ビズ2019(ロワール・赤)

ここにきて車の不調が立て続けに。
奥さんの冬タイヤが滑りやすくなってきて交換し、
次は自分の車のパワーウインドウがちゃんと動かなくなり。
やはりそろそろ限界か…。
しかし農業スタートの年、余分な金を使うわけにも。。。

いろいろ考えなければならないことが多い。

さて、今日のワイン。

これもロワールのドメーヌ・モスのワイン。

ビズ(挨拶の軽いキス)という名前通り、
軽快なタッチで小さい女の子をイメージするワイン。

2019でこの感じだと、僕の経験的には早飲みかな。
この明るく軽いタッチを楽しむ感じ。

官能的ではないけれど、
始めて紹介された友人の友人とのビズという感じ。

イチゴか赤いスグリのような甘酸っぱさ。
シチュエーションを合わせればハマりそうな感じ。

試飲会で立て続けにいろんなワインの中で飲むと、
印象が薄く感じてしまう気がする。

単独で付き合ってみたいワイン。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。