モンケルン2020(モン・泡)

接ぎ木に鉢上げにとバタバタしていて、
ようやくミニトマト(ラブリー藍)の播種1000粒を実施。
結局、去年と同じタイミングで撒く。

早め早めで動こうと思いつつ、ブドウが優先になりがち笑
ま、仕方がないか。

さて、今日のワイン。

IMG_0286

ささやかな宴で手土産として飲ませてもらいました。

IMG_0287

これを泡と呼ぶか白と呼ぶか。
泡はきめ細かいというよりは、儚いという感じ。
少し濁りを含んだ造りで、
苦みが全体を引き締めている印象。

ビールの後に飲むと、やや印象が弱く感じる。
これは何をおいても真っ先に飲むべき泡だな。

とはいえ、気持ちを上げてくれるワインであることは間違いない。
次は乾杯に使うようにしよう。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。