ピノ・ノワール2017(イレンカ・赤)

秋になれば体が楽になるかと思いきや、
ハウス建てに片づけ、ブドウ苗植えと、
肉体労働ばかりで筋肉がバリバリいってる苦笑

来季に向けての動きがもう始まっている。
まだまだ気を抜かず頑張るぞ。

さて、今日のワイン。

IMG_9577

栗沢のイレンカの赤です。


IMG_9578

色合いは薄い赤。
ただし、立てておいたので、
上澄みとボトム付近ではずいぶん色調が違う。
底近く、澱際は濁りがみられる。

味わいはそこに近づくほど複雑さと旨みが増し、
美味しくなっていくと僕は感じるが、
そこはまぁ好みの問題だろう。

今回、2017を飲んで改めて思ったが、
北海道の気候として、2019、2020、
そしておそらく2021もかなり温暖で、
3年連続で恵まれたヴィンテージだと言えると思う。

さらに2021はビッグヴィンテージの予感で、
もしこのままの傾向で気候が変動すれば、
2019以前か以後かで、
大きく分けて語られるようになるかもしれない。

以前はか細く繊細で、壊れそうにすら思える。

今回のイレンカも、儚さが魅力であり、
この繊細さと酸の美しさに見とれる雰囲気がある。

以後のヴィンテージは良くも悪くも、
太さや力強さ、豊満さが出てくる。

おそらく後者が高く評価されるようになるとは思うが、
時には前者の繊細なタッチが懐かしく思い出されるだろう。

ちょっと感傷に浸ってしまうピノです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。