奥尻ピノ・グリ2013(奥尻・白)

少し良いことがあったので、乾杯ワイン。

奥尻のピノ・グリ。
ヴィンテージは2013。
若いころのコイツはトゲトゲしてたけど、
7年を経て、さてどうか。

合わせたのはわが畑のズッキーニ。

鉄のフライパンは場所によって焼き加減が変わるし、
メンテは大変だしで、使う方にとっては苦労が多い。

しかし、ソテーのような単純な料理では、
圧倒的な味わいの差が出る(ように思う)。

ズッキーニは両面軽く焼き目が付くくらい。
オリーブオイルと塩こしょうで充分ワインの相方になる。

30分前に取ったばかりだからか、
コイツは甘くジューシーで最高にうまい。

そして奥尻のピノ・グリも熟成が効いて、
香りも素晴らしいし、味わいも深みが出ている。
酸のトゲはなくなり、一体感が出て、
まさに今が飲み頃だということが伝わってくる。

永遠にいけるペアリング。
野菜とワインのマリアージュは興味深い。

北海道のワインに合う野菜を作っていきたい。
そう強く思う夜でした。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。