ドルンフェルダー2014(月浦・赤)

たまたまお好み焼きセット(粉とソースとモチ)をもらったので、
唐突に晩御飯はお好み焼きに。
関西人としてはお好みには一家言あるので、
「ふん、お好み焼き粉なんて」
と思って使ったことなかったのですが、
いや~、使ってみるとさすがに美味い…。
まいったまいった。

さて何を合わせるか、と考えた結果、
月浦のドルンフェルダーにしました。

ヴィンテージも2014で良い感じ。

このドッペルゲンガーみたいなエチケットも好きなんだよな。

なぜコイツかというと、
やはりお好みソースの野蛮なくらいの主張の強さ、
それに対抗していくには少々野卑なくらいな力を持つ、
豪快な品種で合わせたいから。

そして今回のお好み焼きの具は豚とエビ。
力強いだけでは具の良さがかすんでしまう。

その点でこの月浦のドルンフェルダーなら、
どことなく静けさも感じられる大人の雰囲気もある。

だからぴったりくるんじゃないかと考えたわけですが、
予想通りの相性で抜群に美味かった。

それにしてもこのワインは7年を経てもまだまだ元気。
もっと熟成させても良いくらいだな。

素晴らしいポテンシャルを秘めた1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。