フルーリー2018(ボージョレ・赤)

原田商店の試飲会ワイン。

この試飲会には基本的に北海道のワインを目当てに、
ニューリリースをチェックという気持ちで参加しているが、
海外の自然派のワインも、たまにこういうビッグワンが登場する。

なんとジャン・フォワヤールのフルーリー。

僕は自然派を追いかけているわけではないが、
この造り手は知っているし、飲んだこともある。

とにかくガメイを見直したのはコイツだった。

今回も新しめのヴィンテージだが、
存分にその力を発揮していると感じる。

香りも大輪の花という感じ。
まさにバラの雰囲気だわ。

酸とタンニンもバランスが最高によく、
するすると入っていく。

ピノ・ノワールなら迷わず5000円出す人も、
ガメイだと迷ってしまう(僕もそうだ)。
それが正しいことなのか考えさせられる1本。

間違いなく素晴らしいワイン。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。