4月まとめ~仮植え、そしてハウス準備~

4月も終わりを迎え、接ぎ木は完全に終了。
結局、今年の接ぎ木数はトータル5686本。
挿し木も合わせると1万2972本。

接ぎ木の成功率(カルスOK、展葉OK)で50.9%。
カルスはOKで発芽がまだの経過観察含めると86.9%。
(枯死率は13.1%)

今年の成功率はこの間の50.9%~86.9%の間になりそう。
あとはハウスでの潅水や温度管理を間違わないようにやっていく。

来年以降、早期に1万本の苗を作るという目標の、
瀬踏みとしてはまずまずの成果と言えそう。

一方で、恵庭市北島の方もビニールハウスの準備を進め、
1号棟(二重ハウス)では根域制限の中玉トマトとピーマン、
3号棟、4号棟(共に33mハウス)は、
挿し木苗の養生畑になりました。
そして2号棟(50mハウス)はミニトマトの準備が進み、
この後5号棟(50mハウス)を完成させ、
これもミニトマトの準備ができれば、
早い作型のミニトマトは準備完了。

あとは建設中の6号棟~8号棟(50mハウス)を完成させて、
9号棟(50mハウス)を一から建てるのが間に合うか。
これで遅い作型(短期採り)のミニトマト分も完成。

最後の10号棟は今年中に完成させ、来季使う、
というくらいの気持ちで行きます。

収穫始まる7月までにまだまだやること満載。
がんばります!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。