シュール・アン・ニュアージュ2011(ルーション・赤)

春休みなので、奥さんと息子も種まきの手伝いに。
ふきのとうも取って帰りました。
天ぷら、なかなか美味かったな。

さて今日も原田商店の試飲会ワイン。

セラーに眠っていたという、2011年のワイン。
グルナッシュがメイン。

果実味がリッチで笑顔が見えるような楽し気なワイン。
チョコのような甘さとほろ苦さ。
でもその中にアンニュイな雰囲気もある。
明るさ一辺倒ではない、どこか暗さを感じる。
しかしそれがこのワインの複雑さに繋がっているな。

この沈むような雰囲気は鈍い酸ゆえか?
なにかもっと知りたくなるような雰囲気のあるワイン。

エチケットのスカラベ(ふんころがし)もだし、
青い色合いのエチケットってのも、
赤ワインとしてはなかなか不思議な感じがする。

妖艶というべきか。
なかなか面白いワイン。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。