C.N.ペティアン(多田・泡)

今日は冷やした多田農園の微発泡。

キャンベル(C)とナイヤガラ(N)。

アルコール度もやや低め。

キンキンに冷やしてもこいつの個性は死なない。

なかなか面白い品種のペアリングで、

ナイヤガラだけだと軽く甘くなりがち。

キャンベルだけだと酸と苦味が気になる。

それがバランス良く合わさると、

これほど夏向きのペティアンになるんだな。

これは真夏の昼間に寝っ転がって飲んだら止まらないでしょ。

そして両者に共通するラブラスカの特有香。

これはいい感じに抑えてある。

個性を消すほどではないが、

料理に合わせても大丈夫なくらい。

うーん、こいつはウマイや。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です