ボージョレ・ヴィラージュ2019(ボージョレ・赤)

遅ればせながらボージョレのヌーヴォです。

ヌーヴォはあまり買わないので、いつものごとく頂きものです。

ボージョレのヴィラージュとは嬉しい限り。

造り手はジョゼフ・ドルーアン。

正直言って、これはぶっ飛びましたね。

軽く、薄いというイメージで飲むと、衝撃を受ける。

パワーがあり、凝縮感がある。

確かに発酵直後の独特の香りと浅薄さはあるが、

それを補って余りあるブドウのパワー。

うーん、これはヌーヴォに対する偏見を改めないと。

あるいは2019が当たり年なのか?

とにかくこいつはすごく魅力的な1本だった。

ワインを長く飲んでいると、

とにかく偏見を打ち破る1本に出会う。

(ロゼとかヌーヴォとか)

決めつけが一番の敵ですね。

いやー、まいった笑

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。