シャトー・レ・ランド・ド・カシュ(ポイヤック・赤)

頂き物のワイン。

先入観というのは恐ろしい。
「クリュ・ブルジョワ」という言葉に引っ張られた。

抜栓直後の香りから力を感じる。
味わいもまさにこれぞボルドー。
重すぎないが、果実味の主張は抜群。

舌を巻くほど美味い。

余韻も長く、スモーキーさやスパイシーさも。
これまで知らなかったのが残念になるほど素晴らしい1本。

これはたまげた。
脱帽です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。