに)、

ばっちり香りが立って説得力がある。

液温の上昇とともに酸が主張を増してくる。

と同時に、ブドウ由来の甘さや凝縮感が伝わってくる。

酸が苦手ならキリっと冷やして。

酸が好きなら液温上がってからの方が断然うまい。

うーん。

最近注目はロワールとアルザスだな。

ロワールのサンセールはロゼもあり、白も赤もウマイ。

そういう産地ってなかなかない。

ちょっと深入りしてみたくなりました…。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

フクイハラ・ロゼ2018(長野・ロゼ)

恵庭の原田商店で買ってきたワイン。

夕食のミートソースのパスタに合わせて。

トマトが山のように採れるので、

水を足さずに、トマトの水分だけでミートソース。

その酸味や甘さに合うのでは、と思って長野のロゼ。

色合いは濃いロゼカラー。

生食用のブドウを思わせる甘い香り、

芯に1本通っている酸が骨格を作ってくれている。

ワイルドベリーのような果実味がある。

口中でほんのり感じる発泡。

うーん、これは良いロゼだ。

トマトとの相性も良かった。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ピノ・ノワール2017(アツシスズキ・赤)

余市のラフェト。ドメーヌ アツシスズキにて。

3種類あって、ピノ・ノワールのみ試飲。

ここはツヴァイゲルトが最高においしいが、

それを彷彿とさせる力のあるピノ。

アタックも十分にあるので、

北海道の繊細なピノ、というイメージを覆してくれる。

冷涼な気候の北海道は、今やピノの産地といえる。

これからは様々な造りのピノが出てくるはず。

そんな未来に思いをはせてしまう素敵な1本でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

カンプチ(スペイン・泡)

ネットで3本セットで買った泡。

スペインのカバです。

思ったよりアロマティック。香りが強い。

グレープフルーツ感があって、食欲が増す。

特に海のものや、塩気の強い食べ物に合いそう。

酸がきれいで口中をすっきりとさせてくれる。

パエリアとか合いそうだな~。

作ればよかったな~笑

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

くまコーラ(藤野・泡)

余市ラフェトのワイン。

森羅にて。

ここのブドウを使った「くまコーラ」。

奥さんに「なんでこんな名前なの?」と聞かれるが、

上手く答えられない笑

コーラ並みに泡が出るからかな?笑

息子はここで食べるためのブドウ、ポートランドをもらいご満悦。

意外なほど、ワイナリー巡りを楽しんでました。

僕自身もシュワっとした泡にキレのある酸、

それでいて甘さや深みもあるこのワインで体力回復。

奥さんもクルミパン買ってご満悦でした~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ヨイチノボリ オー・リー2017(タカヒコ・赤)

余市のラフェト、ドメーヌ タカヒコ3本目。

O-Lie(オー・リー)というキュヴェ。

日本語で澱(おり)の発音と、フランス語の檻を意味するLie(リー)がかかっていて、

なかなかしゃれたネーミング。

見ての通り、とても濁っている。

昔からこの澱際や、少し笹濁ったワインが好き。

それをいうと自然派好きと思われるけど、特にそういうわけでもない。

ただ、ノンフィルター(無濾過)派ではあるな笑

より個性的で複雑になるところが好き。

パワーもあるので、食べ物に合わせたくなる。

暑さに負けないワイン。

これはうまい。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

サンテロ・ブラック  ブリュット(イタリア・泡)

タカムラ・ワインハウスで購入した泡。

3本セットで、1本あたり1000円を切る。

サンテロは「ピノ・シャルドネ」が旨く、大阪時代はよく飲んでいた。

それを思い出して購入した1本。

フレッシュなリンゴのアロマ。

でもそれだけじゃない深みもあって、芯を感じさせる。

だらっと甘いスパークリングは途中で飽きてしまうけど、

これは骨格がしっかりあって飲み飽きない。

さすが、安いがちゃんと旨い1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ナナツモリ2017亜硫酸なし(タカヒコ・赤)

昨日に引き続き、ドメーヌ タカヒコ。

次は亜硫酸の添加「なし」バージョン。

香りや雰囲気は同じだけれど、

「あり」に比べると少し華やかさに欠ける。

亜硫酸の添加の有無は、まるで女性の化粧のようだ。

ものすごく多い量が入っていると救えないが、

少量入る程度だと洗練された雰囲気になる(気がする)。

前回のみ比べた感想とやはり同じだが、

現段階で飲むなら「あり」の方が確実にウマイ。

年月を経てどう変化するかは、今はまだわからない。

さてさて、この2種類がどう変化していくか。

面白い実験だな~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ナナツモリ2017亜硫酸あり(タカヒコ・赤)

余市のラフェトで試飲したワイン。

ナナツモリのピノ・ノワール2017。

「亜硫酸あり」のキュヴェと「亜硫酸なし」のキュヴェがある。

今回は同一ヴィンテージであり・なしの飲み比べができました。

しかしそもそも暑い日に外でワインの味をとるのは難しい…。

風が強くて香りも取りにくいし、

液温もやや高めで、のどが渇いているのですぐに飲み干してしまう。。。

とはいえ、主張の強さは健在。

まだ開けるのが早いのか、子供のような感じ。

まだまだコロコロ笑う女子というイメージで、

女性的な魅力が出てくるのはもう少し後かな。

しかしこの元気さも悪くはない。

複雑さがない分まっすぐで明るい。

なぜはタカヒコさんのワインはいつも女性をイメージする。

フランスのブルゴーニュのピノは王様、

ボルドーのカベルネソーヴィニヨンは女王様と例えられるのに、

それとは逆の印象。

でも、何年飲んでても女性のイメージは変わらないし、

むしろ飲む度にその印象は強まっていく。

不思議だ~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

フォンカリユル・ヴェルサン ピノ・ノワール2018(南仏・赤)

十勝ワインアカデミー懇親会の1本。

ラングドック・ルーション地方のピノ・ノワール。

薄い味わいで苦みを強く感じる。

抜栓直後の印象しかないが、バランスは悪め。

それぞれの要素がまとまるのに少し時間がかかるかも。

薄めの赤だが、特に繊細さはない。

ピノだと思わなければ楽しめるかも。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!