ピノ・ノワール2018(アルザス・赤)

ハウス建てがひと段落したら、休む間もなく畑の耕起。
それと同時に接ぎ木作業もスタート。
春から休む間もなく、という感じだな…。

さて、今日のワイン。

北海道との共通点が多いと感じるアルザス。
1000円台のピノということで購入。

味わいは北のエリアとは思えないほど、
酸は前面には来ず、果実味がアピールしてくる。

凝縮感もあり、ブラインドならまずアルザスとは思えない。
どういう造りしているんだろ。

だれにでも美味しいと思わせるような、
分かりやすさがある。
すごいな、コレ。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。