ブルゴーニュ・ルージュ2016(ルイジラール・赤)

奥さんの実家ワイン。

ACブルゴーニュ。
ここに来てピノ・ノワールの登場。
あまり肩ひじはらない感じの赤。
ファーストタッチに酸が立つので、
少し時間を置いてからがよいかな。

やや堅さが残ったままだし、余韻が切ないほど短いが、
ゆるゆると飲むとだんだん魅力が出てくる。
ちょこちょこ色々つまみながら飲む。
そんな正月には良い感じの1本でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。