ピーロート1972(ドイツ・甘口)

雨前になんとかビニールも張れて、
去年よりは作業が進んでいる実感がある。

定植ラッシュを迎える前に、しかり準備してしまおう。

さて、今日のワイン。

頂き物の古酒。

アウスレーゼだし甘口だし、
こいつはまだ元気なんじゃないかと期待して抜栓。

しかし意外にも完全にすっぽ抜けた感じになっていた。
酸と甘さのバランスが崩れていて、だらけた感じ。

ここまでの古酒の経験はあまりないので、
これがこのワインのポテンシャルなのか、
それとも保管状態が悪かったのかはわからない。

ともあれ残念な結果に。

それでもチビチビと消費していきます。
誰かが頑張って作ったものだからな。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。