旅行記まとめ~東北ワイナリー巡りの旅~

2016年に行った、東北地方への車の旅のまとめです。
最終目的地は日本におけるブドウ苗木の聖地、山形県。
札幌→函館→フェリーを使って東北回って帰ってくる。
そんな旅でした。

・1日目
札幌~函館~青森の行程。
まずは札幌から洞爺湖を経由して、太平洋側のルート。

長万部を通り、函館。
札幌を朝の7時に出発して、函館13時着。
目的は農楽蔵さんですね。

この日はちょうど直売の日で、ワインも買えたわけですね。

その後、ルート的には少し引き返して、
七飯町の「函館ワイナリー」さんへ。

image

そしてフェリーで一路青森へ。
青函海峡を3時間40分かけて渡る。
雑魚寝のスタンダード・ルームが懐かしい感じ。
学生時代に、同じようにして中国に行ったことを思い出す。

青森到着が21時10分。
車をどこに停めたか忘れてさまよったけど(笑)
なんとか無事に到着。


・2日目
さて2日目も朝7時に出発。

秋田のワイナリーは有名なのが2つ。
このはなワイナリーと天鷲ワイン城。
このはなは青森から近すぎて、10時の開店を待つと山形に行けないので断念。

まずは目的地を天鷲ワイン城に設定。
4時間ちょいの行程…。

なんとプラムワインがメインでした…。
ショックすぎる…。

image

戦隊モノのヒーローが醸造行程を説明してくれるという笑

あ、でも景色は最高に良かった。


その後、間に合うかギリギリだったので、
この旅初の高速道路を使って移動。

16時半に南陽市に到着。
実に9時間半かかりました…。
つ、疲れた…。

最後、「メガシャキ」まで買って乗り切ったもんな。
最近、仕事でも飲んでないのに笑

image


そこまでしたのは、このイベントに間に合わせたかったから。
(そのために今日明日の2泊は、このワイナリーの裏のホテルを取った笑)

image

羊が旨かったな。
このワイナリーの葡萄畑で、
長年飼われていた羊を屠殺したとのこと。
とても美味しかったです。合掌。

image

白のグラスはシャルドネ。
樽がかなり効いてる。バリックかな?
好みが分かれそうだけど、
僕は樽香のある豊満なシャルドネは好き。

もちろんクリーンでシャープなシャルドネも好きだけど。
シャルドネは、この七変化っぷりが言わば個性ですね。
しかし、この酒井ワイナリーは当たりだ!

お婆ちゃんが色々、葡萄栽培さについて教えてくれて、勉強になりました。



・3日目
苗木屋を訪問後、山形の最大手、高畠ワイナリーへ。

image

さすがの資本力。
「見せる」技を持ってる。

image

プロモーション・ビデオもあったり、
まさにテーマパーク。

image

観光バスも来てる。
文句なく山形最大。いや、東北最大か。

image


葡萄の植木鉢も。親近感がわくな。

image

ダブル・グイヨかな?
試験栽培の農場も同じ仕立て。

image


続いて福島県のワイナリーへ。
って簡単に言うけど、山形県南陽市〜福島県二本松は、
グーグルマップで1時間半の行程。

「1時間半なら近いな」って行くことを決めたけど、
感覚がマヒしてるな。
往復3時間は近くない笑

image

福島農家の夢ワイン。
山ソーヴィニヨンがメインらしい。

image


最後は、もともと日本酒メインの浜田さん。
小売してないのに、親切に話をしてくれて、
端数切って売ってくれました涙

国産ワインブームで、
最近は品評会でもワインだけ売れて帰ってくる、
なんてこともあるそうです。

励ましてもらいました。
がんばります!


・4日目
やたら「芋煮会できます」という看板を見つつ移動。
東北では「芋煮会」がバーベキュー的ポジションなんだろうか?)

image


そんなこんなで、仙台の端、秋保ワイナリーに。
宮城県で唯一のワイナリー。去年2015年にオープンしたて。

image

横にはブドウ畑も。まだ若木ですね。
全体に傾斜は緩いけど、森の端は角度が付いているようですね。

image

印象に残ったのは、ワイナリーのお洒落さ。
(あと右下に写っている「ルンバ」的な自走草刈り機)

image

お洒落なカフェも併設。

image

そしてお手本のような植木鉢と葡萄樹。

現在はワインはなくて、シードルだけ販売中。
今後、アイテム数も増やしていく予定とのこと。
雑貨やアンチョビなども売っていて、結構楽しめた。
店員さんの接客もあか抜けていて、スマート。

image

「ワインベーコンのサンドイッチ」というのもあったので、食べてみることに。
シードルの袋とアンチョビの袋、そして後ろはブドウ畑。
何から何まで洗練されてます。梅田や札幌にあってもおかしくない。

パンハカンパーニュかな。とても美味しい。
揚げナスが入っていて、トロリとした感触が良い。
ビネガーが効かせてあって、良いアクセント。
ああ、これ絶対にワインに合うわ。

そして、カフェでコーヒーを頼むと、必ずふたが付いてくる。
ワインの香りを邪魔しないようにという配慮らしい。
うーん、ワイン好きにとってはたまらない気配り。

帰り際の風景。
すごい高低差がある地域で、山の上の温泉旅館を見上げるような位置。

image

今後が楽しみなワイナリーでした!


さて、ここからが大変。
14時半に仙台を出て、岩手に向かう。
もはや高速を使っても、夜中になる計算。
というか、17時に閉まるワイナリーがほとんどだと思うのだけど、
間に合うのだろうか…?


で、一路、岩手へ。
田舎の風景が、なんだか懐かしい。
北海道とはやっぱり違うね。
山に囲まれた集落が多い。

image

で、エーデルワインに到着!
なんと、17:07に到着で、売店は閉まっておりました…。残念。

image

いや~、でも、この大迫という土地は葡萄の里らしく、
アーケードなんかも葡萄の葉が茂っていたりして、楽しい雰囲気。

image

ちょっと意味はよくわからなかったけど、
「ぶどうの湯」なんてのもあるし(笑)

image

あとは道沿いに葡萄の樹も植わっていて、
「リースリング・リオン」とか札がかかっている。
写真には撮れなかったけれど、勉強になりました。

ここが間に合わないということは、他のワイナリーももはや時間切れ。

image

夕焼けに(文字通り)黄昏て、高速道路で青森へ。
結局、ホテルに着いたら22時過ぎ。
およそ11時間ほど運転しました。岩手周りは遠いわ。

このブログを更新するつもりでWi-Fi のルーターをフロントで借りたが、
もはやそんな体力も残っておらず。
ワインも飲まず、爆睡…。

いや~、今から読み返してもよく回ったな(笑)

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。