栽培の知識~芽かき~

これまたワインアカデミーの講義より。

雨が止んだら今度は「芽かき」の実地研修。
班に分かれて、鶴沼ワイナリーのスタッフに指導して頂く。

IMG_5491

ここは片側水平コルドンで仕立てられている。
ロンドという品種で、短梢剪定。
こぶしの大きさに2芽を残す1度目の芽かきを実際に体験。

ポイントとしては…
①なるべく上の芽を落とす(フルーツゾーンを下へ)
②弱く、成長点が無いor弱いものを落とす
③同じところから2芽出ている場合は1芽に
④両サイドとのバランスを取る

ま、一言で言うなら「バランス」と言うことに尽きそう。
来年の樹形をイメージしながら(僕はできないけど…)、
美しくなるように芽をかいていく。

今回は短い時間だったので「習得」とまではいかなかったが、
大体、一日作業したら感覚が身につくらしい。
どこかでもっと練習したいな~。

なごりを惜しみつつ、次の目的地へ。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。