ICHI-Cider2020(イチ・シードル)

我が家の女性陣からのバレンタインに対して、
4歳息子と一緒にホワイトデーの企画を考える。
息子は手紙を書くそうで、
苦手なひらがな(難所は「あ」ですね)を覚える練習してます。
「お父さんは何しようかな」というと、
「苦手な納豆を食べる練習したら?」と言われたので、
いよいよ人生最大の難関、納豆克服に向けて動きます。

いやしかし、これ奥さん喜ぶか??笑
ま、いろいろ考えてやります。

さて、今日のワイン。

IMG_0387

立て続けに原田商店の試飲会に出たので、
アップするワインのネタも溜まってきております。

この会は余市のドメーヌ・イチの特集という感じで、
半数以上がニューリリースのこの造り手のもの。

まずはシードルから。

余市町でとれたリンゴ「紅玉」を使用。
生産本数は600本で、地元限定発売のアイテムとのこと。

天然酵母での発酵、無濾過、亜硫酸添加なし。

味わいは爽快感があり、ついグビグビいってしまうタイプ。
のど越しが非常に良くて、味わいが後から追いかけてくる感じ。

ワインと言われたら信じてしまいそう。
アペリティフ(食前酒)として最高ですね。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。