2019年までのまとめ~モンガク谷ワイナリー~

お隣さんとのバーベキュー。
そこで1冊の雑誌をもらいまして。

2018年9月号を今さら?と思ってページを繰ると。

余市、仁木、蘭越のワイナリー特集でした!
その記事を読んで、久々にまとめシリーズを。

ばっちり紹介されているモンガク谷ワイナリーです。
2回しか飲んだことないけど、最高のワインですよ。

・モンガク谷2016

北海道ワインアカデミー、懇親会で登場したワイン。

余市のモンガク谷の白。
品種がいろいろ。
ピノ・ノワールやピノ・グリ、ピノ・ブランやシャルドネ。
ピノファミリーがたくさん使われているな。

飲んだ瞬間にびっくりする白です。
これはウマイ。

飾らないが、芯の強さがある。
複雑さもあり、余韻も長い。

うん、これはメインを張れる白だ。
鶏肉料理なんかに合わせて、
もっとも重要な場面で使いたくなる白。

さすがというしかない。
素敵な1本。

・モンガク谷2017

合わせたのはモンガク谷。
今年のクリスマス・ワインに選ばれたのは、
アカデミーでもご一緒させていただいている、
余市の新進気鋭のワイナリー。
エチケットは娘さんの作とのこと。
非常に美しい絵。
いつもならクリサワブランなどがいる、その主役の座です。
期待を込めての登場。

品種はピノ・ノワール、ピノ・グリ、ピノ・ブラン、
シャルドネ、ソーヴィニョン・ブランなど。
リンゴの香りが強くて、酸味の主張もかなりある。
それでも、果実感とさわやかさ故に、
クリスマスの油っこい料理とも合う。
これは今飲んでさわやかさを楽しんでもよいし、
熟成が酸味を丸めてくれるのを待っても良い。

いずれにせよ、発売直後の今、手に入れておくべきワイン。
恵庭の原田商店でも買えます。
 家族水入らずのクリスマスにピッタリの1本でした!
最高です。

ちょっと高めの値段設定だけど、
特別な日にぜひ!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ピノ・ノワール バレル・リザーヴ2010(アメリカ・赤)

先週から動き過ぎてて、ちょっと休息をはさみつつ。
「昼飯カップラーメンでいいや…」と思い始めてるので、
これは危険信号だと感じ、意図的に活動を抑え目に。

「カップ麺が食べたいな~」と思うことはあるし、
それは問題ないのだけれど。
食に時間を割く余裕がなくなるのは危険。
気をつけよ。

さて、2018年試飲のワインがもうひとつ。

寒冷地フィンガーレイクのピノ。
その中でも最高峰なんじゃないかと思う1本。

とても余韻が長く、蠱惑的。
タンニンも十分にあり、バランス感も良い。

長期熟成のポテンシャルもあり、
ニューワールド全体の中でも、
これはかなり上位に入るのではないか。

素晴らしきピノ。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

キュウリ収穫。あと料理。

疲れがたまっているので、今日は休息日。

農業バイトに早朝3時間ほどいったのと、
あとはイチゴとキュウリを少し収穫。

キュウリは出荷先がないので、
だいぶ取り遅れで太くなってしまった。
自家消費となります~。

生でかじると、飲食店の方にも言われたとおり、
内側に結構、甘みを感じる。

あとは清涼感があって、キュウリっぽさは薄め。

なので、綿棒で叩いて大まかに崩して、
ごま油と塩と豆板醤でおつまみ。
甘さがあるので、辛みで強弱付けると…
うん、これは良い感じの酒のつまみだ。

そして短冊に切って牛肉と炒め物も。

キュウリは熱を入れると量が食えるかんじになる。
青臭さは隠れて、甘みが引き立つので、
これはこれで軽めの赤とかと合いそう。

今後もたくさんキュウリ食べそうなんで、
ちょっと合わせてみよう~。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~バレイショ定植~

活動時間65.0時間(先週-6.5時間)
活動率162.5%(100%=週40時間)

先週はオーバーワーク気味だったので、
少し調整をかけて活動時間を減らしました。
それでも結構、動いているな…。

今週はまた雑草だらけになりつつある畑の耕起と、
用水・排水周りの草刈りが時間を食った。

その合間を縫ってキタアカリ200kgの定植。

溝はトラクターでやりましたが、
そのあとは種イモを担いでひたすら手でまく。
そして足で埋めていくという人力作戦。

ほぼ丸一日で1反ちょいを植えきりました。
いや~、時期が遅すぎるわ。

ちゃんとイモ掘りできるのかな??

あとは一雨来てくれたらな~。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

フロスト・キュヴェ2013(アメリカ・白)

アップし忘れラスト投稿。
2018年ワインアカデミーで試飲。

ハーマン・J・ウィーマーのフロスト・キュヴェ。

メイン品種はシャルドネだが、他にもリースリングやゲヴェルツ、
グリューナー・フェルトリーナー、ソーヴィニヨン・ブランなど、
まさに寒冷地の品種のオールスターのような作品。

品種からも想像できるが、非常に香り高い。
ゲヴェルツが良い仕事をしているのか、
エキゾチックなフルーツの甘い香りがする。

まるでアジアの王女様が着飾っているようだ。
エレガントな白って、こういう色気が出てくる。

素晴らしい1本でした。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

T23カベルネ・フラン2014(アメリカ・赤)

これまた2018年のワインアカデミー試飲。
アップし忘れたまま、ここまで来てました。

これまたアメリカのニューヨーク州、
寒冷地フィンガーレイクの作品。

ラモロー・ランディングのワイン。

カベルネ・フランには暖かい地方が向いている、
と勝手に勘違いしていたけど、寒冷地に合うようだ。

味わいはどちらかと言えば繊細系。
美しく、細い印象がある。

結構好きな味わいになる。
カベルネ・フラン単一、面白いな。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ピノ・ノワール2013(アメリカ・赤)

昨日に引き続き、2018ワインアカデミーのワイン。
紹介し残していたやつ。

同じくアメリカのニューヨーク州、フィンガーレイクのワイン。

やはり寒冷地ならではの素晴らしいピノ。

伸びやかで長く続く余韻が、上質のピノであることを主張してくる。
また、古木のためか、凝縮感があって説得力もある。

僕が飲んできたアメリカのワインの印象をガラッと変えてくれた1本。
ナパとかとはテイストの違う、寒冷地ならではの魅力。

北海道で栽培するなら、ここから学ぶことは多いと感じた。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ドライ・リースリング2014(アメリカ・白)

旧ブログからの引っ越しを早く終えないと…
と思い整理をしていたら、なぜかアップしていないワインが。。

2018年のワインアカデミー11月、テイスティング講座のワインです。
4アイテムくらいあるので、アップしてしまいます。

今回の講座にもあった、アメリカ、ニューヨーク州、
フィンガーレイクのワイン。

まずは最も歴史のある、
ドクター・コンスタンティン・フランクという老舗ワイナリーのリースリング。

これはびっくりするほど美味しいリースリング。
香りが華やかで、この爽やかで色とりどりの香りこそ、
リースリングの真骨頂と言える。

味わいもドライではあるがフルーティーな印象が強く、
さすがアメリカでも最も寒冷と言われるニューヨーク州。
リースリングがはまっていると感じる。

一方で、なぜ北海道ではリースリングは難しい、
と皆が口をそろえるのだろうか。
何年も不思議なままだ。

自分でも栽培して、答え(らしきもの)を探していきたい。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

クレリュス(ラングドック・赤)

日曜は夕方からお隣さんとバーベキュー。

DIYが得意なお隣さんの庭は、
どんどん変化し、立派になっていっている。
バーベキューも外だけど屋根ありライトありで、
ものすごく居心地が良い。

そんな中でふるまってもらった1本。

最近、新しく近くにできたローソンにて購入とのこと。
「GSM」の流行りのトリオ。
「グルナッシュ」「シラー」「ムールヴェードル」です。

重く、パンチがあり、それでいて優しさがある。
バーベキューのような肉々したものに合わせやすい。

これで1000円台前半はすごいコスパだな…。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

風のルージュ2015(栃木・赤)

何とか圃場周りの草刈りが完了。
ウドの大木なんかもあって苦労した。

あとはいいかげんバレイショ植えないと。
ブドウの苗も定植待ちがあと少し残っているし。
来週もがんばるぞ!

あて、今日のワイン。

ココ・ファームの「風のルージュ」。
ヴィンテージは2015。

抜栓すぐは、やや還元的なニュアンス。
嫌な感じはないが、一応しばらく待つことに。

二日目はぐっと美味しくなる。
北海道のツヴァイの魅力は繊細さ。

もともとある骨太さと合わせて、
しなやかなワインに仕上がっている。

いい感じに熟成もしてきていて、
久々に最高のワインを飲んでるという実感がある。

素敵な1本。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!