中富良野ブラン2020(レゾン・白)

原田商店の試飲会ワイン。

引き続き、ドメーヌ・レゾン3本試飲の2本目。

「中富良野ブラン」はピノ・グリとゲヴェルツ、
そしてピノ・ブランがメインとなる品種。

酸がしっかりと強く、それが印象に残る。
ゲヴェルツなんかはかなりアロマティックな品種だが、
その存在はアクセント程度という感じ。

ソーヴィニヨン・ブランほどではないにせよ、
少し熟成させることで本来のポテンシャルを発揮しそう。

もう少し寝かせておくべき1本だと感じた。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。