奥尻ブラン2011(奥尻・白)

甘口という表記で、確かにその通りなんだけど、
奥にしっかりと伸びやかに酸が通る。
これは心地よいバランス。

9年を経た熟成感がわずかに混ざる。
下品でない甘さ。
うーん、これは陶酔するな。

厳しさの奥に優しさを感じる。
奥尻島そのものも、そうなのかもしれない。

奥尻に行ってみたくなる1本。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。