営農週報~木箱と余市探訪~

ややタイムラグがある感じがするけど、
木箱+バーミュキュライト(オガクズの代わり)での、
接ぎ木苗の結果発表を。

IMG_1417

さすが、伝統的な手法だけあって、
カルスの形成も発根も優秀だわ。

IMG_1419

うまくいくと、接ぎ部のカルスはもうボコボコ。
一方で、長さがそろっていないと…

IMG_1418

こういうことになってしまう。。。
やはり良くも悪くも職人の技なんだな。
大量に、それこそ1万本以上を作っていこうとすると、
なかなかキツイものがあるように感じたな。

今後に生かします。

さて、そして余市も訪問してきました。

IMG_1430

相変わらず美しい風景。

IMG_1423

そしてレジェンドたちの畑も見せてもらいました。
ベテランの作り上げる風景は、
やはり完成度が高くて見とれてしまう。

そしてたまたま偶然の出会いが2件も。
こういうことがあるから、
外に飛び出していくのはやめられない。

なるべく時間を作って、
自分の畑から飛び出ていく派だな。
賛否あると思うけど。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。