メルロー2020(山崎・赤)

正午あたりから暑くてハウスの中にいられないので、
早朝から収穫をして、昼からは休む。
といっても夏休みで元気な息子が家にいるので、
結局、自転車の練習をしたり、ブルーベリー採ったり、
銭湯に行ったりして遊ぶことになるが…笑

さて、今日のワイン。

IMG_2371

先日、雨の三笠に行って来た時に購入したワイン。

欧州のメルロの印象からは、やや酸が立つ感じ。

ただ、そういった先入観を抜きにして飲めば、
なんとも北海道を感じる素敵な赤だ。

ピノよりは力があり、厚みと幅がある。
骨格はしっかりしていて、さすがの貫禄。
とても落ち着いていて、冷静な雰囲気がある。

ヨーロッパのメルロが、おっとりほんわか女子だとすると、
こちらは知性的な雰囲気のメガネ男子という感じ。

だいぶ違うが、それぞれ魅力的。

さすがです。
手元に置いて5年熟成させればまた違う顔が見れそう。
熟成ポテンシャルも高さそうな1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。