エルム・キャッスル(余市・白)

これもスーパーのワゴンセールのワイン。

余市ワインの作品。
といっても輸入ワインを混ぜて作ってるので、
余市産とは(国産とも)呼べませんが。


書き物をしながら飲んでいて、
スルスルと入っていってしまった1本。
飲みやすさは抜群です。
が、印象に残るところがなくて…。
値段なりなのかもしれないけど、
もう少し個性があっても良いかも。
飲みやすさ、というのも魅力ですが、
ワイン飲み慣れて来ると、
物足りなくも感じてしまうわけで。

わがままですねぇ笑

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ル・オー・メドック・ド・ジスクール2015(ボルドー・赤)

晩酌ワイン。

神の雫にも登場したワイン。
マルゴー地方の格付けシャトーが、オー・メドックで造ったワイン。
冬はボルドーが飲みたくなるので。

神の雫では「回転木馬」と評されましたが、こいつはもう少し重い。
もうちょい熟成が必要なのか、
それとも2015というヴィンテージがそうさせるのか。

タンニンもしっかり感じるので、赤身の肉なんかと会いそう。
ふー。
やはり部屋の温度が上がったように感じるわ笑

寒い日にぜひ。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ドルンフェルダー2016(オチガビ・赤)

新千歳空港の興農社さんの試飲ワイン。

品種はドルンフェルダー。
酸が立って、重めの感じ。
この品種の野性味が好きだけど、
樽でうまくマスキングされてる感じです。
樽香との相性は悪くなさそう。
もう少し寝かせても良いかも。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

おたる醸造ミュラートゥルガウ(北海道・泡)

千歳のイオンで見つけてきた1本。

うちの近くのスーパーでは、このミュラーは売ってない。
ナイヤガラはあるけど。

一期一会に感謝して購入してきました。


味わいはナイヤガラよりドライ。
ややツーンとした雰囲気すらある。
女性モテは捨てているが、
その分、本格派にはこちらの方が受けそう。


似たアイテムにバリエーションがあると、シチュエーションによって使い分けられる。
汎用性の広さはナイヤガラだろうが、ここぞというときにこのミュラーも使えそう。
個人的にはミュラートゥルガウのイメージが、良い意味で変わりました。
もっとアロマティックで、ゆるいイメージ、
個性は薄く、印象に残りにくい品種、というイメージがあったけど、
こいつは違うぞ。
爽やかで力がある。
これでいくんだという確固とした意思を感じる。
冬のスパークリングとして最高だな。
眼から鱗の泡でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ヨーリオ(イタリア・赤)

奥さんの実家ワイン。

神の雫にも出てきたワイン。
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ。
そのイメージ通りの気さくなワイン。
開けてすぐから楽しませてくれて、
その魅力を存分に見せてくれる。


今回はローストビーフとの相性が抜群でした。
交互に行くと、ほんと止まらない笑
正月のダラダラした雰囲気とぴったり。

2歳の息子がちょいちょい食べ物をもらいに来るのをかまいながら、
ダラダラと飲んでしまった。こりゃ最高だわ。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

旅路2017(ベリーベリーファーム・白)

果実酒研究会の試飲ワイン。

ベリーベリーファームの白。

ブドウ品種は「旅路」。
かつては「紅塩谷」と呼ばれた、北海道固有の面白い品種です。
基本的には酸が強く、透明感がある、という印象がある品種。
ただ、このワインは意外にフルーティーな感じ。
甘い感じがないので、料理にも合わせやすそう。
興味深いワイン。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

フレシネ コルトン・ネグロ(スペイン・泡)

年末年始は奥さんの実家に。そこでの1本。

乾杯の後なので、抜栓後の写真ですが。
フレシネは白のボトルと、
この黒ボトルのコルトン・ネグロがある。


ちょっと前までは白いボトルの、
やや甘さのあるカルタ・ネバダの方が、
お店なんかでよく見たのですが。
最近はこのドライな黒ボトルもよく置いてある。


みんなドライ好きになってきたのかな?
個人的には黒ボトル好きです。
レモンの香りがしっかりあって、泡もなかなか気持ち良い。
キレのある酸も好みだわ。
手巻き寿司に合うカバでしたー。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

十六夜 デラウェア2018(リタ・白)

新千歳空港の興農社さんの試飲ワイン。

リタファームのデラウェア。
色合いからオレンジワインをイメージするが、
それほどガチガチのオレンジワインではない。
少し醸しが入ってるくらいか。
苦味とかはなく、ライトな印象。
柔らかめの酸、ほのかな甘味。
単体でも楽しめるし、料理とも合わせていけそう。
軽やかで楽しいワイン。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

アリオット2016(イタリア・赤)

友人の新婚旅行の土産ワイン。

イタリア旅行羨ましい。
イタリアではワインは激安だったと。
お裾分けのトスカーナ・ワイン。
イタリアを代表する名醸地です。


これはまたパワーがあり、果実味も充実してる。
イタリアの代表品種サンジョベーゼと、
フランスから来た品種、メルローやカベルネ・ソーヴィニョンを
アッサンブラージュしてある。


それもあってか、柔らかく、まるいワインになってる。
もちろんパワーもあるが、それを前に出しすぎていない。
ほっこりする、良いワインです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

オーガニック・スパークリング・ナイアガラ(ベリーベリーファーム・泡)

果実酒研究会の試飲ワイン。

ナイアガラの甘い香りがするので、

この香りを活かした甘めの泡かと思いきや、

意表を突いてドライな仕上がり。
ツンデレ的な魅力のワイン。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!