明けましておめでとうございます。

いよいよ2021年ですね。

大みそかの投稿で2020年を振り返ったので、
この投稿では2021年の見通しを。

まず3月雪解け前後から電熱線を張る準備をしないと。
そしてロックウールとリンゴ箱の2形態で接ぎ木の準備、
そして同時にビニールハウスを建てないと。

ビニールハウスはなんとか優先順位が決まってきて、
まずは17mの夏季の格納庫にするための17mハウス、
そしてその奥に越冬も可能な物置ハウスを。
そこから隣接させて2棟の建設を進めていく。

同時に接ぎ木作業→挿し木の苗木の出荷、
そして野菜の苗立てもしないといけないので、
春先がとにかく忙しくなりそうな予感。

夏場は野菜類の栽培とブルーベリーの収穫。
秋から根ものの収穫ラッシュが来て、
そして冬の頭に苗木の掘り取りが待っている、
という感じか。

なかなかに忙しそうな1年が予想される。

早く苗木1本に集中できると良いのだけれど。

ともあれ、全力で走っていきます!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。