ニアシュタイナー・パターベルク2014(ドイツ・白)

本日のナイトキャップ。

北海道で使われるドイツ系品種の、本場の味わいを知ろうと思って。

第1弾はミュラートゥルガウ。

早生品種の筆頭格で、余市なんかでも多収を誇っている。

日本のミュラーは、ややもすると軽く見られがち。

しかし…このドイツのミュラー、これは驚いた!

アルコール由来のパワーは低い(9度)が、酸が骨格を作ってる。

それがミュラー独特のアロマティックさと、様々なフルーツの香り、そして芯にあるキレイな酸。

これはびっくりするほどエレガント。アルコール度を思い切って低くしている印象。

太陽を多く必要としない造り。

アルコールによるパワーを期待せず、エレガンスを引き出す。

うーん。

これはまいったな。

ミュラートゥルガウを見直した1本。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です