営農週報~出荷、除草、防除~

今週でようやく接ぎ木の苗木はひと段落。

当年苗をご希望のところへはポットで。
あとはハウスへの仮植も完了して、ひと段落。

今シーズンは数は大幅に増えたものの、
成功率が大きく下がったことが課題。

大きなトンネル温床の温湿管理をミスったか。
来季は温湿計の数を増やして、
場所におけるブレに注意を払いたい。

また、野菜はキュウリとピーマン、春菊を出荷。

当然、出荷前には味見も。

ピーマンはバーベキューで丸焼きにしましたが、
これはなかなか美味しかった。
炭火で焼くと種ごと食えてしまう。
甘くてトロけてウマイ。
自信をもって直売所出荷。

あとは台木畑のテレキ5Cが虫の食害を受けたり、
ブロッコリーにはアオムシも。

草はその勢いを最大限に盛んにしてきているので、
これも抑え込まないといけない。

ほっと一息つけるかと思ったが、
やることは無限だな。

しっかり日誌をつけて、来シーズンに活かす。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。