ガラルノー2016(ロワール・赤)

原田商店の試飲会ワイン。

マイ&ケンジ・ホジソン作。

ケンジさんは元はジャーナリストからの転身。

ココ・ファームで研修も受けたそう。

なんだか身近に感じるな。

ブドウ品種はカベルネ・フラン。

ワインリストより。

「果実味を生かすため樽を使わず、タンクで仕込む。
 

自然酵母発酵、SO2無添加、ノンフィルター」

あら?カベルネ・フランって、

果皮はこんなに黒っぽかったっけ?

と思ってしまうようなガーネット・カラー。

いや~、この果実感のある甘さいいな。

カベルネ・フランって感じ。

それでいてベタっとしないのは、

おそらく奥にスパイシーなテイストがあるから。

ちょっと危険な感じ。

それが全体を引き締めて、甘さが安心感につながってる。

そしてなぜにこんなに華やか?と考えてみると、

余韻に感じる花の香りのせいだ。

大きな花、バラのような感じ。
ん~、ギャップのあるワインだな。

これはなかなか面白い。

ちょっと他のヴィンテージも試したくなる1本でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です