北海道興農社様とコンサル契約を結びました。

表題の通り、ワイン用ブドウの苗木作りにおいて、
「北海道興農社」様と2/1よりコンサル契約を締結しました。

「北海道興農社」様(以降、敬称は略させていただきます)は、
【「北海道空港株式会社」様の関連会社で、】
空港内の「ワイン&チーズ」のショップなどでも
ご存じの方もいらっしゃるかと思います。

(*事実誤認があったため、【 】内を元記事から変更しました。)

IMG_0362

ここで新規事業として「ワイン用ブドウの苗木」を扱うべく、
これまでの自分の知見と経験を提供し、
より大規模に苗木作りを行っていくことが目的です。

クリーンベンチなどのバイオテクノロジー関係の施設もあり、
ウイルスチェックやウイルスフリー化も自社で行うことが可能です。

花卉の苗木販売を行ってこられた歴史もあるので、
暖房設備のあるビニールハウスやプールベンチも備えています。

これにより接ぎ木できる期間も長くなり、
個人を超えたレベルでの苗木生産が可能になると見込んでいます。

常駐というわけではなく、
取締役となった「フロンティア・バレー」での
ワイン用ブドウ栽培も行いつつ、
また自園での台木の増殖、苗木生産も続行しつつ、
育種も含めて新たな取り組みを広げていく所存です。

今年はまだウイルスフリーの台木4種40株の育成と、
接ぎ木、育苗、ハウスでの養生の実験段階ですが、
2023年よりウイルスフリーでの苗木生産を開始する予定です。

より優良で、クローン指定が可能なウイルスフリー苗を、
数万本単位で大量生産していくことを目標にします。

まだ第一歩(未満?)ですが、
この取り組みが北海道のワイン産業の発展の、
かけがえのない礎になることを祈りつつ。

まずはご報告です。

今後の取り組みもこのブログを通して、
随時、発信していこうと思います。

SNSも含めて、ワイン用ブドウ苗木に対して、
数多くの問い合わせをいただいています。
そのすべてに対応するべく、全力で取り組んでいきます。

今後とも、よろしくお願いします!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。