映画「ウスケボーイズ」鑑賞

アマゾンプライムで無料になってだいぶたちますが、
ようやくウスケボーイズの映画を鑑賞。

本の方は読んでいるのでイメージはありましたが、
実際のブドウ畑の映像とともに見るとまた違いますね。

かつて本で読んだときは麻井宇介氏の生き方と言葉に感銘を受け、
その後、著書を購入して読んだわけですが、
今は当時と違い、農業でのスタートが決まり、
苗屋として一人前を目指しているところです。

ころです。そういった状況でこの映画を見ると、
とにかく若い生産者たちの不器用な生きざまが、
今の、そして少し先の自分と重なってしまう。

もしかすると、農業で失敗するかもしれない。
それがリアルな感覚で伝わってきてぞくりとする。

思わず漫画「バガボンド」のワンシーン、
宮本武蔵と吉岡清十郎の斬りあいでの、
2人の内面描写のシーンを思い出した。

どれだけ強くても、恐怖はある。

それでも前に進めるかどうか。
それが大事。

不安は多いが、前に進まないとな。

未来に希望を持てるこの映画を見て、
ぞくりと恐怖を覚える人が何人いるのだろうか笑

ともあれ、面白い映画でした。
ぜひ時間を取ってゆっくり見る価値ありですね。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。