ブドウの知識~苗木作り~

北海道ワインアカデミーで山梨の接ぎ木を学んだときのまとめ。
来春からの自分の作業のことも考えて補足もしつつ。

・苗木圃場

上の写真はシャインマスカットの苗木圃場。
10月中旬の掘り取り。
機械で掘り取っているとのこと。

株間は15cmくらい。畝間は30cmくらい。
思ったよりずっと密植。
この1反の畑で5000本の植栽。
畝間は乗用モアなどで除草するなら、その幅に合わせると便利。
防除などは300リットルの動噴か、背負いの噴霧器で。
広ければSSでも可。

管理機で筋掘りして、手植え後に土を戻す。
接木部まで土を被せるくらいでよいらしい。
バレイショ(ジャガイモ)と似ているな。

自分でやるなら、
「トラクターで筋掘り→手植え&軽く土寄せ→管理機で培土」
という形式になるだろうから、
バレイショと同じ時期(遅霜後・5/20頃か)に、
同じ工程でできそうだ。

苗木は乾燥に弱いから基本的に平畝とのこと。
逆に湿潤な岡山なんかでは、高畝でうまくいっているらしいので、
そこは畑に合わせて考えていく。

マルチも現在のところ使用なし。
乾燥防止や除草のために使うのもありだが、
近年はゴールデンウィークくらいから、
気温が35度に達したりする。
マルチがあると根が焼ける、とのこと。

マルチは防草に便利だが、
マルチ敷くとなるとバレイショパターンは無理か。
来シーズンは何パターンか試してみて、
自らの畑に合うやり方を考えていくことにする。

・台木、穂木畑

台木と穂木の畑は棚仕立て。

4mくらいまでは伸ばす。
ただし、伸ばしすぎると枝が細くなるし、短すぎても太くなる。
接ぎ木は台木と穂木の太さを合わせるのが大事なので、
それを考えてどこまで伸ばすか決める。

・接ぎ木作業について
接ぎ木の際は台木を5パターンの太さ、
穂木を3パターンの太さに分けておく。
その後の合わせは接ぎ手次第。

現在はオメガ式のカッター使用が7割、
伝統的な手作業の英国式鞍接ぎが3割。

実感としては、
「機械だと組織を力で壊している感覚がある。
特にヴィニフェラ種は柔らかいイメージ。潰れやすい。」
とのこと。

山梨でのやり方では、以下のようになるらしい。


熟練の手作業で接ぐと、振っても取れないほどきっちり繋がる。
機械ではそれは無理。
現在、両方合わせて活着率は50%ほど。
1人あたり1日で1500本ほど接いでいる。

接木部はロウで固めているが、最初の葉が出た時に、
さらに葉ごとロウで固める。
ロウには殺菌剤が含まれているので、芽出しの部分も守るため。
70度のロウに葉を付けることは心配かもしれないが、
1〜2秒の浸漬で芽は死なない。
葉は1枚焼けるかもしれないが問題ない、とのこと。

注意はウイルスフリーへの配慮。
台木の更新時は必ずチェック。
怪しい親木も更新をかける。
あとは剪定時のハサミ。
これで感染することが多いので、使用前の殺菌は必須との談。

最近の傾向としてワイン用が増えてきたと話していらっしゃった。
 去年くらいに比率が逆転して、
今はワイン用が6割、生食用4割くらい。
ワイン用は、主要品種(ピノやシャルドネなど)を欲しがる人と、我々も知らないようなマイナー品種を欲しがる人と、
大きく二手に分かれている、とのこと。


台木は5bb人気変わらず。北海道は5cが圧倒的に人気。

自分の作業に活かしていく。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

G7スパークリング(チリ・泡)

余りに疲れて、帰り道で衝動買いをする。

このG7シリーズはあまり得意でないんだけど、
スパークリングなら外すことも少ないし、と思って購入。

味わいは「まさにコンビニワイン」という感じ。
1杯目は「あーシュワっとウマイ!」と思うんだけど、
杯を重ねると急に色あせて感じる。

ま、1000円以下なんだから文句言うな、という感じですけど。

ちなみに、ワインを飲んで体調悪くなることってほとんどないが、
コイツは次の日、頭が重くて飲んだことを後悔した。

いや~なんでなんだろ。
アルコール度数と関係ないような感じなんだよなー。

合う合わないの問題なんだろうな。。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

タプコプ・ブラン Z(栗澤・白)

ミニトマトはそれこそ売るほどあるので、
それを使ったトマトソースのドリアを。
トマトの水分だけでトマトソースが作れる。
あとはこれまた自家製のバジルをたっぷりと。
作り手側に回ったら、食生活は豊かになったな。

合わせたのは栗澤ワインズ・近藤ヴィンヤードの白。

本来的には少し液温を上げた方が良いんだろうけど、
とても暑い一日だったので、キンキンでサーヴ。

良い具合にこなれてきて、最初の飲み頃を迎えている感じ。

期待した通りのリッチな果実感、
それもトロピカルな香りが強く放たれていて、
このために生きてるって思わせてくれる。

北海道の野菜との相性はもちろん抜群で、
こうなってくるとまさに産地としての北海道を強く意識する。

「良いワインは旅をしない」という名言がある。
まさに北海道の風土を感じながら飲むからこそ最高。

ぜひ北海道に来て、飲んでほしい1本です。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~メークイン、とうや終了~

活動時間60.0時間(先週+1.0時間)
活動率150%(週40時間=100%)

今週はひたすらにジャガイモ掘り。
土曜の夜からがっつり雨が降る予定なので、
なんとかそこまでに外の仕事はひと段落つけたい。

とりあえず今週はジャガイモのうち、
「メークイン」と「とうや」を掘り終わり。
しかし、この2品種を合わせたものより、
2倍の広さに植えてしまった「キタアカリ」が残っている。

ざっとあと1トンくらいか…。
手掘りはキツイぜ。。。
(ディガーはタイヤ不調で修理要…)

暑い中のモ掘りでばてていると、
新たに黒ネコも応援にきてくれました。

やっぱり目つき悪いので、グラくんの兄弟かもしれない笑
スススと鉄骨ハウスに入ってくる好奇心の強さ。
また気まぐれで来てほしいもんだ。

あとは露地とハウス内の台木や苗木の誘引作業を進めたのと、
除草のロータリーかけ。

そろそろカボチャの収穫も始まりそう。
収穫の秋もがんばるぞ~。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

伝説のホップ(空知・ビール)

お盆を過ぎたら小寒くなる、というのが例年だけど、
相変わらずの最高気温29度…。

しかし週末からは大雨予報なので、
灼熱の中でバレイショ掘りやロータリーがけや、
台木の摘心などなど。

バレイショにかまけているうちに、
3年目の台木は2mを越していました。

今年は2mの支柱に垂直に誘引してしまったので、
手が届かない…。
摘心にも一苦労です。
もうちょい早めにやっておくべきだった。。

暑すぎるので今日はビール。


上富良野のホップを使ったビール。
ホップ感が強く、苦みが心地良い。

明日も早朝から収穫だし、
これくらいのアルコール度数は助かるな。

さ、寝よ…。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ランサール・ブリュット(スペイン・泡)

久々にネコ。

最近はクロネコも一緒に遊びに来る。

遠くからテクテク歩いてくるのは可愛いな笑

あて、今日のワイン

スペインのバレンシアのスパークリング。
さすがバレンシアだけあって、オレンジの香りもある。

クリアで爽やかな造り。
バランスと安定感があって、安心して飲める。

暑さを鎮める力も抜群。

デイリーに最適の1本。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

バタシオーロ・アスティ(イタリア・泡)

古くてやばいワインも好きですよー笑
とかいっていると、本当にやばいワインが集まってくるようだ。

2006年のボージョレとかと共にコイツ。

年代は分からないけれど、だいたい2005年前後とのこと。

いや~、まさか熟成させたアスティを飲むことになるとは。

抜栓、サーヴの段階からインパクトがある。
泡の気配は感じず、濃い紅茶色にびっくり。

そして暑い日に軽い泡を期待して飲んだのに、
なんとも重厚で深く、とろりと甘い。
あれ?ブランデーかな?という感じ。
まさかのアルコール度数14%だし。

まるでテンション高く部屋に入ったら、
部屋の中の皆さんは重苦しい雰囲気だった、
というような感じだったな笑

気を取り直して次の日、
正座して飲ませていただきました。

ばっちり古酒です。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

デュック・ド・シュランス(フランス・泡)

今年は北海道も暑さが長い。
残暑だな~と思ったの、北海道に来て初めてかも。

朝晩の寒暖差も大きいし、ブドウにとっては良さそう。
雨も少なかったし、今年のヴィンテージは楽しみだな。

さて、今日のワイン。

セットで購入したフランスのスパークリング。

爽やかで、とても軽やか。
それでいて最後にほんのりと苦みが残る。

夏の夜の夢のようなワインだ。
楽しく、最後は切ない終わった恋の夢だな。

火照りの残る夕方に、
昼の暑さを思い出しながら飲むべきワイン。
安いが、ウマイ。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ビンテージ甲州2019(山梨・白)

お盆に行った奥さんの実家ワイン。

農作業後の冷えた白ワインはたまらん笑

キリっと冷やすと甲州の魅力が引き立つ。
思ったよりも酸があって心地よい。

しっかり冷やしても主張してくる味わいがある。
あまり急いで飲まず、味わうことにする笑

夏の夕暮れが似合うワインです。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

営農週報~秋作がスタート~

活動時間59.0時間(先週-2.5時間)
活動率147.5%(週40時間=100%)

盆明けに直売所が休みになり、収穫がないと活動時間が下がる。

そんなジャガイモは「メークイン」がほぼ終了し、
「とうや」と「キタアカリ」の収穫に突入。

飲食店にも興味を持ってもらえたので、
来年につなげていく。

あとは自家用、おでん用の大根の播種と、
ハウスの中は春菊も播種。

あとはハウス内で養生しているブドウ苗木に支柱立てて、
ついでなので長ナスとジャンボピーマンにも支柱を。

そしてまたもやミニトマトの誘引と脇芽かき。
ミニトマトとかキュウリは確かに収穫量多いけど、
この管理作業が大変なんだよな。

あとは猫の相手くらいか笑

相変わらずのこの距離感。
もう少し仲良くなるのが来週の目標かな~笑

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!