ミュラートゥルガウ2018(ふらの・白)

年々レベルが上がっていると感じる「ふらのワイン」。

2018ヴィンテージを試飲。

国産ワインのコンクールでの受賞歴もあるというが、

それも頷ける正統派、王道のワイン。

ミュラーらしさというものが強く感じられる。

爽やかで軽快でクリアな造り。

僕が飲み始めた頃は甘い印象が強かったが、

意識潮流に合わせてか、辛口アイテムが多くなっている。

これが1000円台とは驚き。

道産ワインのデビューに最適な1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。