ワイン読本~ジョージアのクヴェヴリワインと食文化~

最近、kondoヴィンヤード、藤野ワイナリーと、
クヴェヴリのワインとよく出会う。
そうやって興味を持っていたところに、
コーチャン・フォーのワイン本の棚でコイツを発見。

2017年4月発売の、割と新しい目の本です。

IMG_5221

かつてグルジアと呼ばれ、今はジョージアと呼ばれている、
黒海沿岸の国で作られる、伝統的なワインの本。

ジョージアでは一般家庭でワインを造る人も多い。
(その辺、酒税法で酒造りを禁止している日本とは違う)
造り方も伝統的なクヴェヴリと呼ばれる地下に埋めた甕(かめ)に、
秋に収穫したブドウを入れて密封、春まで置いておくというもの。

つまり、完全に自然任せの醸造方法。
現在、ジョージアで活躍するワイナリーの多くも、
極力人工的な作為を排除した造りになっているらしい。

IMG_5302

写真も多く使われていて、非常に参考になる。
上の写真なんて、kondoヴィンヤードとの共通点も多いな。

そして、ジョージアでは、クヴェヴリと呼ばれる甕も手作り。

FullSizeRender

この甕を庭の片隅に埋めて醸造している人もいる。

家畜を放して、そのウマなりヒツジなりが寝た場所に埋めるとのこと。
湿ったりしない場所を本能的に選ぶからとか。
面白い造りをしている。

この造りを取り入れる人が、
イタリアを始め、世界でも増えてきているらしい。
日本でも先ほど触れたkondoヴィンヤード、藤野ワイナリーの他に、
山形のグレープ・リパブリックなんかも導入を検討中。

最新の潮流として、非常に面白い。
一読の価値がある本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。