アルモノワール2018(余市・赤)

これまた余市視察の際に、道の駅で購入。

今年、苗木も育てたアルモノワールを知りたくて。
アルモノワールはカベルネ・ソーヴィニヨンと、
ツヴァイゲルトレーベの交配品種。

IMG_1446

それを単一でワインにしたアイテム。

IMG_1447

生産者は余市ワインですね。

味わいは、かなり強靭な酸とタンニン。
どちらかというとヤマブドウの血が混ざってるのか?
と思わせるような力強さです。

これは10年単位で熟成させて、
角が取れて円くなってからが飲み頃かな。

思いのほか、長熟させる品種なんですね。
いろいろと知れて良かったな。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。