2020年までのまとめ~三氣の辺~

今日のまとめ投稿は「三氣の辺(みきのほとり)」。
同じワインを3回飲んだだけですが、
一応、まとめ投稿を作っておきます。

・三氣の辺スパークリング2014
今日は受験生以外は最後の授業。
なんだかんだで、1年やってきた校舎には愛着がある。
教育というものが、やはり好きなんだろうな。

ちょっと感慨深い中で、師匠から貰ったボトル。

image

ボトルの最後の1杯ちょいを頂きました。
澱がたまっているけれど、避けずにそのまま。
やはり、エグみはない。
それどころか、澱の中こそ泡にならない泡があって。
ピリピリと心地の良い感じ。

最後にいろいろと溜まった気持ちもあって、
それはまさに澱のようなもので、
それでいてそこが魅力にも思えるような…。

「終わり」の直前というのは、そういうものかも。
本当にワインというのは意味深で、
その時だけにしか感じられないような、
そんなタイミングで飲むことがしばしばある。

今回は澱が魅力に想えるような1本で良かった。
この1年も、良かったんだろう。
もおう1年あるけど、それも良いことなんだろう。
色々と考えてしまうな(笑)

image

ともあれ、非常に良いワインです。
旅路というと酸が立つ印象がありますが、
これは酸は抑えめで、果実感がある。
駄菓子のような甘さもあるけど、嫌味ではない。

これは僕にとってはデザートワインだな。
食事の後、締めに飲みたい。
って、それはシチュエーションに流されているのかな?
最後に余韻を残す、非常に良い1本でした。

・三氣の辺スパークリング2014
さて、定例会となりつつあるワイン会。

乾杯のワインは三氣の辺です。
(全員の集合を待たないあたりが我々らしい)

image

サーブした瞬間から感じられる、旅路のニュアンス。
甘いキャンディー香と酸の雰囲気。
うーん、暑い夏の乾杯ワインとしては、
これにまさるものはないでしょうね…。

最近、旅路という葡萄には非常に興味がそそられる。
甲州、マスカットベーリーAに引き続き、
北海道の地の海産に合うブドウ品種として、
もっと注目されても良いと思うんだけど。

ラブラスカに特有の香りも、魅力でしょ。

image

ちなみに、旅路は濁りが効いている方がウマイ。
タニックなニュアンスが出て、そこが甘い香りと、
そして軽いタッチの酸と絶妙のギャップを生み出す。

北海道のワインの、そういうところに惚れるんだよな~。
ぜひ、ビン底を楽しんでください。
いや、フェチとかそういうんじゃなくて(笑)
きっと、上澄みの澄んだ味わいよりおもしろいですよ。

いや、ほんとに。

・三氣の辺スパークリング2014
さて、木村農園さんと道を挟んで向かい側。

image

地図で見ると分かりやすい。

image

ちょうど右下の木村農園さんと向かい合わせですね。

コイツはワイン会でついこの間、飲んでいるんですけどね(笑)

image

これまた香りがものすごく魅力的な1本。
時間と共に、泡もきめ細かくなっていっているとのこと。
たしかに、ちりちりっとした雰囲気が心地よい。
香りも味わいも、旅路の魅力がいかんなく発揮されている。

雰囲気としては、太陽が出てたらぴったりだろうな~。
熱中症にならない曇り空は体に優しかったけど、
コイツを飲んでる時だけは熱い太陽が欲しいな~(笑)

また飲んでしまうんだろうな~。やみつきです!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。