ロイ・シャルル2012(カスティヨン・赤)

奥さんの実家ワイン。

右岸らしく、メルロー主体(75%)で、カベルネ・フラン(20%)とカベルネ・ソーヴィニョン(5%)。

飲み始めは少し硬い。。

香りも薄いし、あれ?という感じ。

しかし、食事しながら空気に触れさせて、少し待っているとあっさり開く。

ベリー感が出てきて、余韻も長い。

なかなか印象的でチャーミング。

バランスが取れてくれば、ステキな赤です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です