エール・ド・リューセック1994(ボルドー・白)

やることがたくさんあって目が回りそうな日々。
「握手」のルロイ修道士が言う通り、
「困難は分割せよ」だな。

おちついて、ひとつひとつ片づけていきます。

さて、今日のワイン。

落ち着くための古酒。

R(エール)・ド・リューセックの94年。

若いころのこの造り手のワインも瑞々しくてよいが、
これくらい落ち着いてくる年代もまた違った魅力がある。

様々な経験を積んだ、老齢の紳士をイメージするな。
優しいほほえみの後ろに、頑固な芯を感じる。

激しさを内包した静けさ。

うーん、これぞ古酒の魅力。。。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。