生食用ブドウ栽培研修。

今週は内容の濃い1週間でしたが、

中でもハウス内での棚仕立てのブドウの管理作業は勉強になった。

以前からワイン用だけでなく、生食用の栽培も学んだ方が良い、

と複数の方から言われていたので、やってみたかったことのひとつ。

やはり栽培体系が確立されているし、原理原則が学べて有意義。

(ワイン用は試行錯誤の部分も多く、そこが魅力でもあるのですが)

今回は副梢の整理。

ポイントは葉面積を適切に保つこと。

下からのぞいてこれくらいになる感覚。

まだまだ僕にこの感覚は無いので、

ここは何芽残し、などと小まめに指示をもらいながら作業。

1日やっていると、少しずつ枝の出方や実のなり方が見えてくる。

作業の合間にポイントを図で説明してもらえたりもするので、

本当に勉強になった。

何度か通って、ブドウの基本を身につけて行きたい!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です