ルイ・ド・ペラン(ボルドー・泡)

冬が来るのかと身構えていたが、
ここらでふわっと暖かい日が続いている。

家の中もセントラル・ヒーティング(全体暖房)は使わず、
薪ストーブだけ朝晩焚けば十分すごせる。

この時期が一番、薪も消費量が多いんだよな笑

さて、今日のワイン。

今日も瓶内二次発酵のスパークリング・ワイン。
今回のはボルドーのクレマンです。

全体の印象で比べると、
僕は昨日飲んだスペインのカバよりも、
今日飲んだボルドーのクレマンの方が好き。

しかし、単体で比較するなら、
価格帯は似ているが昨日のカバの方が喜びがあったな。

コイツは柔らかさがあるが、個性にやや欠ける。
ガツンとはいかないタイプ。

食前というよりは、やや食中・食後よりか。

食べ物の余韻を消さないという魅力はあるので、
今度はあっさりした食事などと合わせてみようかな。

海鮮の鍋などどうだろうか。

あ、鍋を食べたくなってきたな笑

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。