リッカ シャルドネ2020(宝水・白)

鹿肉を分配したら、お返しがたくさん来ました。

そもそもタダで採らせてもらったブドウを配って、
それが鹿肉に化けて、またそれがリンゴやお菓子になる…。

これぞ現代版のわらしべ長者。。。
ありがたくいただいて、またおすそ分けを考える、
という幸せの無限ループです。
こういうの楽しいな。

さて、今日のワイン。
「小料理なごみ」さんでの発起会のラストワイン。

IMG_9585

最後に出てきたのが宝水ワイナリー。

リンゴの香りやオレンジピールの爽やかな香りがある。
非常に優しい雰囲気が余韻として長く続くのが魅力。

それでいて酸や渋みがあるので、骨格もしっかりしている。
何よりもこのキレイな酸は北海道らしさを感じる。

それを多彩な大将の料理と合わせていると、
なんとも幸せな気持ちになる。

次は料理の写真もアップして紹介していきたいな~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。