近藤ヴィンヤード スパークリング2015(近藤・泡)

そろそろブロッコリーの定植がやってくる。
植える前に、外の気候に慣れさせる順化させないと。
全ての育苗箱を手で運び出して、夜に戻すのは手間がかかる。

細かい作業のひとつひとつに頭を使う。

頭こういうを使うとワインが飲みたくなる笑

多分、今がベストだと思う、
kondoヴィンヤードのスパークリング2015。

最近、立て続けに泡ばかりを飲んでいるけれど、
これは別格の美味さだ。

世界のスパークリングの中でも、
コイツはトップのキュヴェだと感じる。

泡の息が長く、きれいな酸とコク。
わずかな苦みが複雑さを演出し、
奥には果実の凝縮感をしっかりと感じる。

軽い泡というのも癒しをくれて良いけど、
やはり骨格がはっきりしている泡は力をくれる。

こういうのが大好きなんだよな~。
素晴らしい。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。