ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ(ロワール・白)

晩酌ワイン。

シャトー・ド・ラ・ラゴティエールの作品。ヴィエーニュ・ヴィーニュでシュール・リー。

ミュスカデは比較的日照を必要としないことと、
海鮮との相性がとても良いので、注目している品種です。

この白も、爽やかで酸が美しい。
それでいてパワーとコクがあるのは、古木だからか。
これは良いな。値段も高過ぎなくて、好感度高い1本。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です