オート・コート・ド・ニュイ2015(ビセイ・赤)

息子も大きくなってきたので、
ついに我が家にもタコ焼き機を導入(980円!笑)。

3歳でもくるくる回したり楽しめるので、
タコパはなかなか優秀です。

晩御飯としては腹持ちが欠点なので、
次は15時くらいから家族の内々タコパをやろっと。
緊急事態宣言下での、なけなしのパーティーですね。

さて、今日のワイン。

IMG_9241

秋の虫の音と合わせるなら、
世界でブルゴーニュほどぴったりなものはない。

そして広域のACブルほどではないが、
さりとてプルミエとかでもないな…という、
この微妙な距離感を埋めてくれるオート・コート。

ニュイでもボーヌでも良いけど、
2015という絶妙なヴィンテージでコイツに。

北海道に来て初めてといっても良い残暑。
バレイショにカボチャに重いものの収穫も続いたし、
ここらでほっとしても良いんでないの?という気分に、
ベストマッチしてくれる1本でした。

ちょい酸が高めで、
抜栓後もう少し待った方がいいんだろうな、
と思いつつも、ちょっと強引めに攻めてみる。

15分くらいで無理やり感あるけど魅力が出てくる。
いいよ、多少ポテンシャルをだしきってなくても。

涼しい風と共にグラスを傾ける至福のひと時…。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~カボチャ収穫~

今週はカボチャの収穫がスタート。

2反しかないので、皆さんに手伝ってもらって1日で終了。

IMG_9228

なかなか愉快なカボチャも採れました。

高校生物で習った遺伝の法則って感じか?笑

息子に見せたら、「家で飾る」と喜んでいます。
いや、普通に食べようよ笑

今年のカボチャは「えびす」「雪化粧」「栗坊」の3種。

さて、あとは売れるかどうかが問題だな。
がんばります!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

おたる醸造 白辛口2019(北海道・白)

また暑さが戻ってきた北海道。
ミニトマトジュースのレイアウトを考えるため、
北海道の定番の日本風ハーフボトル(720ml)を買ってイメージを膨らませる。

IMG_9113

お手軽な価格帯の北海道ワインの白。
スッキリしていて飲みやすさがある。

甘さはないが香りがフローラルなので、
食事に合わせるというよりは単独のみか。

すっくり考えながら飲むには良い1本。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

タプ・コプ ピノ・ノワール2019(栗澤・赤)

原田商店の角打ちワイン、最後のアイテム。

IMG_9064

もちろん、ピノ・ノワール100%。

IMG_9065

なかなか薄い色合い。

IMG_9066

濁りも感じられて、思わず「美味いな」と声を出してしまう。

軽いタッチで、酸も軽快なステップ。
単純なストレートさではなく、複雑さもあって横幅がある。

すっと上に伸びるだけだと面白さに欠けるんだけど、
このピノはふくよかな横幅があり、
それが夢中にさせる魅力になっている気がする。

この酸が適度に落ち着くともっと果実感が前に出るのかな?
個人的には早めに飲んで楽しみたいが、
さりとて熟成での変化も気になる…笑

何本も手元に置いておきたくなる、罪深い1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

カノンズ旅路(八剣山・ロゼ)

ワイナリーに行ったらそこのワインを、
というののパート2。

IMG_9129

「旅路」という品種は今注目しているので。

IMG_9130

ヴィンテージ表記は無し。
現在、仕込まれているものも味を見せてもらったが、
それよりは少し香りの豊かさが平たいか。

酸が目立っていて、シャープな造り。

こういうドライなものももちろん好きだけど、
今は旅路の香りを最も活かすのはどんなワインか?
ということを追求中なので、いろいろ考えながら飲んでしまう笑

物を思わせる1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

タキザワブラン(タキザワ・白)

ワイナリーに行ったら、
そこのワインを飲むというマイルールに従って抜栓しました笑

IMG_8957

新しいヴィンテージのタキザワブラン。

ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネがメインで、
ほぼほぼ半々とのことです。

思ったより尖った感じの酸はなく、
フルーティーさも感じられて、
早飲みしても結構おいしく楽しめる。

熟成するとこれがどう変わっていくか、
というのはこのワイナリーのアイテム全てに共通するが、
わがままさは控えめで誰が飲んでも楽しめそう。

なかなかリッチな味わいのある良い白です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ヘンケル・トロッケン(ドイツ・泡)

スーパーで見つけたゼクトを抜栓。

IMG_8981

シャルドネやソーヴィニヨン・ブラン、
ピノ・ノワールを使ってるだけあって、
ドイツっぽさよりはフランスっぽさがある。

爽やかなレモンの香りと、シャキッとした泡。

ゼクトらしいとは思わないが、
ドイツの型にとらわれない泡ではあるな。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~バジル定植~

お盆は1日しっかり休みを取って、
盆明けからは除草とイモ掘り、並行してハウス建て。

てんてこまいの中でも苗は育っていく。

とりあえず台木用の25mハウスに今年はバジルを定植。

IMG_9155

スイートバジルとジェノヴァバジル、
あと少しだけルッコラと春菊なども植えてみた。

来季はハウスはブドウ(台木品種、生食用品種)と、
トマト類(メインはミニトマト、あと中玉系も少し)に絞る予定。
そのトマト定植の前などに葉物、
空きスペースでハーブ類をやりたいと思っているので、
その練習というところ。

一方、露地は面積埋めるカボチャと
単価の良いブロッコリーは続けるとして、
残りはブルーベリーとブドウ(台木品種、醸造用品種)の拡大。
あとはまだ迷っているニンニクをどうするかと、
そして家庭菜園的規模でジャガイモかな。

盆を過ぎて涼しくなり始めると、
後片付けと来季のことを考え始める。

一歩ずつ進んでいくぞ!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

マルティーニ(イタリア・泡)

夏の家族旅行は洞爺湖へ。
花火も見れたし、帰りに登別でクマ牧場も行けて、
息子もご満悦の様子でした。

IMG_8987

夜はホテルでバイキング。

IMG_8993

月浦ワインを飲みたかったが、ボトルしかないので断念。

マルティーニをグラスで700円とは、
ハーフボトルが買えそうな勢いだけど、
まぁそこは旅行なので目をつぶる笑

マスカット香と、しっかりめの甘さ。
好き放題に食べ物を選びつつ、
ほろ酔いしていくのはなかなか気分が良い。

思い出の1ページを甘く彩ってくれる1杯でした!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

コンコン クヴェヴリ2019(栗澤・赤)

原田商店の角打ち3本目。

IMG_9062

栗澤ワインズ、kondoヴィンヤード。

IMG_9063

混植区の8品種をクヴェヴリで醸し。

やや濁りを感じる雰囲気でウマイ。
ジョージアやクヴェヴリという知識に引っ張られると、
この高音のような酸は戸惑うかも。

しかしこれこそが北海道の白だと感じる。

ゆっくりゆっくり時間をかけて楽しみたい。
抜栓した後のボトルの変化という意味もあるし、
澱の雰囲気の変化ということもあるし、
それから年月による熟成という意味でも時間をかけたい。

今後も楽しみなアイテムです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!