エスパス・ロゼ(チリ・ロゼ泡)

「息子が風邪をひくと必ず感染る」というジンクスどおり、
ばっちり今回も風邪をもらいました…。
インフルではなかったので、なんとか2日で回復。

やれやれ。

さてさて、今日のワイン。

しばらく暖かい日が続いた頃合いに開けたワイン。

見た目で判断して、
「甘くて癒し系のワインかな~」と思いつつ、
開けてびっくり、意外とドライな口当たり。

値段(1000円台半ば)とは裏腹に、
なかなか高級感を感じることのできる泡。

それもそのはず、チリでも冷涼な地域での、
ピノとシャルドネを使用とのこと。

甘く癒してもらおうかと思ったが、
ピシリと手厳しくいかれてしまった。

望んだものとは違うが、
しかし期待には応えてくれた。

そうだよな~。
甘いばかりが優しさではないものな。

安いが侮れないロゼ泡でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。