チリンギート・コヴェ2018(チリ・赤)

奥さんの実家ワイン。

量販店にて数百円で購入とのこと。

ファーストタッチはヨーロッパの、

王道カベルネ・ソーヴィニヨンに似せてある。

おっ!と思うところもあるが、

味わいが平板で奥深さというか立体感はない。

しかし値段が数百円ですからね。

ポテチとかジャンクなものと合わせても大丈夫。

その気楽さは素晴らしいな。

もはや「ワインは高い」という時代は終わったな。

そういう意味で、チリの果たした役割は大きい。

なんだかんだ言って、飲み進めてしまう1本です笑

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。