営農週報~トマト収穫開始、視察受け入れ~

二重ハウスを改造して、根域制限の中玉トマトとピーマンを。
4月に苗の状態で定植して、そろそろ赤く色づき始め。
とはいえ、まだ1日に3個~6個くらいしか採れないので、
出荷はせずに息子のおやつとなっております笑

IMG_1605

4月上旬、氷点下になる日がないと確認すれば、
この二重ハウスでミニトマトなどスタートできそう。
来年以降の参考にしておこう。

そしてもう一点。
今週は北海道興農社の育苗の様子を、
JVA(日本ワインブドウ栽培協会)の代表理事、鹿取みゆきさんと、
10Rワイナリーのブルース・ガットラヴさんが見に来られました。

自分のやっていることを偉大な先輩方につぶさに見られるのは、
自分の部屋を見られるくらいに緊張するし、恥ずかしかったな笑

至らない点などいろいろあったかもしれないが、
苗木の取り組みに関しては同じ方向性にあることを確認できた。

打ち合わせも含めて実に2時間近くの滞在。
今後のことも含めてたくさん話ができて良かった。

今後に生かしていく。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。