ノボリのケルナー2019(10R・白)

ちょっと日が経ってしまいましたが、
奥さんの遅めの夏休み最終日前日のパーティー。
畑の野菜をたっぷり使った夏野菜ピザにて。

こいつは夏の定番になりそう。
材料代がほぼナシで作れる上にウマイ。
そして何より、北海道の野菜は北海道のワインに合う。

合わせたのは10Rで醸造された、余市のケルナー。

「余市町登」産のケルナー使用ですね。

ケルナーは華やかな香りを振りまくのが特徴だが、
こいつは「わずかに香水をつけている」くらいの香り方。
ふとしたときに「あ、ケルナーだな」と思う。

それが上品で、魅了される。
10Rでもっとも驚かされるのは、このケルナーの造りだと思う。

他のワイナリーでも「そこそこ」のケルナーはあるが、
ここまでその魅力を引き出しているワイナリーは、
世界広しといえども他にはあるまい。
(本家のドイツを含めて)

これは出会えてよかったワイン。
そしてうちの野菜と合わせられて良かった。
幸せなひとときでした。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。