フレシネ コルトン・ネグロ(スペイン・泡)

年末年始は奥さんの実家に。そこでの1本。

乾杯の後なので、抜栓後の写真ですが。
フレシネは白のボトルと、
この黒ボトルのコルトン・ネグロがある。


ちょっと前までは白いボトルの、
やや甘さのあるカルタ・ネバダの方が、
お店なんかでよく見たのですが。
最近はこのドライな黒ボトルもよく置いてある。


みんなドライ好きになってきたのかな?
個人的には黒ボトル好きです。
レモンの香りがしっかりあって、泡もなかなか気持ち良い。
キレのある酸も好みだわ。
手巻き寿司に合うカバでしたー。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

十六夜 デラウェア2018(リタ・白)

新千歳空港の興農社さんの試飲ワイン。

リタファームのデラウェア。
色合いからオレンジワインをイメージするが、
それほどガチガチのオレンジワインではない。
少し醸しが入ってるくらいか。
苦味とかはなく、ライトな印象。
柔らかめの酸、ほのかな甘味。
単体でも楽しめるし、料理とも合わせていけそう。
軽やかで楽しいワイン。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

アリオット2016(イタリア・赤)

友人の新婚旅行の土産ワイン。

イタリア旅行羨ましい。
イタリアではワインは激安だったと。
お裾分けのトスカーナ・ワイン。
イタリアを代表する名醸地です。


これはまたパワーがあり、果実味も充実してる。
イタリアの代表品種サンジョベーゼと、
フランスから来た品種、メルローやカベルネ・ソーヴィニョンを
アッサンブラージュしてある。


それもあってか、柔らかく、まるいワインになってる。
もちろんパワーもあるが、それを前に出しすぎていない。
ほっこりする、良いワインです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

オーガニック・スパークリング・ナイアガラ(ベリーベリーファーム・泡)

果実酒研究会の試飲ワイン。

ナイアガラの甘い香りがするので、

この香りを活かした甘めの泡かと思いきや、

意表を突いてドライな仕上がり。
ツンデレ的な魅力のワイン。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

マスカット・ベーリーA  2017(山梨・赤)

これまたスーパーのワゴンセールにて。

棚卸しなのか知らないけど、

うちの近所のマックスバリュは、

年末にワインを安く放出してくれる。

助かります笑
そんな中の1本。

ワゴンの中の大量のワインの中から、

真っ先にこいつをサルベージ。
ジャパン・プレミアムシリーズの、

マスカット・ベーリーAという品種。

ヴィンテージは2017。
この品種は時として、少し汗臭いというか、

湿気った感じというか、そういう独特な雰囲気があって、

それらが前面に出ると苦手なんですが。

こいつは違ってたな。
むしろボルドー的な果実味と華やかさ。

その割に飲み疲れない、ほとほどの軽やかさ。

品種特性も消されてはいないし、これは非常に魅力的な赤だ。
最近、重厚なワインをあまり美味しく感じなくなってきてるので、

これくらいの感じがちょうど良いな。

スルスル行けてしまう1本でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ふかがわシードル(深川・シードル)

果実酒研究会で試飲。

評価に定評のある深川のシードル。

飲むのは2度目で、いずれも「プレミアム」と、

立て続けの試飲でした。
で、頭では「プレミアムだし、美味いはず」と思って飲むんですが、

なぜか2度ともこちらのベーシックなキュヴェの方が美味く感じる笑

貧乏舌なのか?笑
ともあれ、香り豊かで果実の印象も強く、ま

さにシードルのイメージ通り。

これまで飲んだシードルの中でも、1、2を争う美味さでした!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ふかがわシードル・プレミアム(深川・シードル)

果実酒研究会で試飲。

ドライさが際立つシードル・プレミアム。

製法が通常キュヴェとは違うとのこと。

通常のものと似たテイストではあるが、

こちらの方がスッキリ感が強い。
シードルを飲み慣れてないせいか、

少し残糖感がある方が美味しく感じるんだよな。
とはいえ、レベルの高い、力を感じるシードルです!!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

北海道ロゼ(北海道・ロゼ泡)

果実酒研究会で試飲。

「北海道ワイン」のアイテムはたくさん飲んでるが、

こいつは初めて飲んだ。


確かに軽やかで爽やかさを感じる。

でも僕としては力強さが魅力だったな。

品種がツヴァイゲルトだからかも。

泡になっても好きな品種だわ。


値段もなかなか高いようだが、

それだけの価値はある1本。


素晴らしいブリュットです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

2020年もよろしくねがいします!

明けましておめでとうございます!

いよいよ、2020年。
干支も初めに戻って「ねずみ」です。
そんな年に僕は苗木屋としてのスタートを切る、
ということになります。

短期的な目標は2200本の出荷。
これは確実に買い手が付いている数です。
その後、5年かけて年産1万本を目指します。

そこまで行けば、次のチャレンジも見えて来る。
穂木のコレクションや新しい品種を目指す育種、
自分の畑のワインもできるかもしれない。

そのためにも、なるべく長く続けること、
特に最初の数年の収益を確保すること。
まずは半農半教とでも言うか、塾での夜のバイトはやるつもり。
あとは地主さんで有機多品目の農家さんのもとで、
週に何日かバイトしつつ学ばせてもらいます。

その一方で自分の畑の土作りもしないと。
何を作るか、この冬に決めたい。
もともと有機栽培の畑でもあるので、
レストランなどで興味を持ってくれるところがあれば、
必要とされるものを育てたいところ。

まだまだここからがスタート。
精一杯やっていきます。
今年もよろしくお願いします!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

本年もありがとうございました!

2019年もみなさんにはお世話になりました。

今年もいろいろなことがありました。
私生活では息子が2歳になり、週2で幼稚園生活スタート。
奥さんも職場復帰して共働き生活でした。
近くのお義母さんが息子の面倒をたくさん見てくれて、
そのおかげで回っていたような1年でした。

農業はというと。
夏は新規就農研修、冬は塾講師という生活スタイルでした。
とにかく今年は土地決めと、
ワイン用ブドウの苗木の試験栽培の1年でした。

なにせ自分の土地が無い中での試験なので、
鉄骨ハウスから仮植畑まで、
様々な人に協力頂いて、1年の流れも見えてきました。
台木の苗もだいぶできたので、来年は本畑に植えたいところです。

次の春からは、いよいよ自分で稼がないと。
土地も大枠決まってきて、苗木生産も本格スタートの予定。
他にもいくつか作物を作って売りつつ、
夜はバイトもして現金収入確保、というところかな。
最初の何年かはふんばりどころ。

農業スタートのための資材も集めてますが、
中古のビニールハウスや軽トラ、除雪機、
諸々の作業機に育苗箱、タンクなどなど、
これまた多くの人の協力で、
格安で譲っていただけたのが、本当に助かってます。

ここまで書いてきても、とにかく周りに助けられた1年でした。
なんとしても苗木屋を成功させて、恩に報いたいところ。

もちろん、ここに書けなかった方々も、
そしてこのブログを読んで応援してくれているかたがたにも、
心より御礼申し上げます。

大変だったけど、良い1年だったな。
来年はもっと良い1年にするぞー。
皆様も、良いお年を!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!