農業読本〜こうして減らす畑の除草剤〜

この時期は本当に草との闘いという様相を呈している。
もう樹になっているブドウはまだしも、
まだ苗木の段階のブドウや、
野菜類なんかは雑草に負けてしまう。

そんなわけで除草剤も使いつつ、
刈り払い機やテーラー、手除草もやりながら、
なんとか畑の形を維持している。

そんな中で読み返したのがこれ。

IMG_8654

この本の良いところは、
除草剤の便利さ有用さも認めつつ、
それでも減らすにはどうする?というスタンスなところ。
ヒステリックに「農薬は絶対ダメ!」という本とは一線を画している。

この本のデータ(少し古いけど)によると、
雑草の有無による減収率は、
高い作物で70%、平均は30%。
つまり、草を生やすと野菜類における収入は、
平均して3割減になるということになる。

サラリーマンで年収3割カットされたら、
これはもう転職するレベル。
草を抑えることは野菜農家の重要命題というわけだ。

そして除草剤の導入によって、
昭和24年から平成2年で、
除草にかける労働時間は21分の1まで軽減されたとある。

となると、除草剤を使わないで、
年収をキープしようとすると、
21倍の時間働かないと行けない。

これはちょっと個人の頑張りではどうにもならない。

そんなわけで農家の多くが除草剤を使うわけだけど、
この本にも書いてあるが、
除草剤の散布で一番つらい思いをしているのは農家自身。
散布時に気分悪くなるし、健康被害もあるだろうなと実感する。

だからこそ、上手くやっている農家は何をしているのか?がこの本のテーマ。

ここで紹介されている吉田さんは、
除草剤を全く使わず、
他の除草剤使用農家の3分の1の作業時間で
雑草の発生を抑え、収益を上げている。

その吉田さんの中耕(カルチ)のやり方がまとめられていて、
参考になる部分が非常に多かった。

色んな知見や技術を習得して、
僕も除草剤無しの栽培を目指したいものだ。

有益な1冊。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。