ヴァイスブルグンダー2016(鶴沼・赤)

果実酒研究会の試飲ワイン。

ヴァイスブルグンダー、つまりピノ・ブランですね。

ピノブランそのものが、割に厚みのある白を生み出すイメージがあるが、
これは北海道らしくシャープな雰囲気。
それでいてトゲがあるとは感じないのは、
樽の使い方だろうか。

これはかなり美味い白です。
限定で手に入りづらいのが残念ですが…。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。