おたる醸造ミュラートゥルガウ(北海道・泡)

千歳のイオンで見つけてきた1本。

うちの近くのスーパーでは、このミュラーは売ってない。
ナイヤガラはあるけど。

一期一会に感謝して購入してきました。


味わいはナイヤガラよりドライ。
ややツーンとした雰囲気すらある。
女性モテは捨てているが、
その分、本格派にはこちらの方が受けそう。


似たアイテムにバリエーションがあると、シチュエーションによって使い分けられる。
汎用性の広さはナイヤガラだろうが、ここぞというときにこのミュラーも使えそう。
個人的にはミュラートゥルガウのイメージが、良い意味で変わりました。
もっとアロマティックで、ゆるいイメージ、
個性は薄く、印象に残りにくい品種、というイメージがあったけど、
こいつは違うぞ。
爽やかで力がある。
これでいくんだという確固とした意思を感じる。
冬のスパークリングとして最高だな。
眼から鱗の泡でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。