「彼は誰時」2019(長野・赤)

夜温が急激に下がり、ハウスの果菜類の生育が鈍ってきた。
昼間は暑いくらいなんですけどね。
そろそろハウスの片づけも視野に入れていかないと。

さて、今日のワイン。

長野のメルローは美味い。

こいつはメルロー的なやさしさよりも、力強さを感じる。
「雨が多く、完熟を待てなかった」とのコメントだが、
そうは思えないほどしっかりとした力を感じる。

確かに粗削りな印象もあるが、
なかなかに魅力的な赤。

どんどん美味しい日本の赤が出てくるな。

素晴らしい。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。